電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF) [schedule] [select]
専門委員長 天野 英晴 (慶大)
副委員長 梶原 信樹 (NEC), 名古屋 彰 (岡山大)
幹事 飯田 全広 (熊本大), 泉 知論 (立命館大)
幹事補佐 堀 洋平 (中大)

日時 2009年 5月14日(木) 13:00 - 17:50
2009年 5月15日(金) 09:30 - 15:50
議題 リコンフィギャラブルシステム,一般 
会場名 福井大学 文京キャンパス 産学官連携本部 3階 研修室 
住所 〒910-8507 福井市 文京3-9-1
交通案内 JR福井駅から「えちぜん鉄道」(三国港方面行き)で福大前西福井下車
http://www.fukui-u.ac.jp/cont_about/outline/access.html
会場世話人
連絡先
福井大学 大学院工学研究科 情報・メディア工学専攻 森 眞一郎
お知らせ ◎5月14日(木) 研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

5月14日(木) 午後  リコンフィギャラブルアーキテクチャ
座長: 京 昭倫(NEC)
13:00 - 15:00
(1) 13:00-13:30 MePの拡張機能を用いた再構成型プロセッサHy-DiSCの性能評価 RECONF2009-1 梅田賢一内田琢郎谷川一哉弘中哲夫広島市大
(2) 13:30-14:00 動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRA-3の実機評価 RECONF2009-2 安田好宏齊藤貴樹佐野 徹加東 勝天野英晴慶大
(3) 14:00-14:30 Performance and Cost Evaluations of On-Chip Network Topologies in FPGAs RECONF2009-3 Sen InHiroki MatsutaniDaihang WangKeio Univ)・Michihiro KoibuchiNII)・Hideharu AmanoKeio Univ
(4) 14:30-15:00 スモールワールドネットワーク化配線構造によるFPGAの消費電力削減 RECONF2009-4 西田翔一熊本大)・西岡勇蔵日立オムロンターミナルソリューションズ)・尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
5月14日(木) 午後  リコンフィギャラブル応用(1)
座長: 名古屋彰(岡山大)
15:10 - 16:40
(5) 15:10-15:40 高いスループットを実現する組み合わせ生成アルゴリズムの提案と実装 RECONF2009-5 辻 聡山垣則夫神谷聡史NEC
(6) 15:40-16:10 FPGAを用いたHMMERの高速化 RECONF2009-6 高木豊和丸山 勉筑波大
(7) 16:10-16:40 FPGAを用いた汎用生化学シミュレータにおけるハードウェアモジュール自動生成アルゴリズムの実機評価 RECONF2009-7 大屋智範山田英樹石森智也柴田裕一郎長崎大)・長名保範成蹊大)・吉見真聡同志社大)・西川由理天野英晴舟橋 啓広井賀子慶大)・小栗 清長崎大
  16:40-17:00 休憩 ( 20分 )
5月14日(木) 午後  招待講演
座長: 天野英晴(慶大)
17:00 - 17:50
(8) 17:00-17:50 [招待講演]インタラクティブ・スーパーコンピューティング環境の実現に向けて RECONF2009-8 森 眞一郎福井大)・黒田知宏粂 直人京大)・黒田嘉宏阪大)・中尾 恵嶋田 創中島康彦奈良先端大)・富田眞治京大
  18:30-20:30 懇親会 ( 120分 )
5月15日(金) 午前  高信頼化技術・設計技術
座長: 弘中哲夫(広島市大)
09:30 - 11:30
(9) 09:30-10:00 三重冗長ソフトコアプロセッサにおける同期復旧処理の一検討 RECONF2009-9 一ノ宮佳裕田上士郎藪田敏生尼崎太樹久我守弘末吉敏則熊本大
(10) 10:00-10:30 配線性とアクティビティを利用するFPGAの低消費電力化クラスタリング手法 RECONF2009-10 江藤淳哉尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
(11) 10:30-11:00 リコンフィギャラブルシステムにおけるマルチスレッドプログラミングモデルを用いたメモリアクセス最適化手法の一検討 RECONF2009-11 土肥慶亮志田さや香柴田裕一郎濱田 剛正田備也小栗 清長崎大
(12) 11:00-11:30 動作合成による暗号回路の生成と性能評価 RECONF2009-12 堀 洋平伊藤麻衣中大)・今井秀樹中大/産総研
  11:30-12:40 昼食 ( 70分 )
5月15日(金) 午後  リコンフィギャラブル応用(2)
座長: 堀 洋平(中大)
12:40 - 14:10
(13) 12:40-13:10 高速パターン認識システムのための動的な再構成手法の評価と比較 RECONF2009-13 川合浩之山口佳樹・○安永守利筑波大
(14) 13:10-13:40 FPGAを用いた局所的コントラスト強調の実時間処理の実現 RECONF2009-14 國府田健太郎丸山 勉筑波大
(15) 13:40-14:10 幾つかの画像処理問題を用いたGPUとFPGAの性能比較 RECONF2009-15 浅野修一丸山 勉筑波大
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
5月15日(金) 午後  リコンフィギャラブル応用(3)
座長: 梶原信樹(NEC)
14:20 - 15:50
(16) 14:20-14:50 A comparative study of implementing N-body simulation on FPGAs, GPUs and general purpose processors RECONF2009-16 Tsuyoshi HamadaNagasaki Univ)・Khaled BenkridUniv. of Edinburgh)・Kiego NitadoriRIKEN)・Yuichiro ShibataKiyoshi OguriNagasaki Univ
(17) 14:50-15:20 CFD専用計算機FLOPS-2Dへ向けたUPACS制限関数群モジュール化の検討 RECONF2009-17 田舎片健太森下博和慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大
(18) 15:20-15:50 FPGAによるUPACSサブルーチンの高速化 RECONF2009-18 横山隆哲森下博和慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大

問合先と今後の予定
RECONF リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)   [今後の予定はこちら]
問合先 中央大学 研究開発機構
堀 洋平
E-: -yiab
TEL: 03-3817-1631
FAX: 03-3817-1855 


Last modified: 2009-05-10 11:47:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RECONF研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会