電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 佐伯 元司
副委員長 坂部 俊樹
幹事 権藤 克彦, 松下 誠

日時 2005年12月19日(月) 13:00 - 17:15
2005年12月20日(火) 09:00 - 17:15
議題 一般 
会場名 高知女子大学 永国寺キャンパス 管理棟(本館),202教室 
住所 〒780-8515 高知市永国寺町5-15
交通案内 JR高知駅より徒歩15分
http://www.kochi-wu.ac.jp/access-j.html
会場世話人
連絡先
生活科学部生活デザイン学科 村瀬敬子
088-873-2645
お知らせ ◎懇親会:場所:酒菜 浪漫亭 廿代店,時間:18:00~,http://www.kochikc.co.jp/romantei/ (参加希望の方は予約の関係上,事前に幹事までご連絡下さい.)

12月19日(月) 午後 
13:00 - 17:15
(1) 13:00-13:30 再利用可能なコード設計によるクロックレベルシミュレータの開発 福原和哉猪股俊光曽我正和岩手県立大
(2) 13:30-14:00 Javaプログラム自動可視化ツールAvisにおけるクラス構造可視化のための拡張 喜多義弘川添貴議片山徹郎宮崎大
(3) 14:00-14:30 UMLからJavaソースコードへの変換規則の抽出と変換ツールの試作 下村希世人片山徹郎宮崎大
(4) 14:30-15:00 暗号プロトコル記述からカラーペトリネットへの変換による機密性検証 奥谷大介坂部俊樹酒井正彦草刈圭一朗西田直樹名大
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
(5) 15:15-15:45 攻撃タスクを考慮した難読化による暗号プログラムの保護 山内寛己神崎雄一郎門田暁人中村匡秀松本健一奈良先端大
(6) 15:45-16:15 ソフトウェア要求抽出会議への異分野協調作業支援ツールの適用と考察 逵 明憲小山裕典大平雅雄松本健一奈良先端大
(7) 16:15-16:45 クラス凝集度とソースコードの変更率との関係に関する考察 山下純一阿萬裕久愛媛大
(8) 16:45-17:15 プログラムの構文要素に基づく版管理システムのための差分取得手法 福安直樹吉田 敦和歌山大
12月20日(火) 午前 
09:00 - 17:15
(9) 09:00-09:30 多様な視点に基づく属性を用いた計算機中の対象同定法 古宇田フミ子近山 隆東大
(10) 09:30-10:00 擬似的な適応メソッドの実現 天野憲樹北陸先端大
  10:00-10:15 休憩 ( 15分 )
(11) 10:15-10:45 Enhancing Dependency Pair Method by Strong Computability in Simply-Typed Term Rewriting Systems Keiichirou KusakariMasahiko SakaiNagoya Univ.
(12) 10:45-11:15 FTAのプロダクトライン開発方法との連携 野田厚志中西恒夫福田 晃九大
(13) 11:15-11:45 分散JoinJAVAプログラムの通信エラーに対する型判定システム 佐伯昌樹坂部俊樹酒井正彦草刈圭一朗西田直樹名大
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
(14) 13:00-13:30 保守の影響波及範囲に基づいたレガシーシステムの障害予測 小林健一吉野利明富士通研)・井上克郎早瀬康裕阪大)・松尾昭彦上村 学富士通研
(15) 13:30-14:00 ソフトウェア部品の利用関係におけるスケールフリー性の調査 市井 誠松下 誠井上克郎阪大
(16) 14:00-14:30 形式仕様記述における階層アーキテクチャ 張 暁晶大森洋一荒木啓二郎九大
(17) 14:30-15:00 セキュリティ要求にもとづいた振る舞いのシナリオへの挿入支援 糸賀裕弥大西 淳立命館大
(18) 15:00-15:30 ソフトウェア開発における定量的管理計画の立案支援 引地一将飯田 元松本健一奈良先端大
  15:30-15:45 休憩 ( 15分 )
(19) 15:45-16:15 保守請負時を対象とした労力見積りのためのメトリクスの提案 早瀬康裕松下 誠楠本真二井上克郎阪大)・小林健一吉野利明富士通研
(20) 16:15-16:45 工数見積もりモデルで予測できないソフトウェアプロジェクトの特徴分析 戸田航史角田雅照門田暁人松本健一奈良先端大
(21) 16:45-17:15 SPINによるStrutsアプリケーションの動作検証を目的としたモデル生成手法の提案 藤原貴之岡野浩三楠本真二阪大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 権藤克彦(東京工業大学)
TEL 03-5734-2810
FAX 03-5734-2772
E-: nw 
お知らせ ◎最新情報は,SIGSS研究会ホームページ http://www.sde.cs.titech.acjp/ss/
をご覧下さい.


Last modified: 2005-12-01 00:11:23


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会