お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 和田山 正 (名工大)
副委員長 小嶋 徹也 (東京高専)
幹事 松田 哲直 (埼玉大), 野崎 隆之 (山口大)
幹事補佐 廣友 雅徳 (佐賀大)

マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM) [schedule] [select]
専門委員長 西村 竜一 (NICT)
副委員長 藤吉 正明 (都立大), 市野 将嗣 (電通大)
幹事 長谷川 まどか (宇都宮大), 吉田 真紀 (NICT)
幹事補佐 今泉 祥子 (千葉大), 高嶋 洋一 (開志専門職大)

日時 2022年 5月17日(火) 13:00 - 17:30
2022年 5月18日(水) 10:25 - 15:10
議題 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
会場名 岐阜大学 サテライトキャンパス 
住所 〒500-8844 岐阜市吉野町6丁目31番地 岐阜スカイウイング37 東棟4階
交通案内 JR岐阜駅から徒歩5分、名鉄岐阜駅から徒歩8分
https://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/access.html
会場世話人
連絡先
岐阜大学工学部電気電子・情報工学科 路姍
058-212-0390
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(IT研究会, EMM研究会)についてはこちらをご覧ください.

  12:55-13:00 IT研委員長挨拶 ( 5分 )
5月17日(火) 午後  IT 1 (講義室 大)
座長: 葛岡 成晃(和歌山大)
13:00 - 14:15
(1) 13:00-13:25 ソフトプラス活性化関数を用いた単純なニューラルネットワークのフィッシャー情報行列 IT2022-1 EMM2022-1 飯田昌澄武石啓成竹内純一九大
(2) 13:25-13:50 時点毎に異なるパラメータを有する平面的自己回帰モデルとベイズ符号に関する一考察 IT2022-2 EMM2022-2 中原悠太松嶋敏泰早大
(3) 13:50-14:15 拡張可能なPolarization-Adjusted Convolutional符号とそのレートレス符号への応用 IT2022-3 EMM2022-3 ヤチョンカ ワムア黒須礼尚旭 瑞歩八木秀樹石橋功至電通大
  14:15-14:40 休憩 ( 25分 )
5月17日(火) 午後  EMM (講義室 大)
座長: 金田 北洋 (長瀬産業(株))
14:40 - 16:20
(4) 14:40-15:05 エコー拡散法を用いたリバーブ効果に基づく可聴型音楽データハイディング手法 IT2022-4 EMM2022-4 新本哲平松﨑頼人田中 晶小嶋徹也東京高専
(5) 15:05-15:30 顔識別回避のためのパッチ型敵対的事例の生成及び堅牢性の検証 IT2022-5 EMM2022-5 瀧脇大登栗林 稔舩曵信生岡山大
(6) 15:30-15:55 敵対的ノイズとJPEG圧縮由来の歪みの相関を用いた敵対的事例検出の研究 IT2022-6 EMM2022-6 角森健太山﨑裕真栗林 稔舩曵信生岡山大)・越前 功NII
(7) 15:55-16:20 表示領域と秘匿データ領域を持つB2C向け円形カラー2次元シンボルの検討 IT2022-7 EMM2022-7 寺浦信之テララコード研)・越前 功NII)・岩村惠一東京理科大
  16:20-16:40 休憩 ( 20分 )
5月17日(火) 午後  招待講演 (講義室 大)
座長: 小嶋 徹也(東京高専)
16:40 - 17:30
(8) 16:40-17:30 [招待講演]Secure Codes with List Decoding IT2022-8 EMM2022-8 Yujie GuKyudai
  10:20-10:25 EMM研委員長挨拶 ( 5分 )
5月18日(水) 午前  IT 2 (講義室 大)
座長: 眞田 亜紀子(長岡技術科学大)
10:25 - 11:15
(9) 10:25-10:50 遅延型ビット置換符号化変調のラベル付け法 IT2022-9 EMM2022-9 細谷 剛早大
(10) 10:50-11:15 Binarized Neural Networks and Trainable ISTA based Signature Code with Channel Estimation for Multiple Access Rayleigh Fading IT2022-10 EMM2022-10 Lantian WeiShan LuHiroshi KamabeGifu Univ.
  11:15-12:40 昼食休憩 ( 85分 )
5月18日(水) 午後  IT 3 (講義室 大)
座長: 堀井 俊佑(早稲田大)
12:40 - 13:55
(11) 12:40-13:05 On Bayesian Approach for Classification of Context Tree Model IT2022-11 EMM2022-11 Shota SaitoGunma Univ.
(12) 13:05-13:30 MIMOシステムにおけるMMSE信号検出の微分方程式による定式化と平均二乗誤差解析 IT2022-12 EMM2022-12 中井彩乃和田山 正名工大
(13) 13:30-13:55 Optimal measurement preserving map for quantum state estimation and hypothesis testing IT2022-13 EMM2022-13 Jun SuzukiUEC
  13:55-14:20 休憩 ( 25分 )
5月18日(水) 午後  招待講演 (講義室 大)
座長: 和田山 正(名工大)
14:20 - 15:10
(14) 14:20-15:10 [招待講演]分散連合機械学習:基礎,動向および無線設計から見た課題 IT2022-14 EMM2022-14 佐藤光哉電通大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 情報理論研究会幹事
E-:it-c(幹事、幹事補佐)
.
松田 哲直(埼玉大)
野崎 隆之(山口大)
廣友 雅徳(佐賀大) 
EMM マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM)   [今後の予定はこちら]
問合先 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント(EMM)研究会 幹事団
E-: emm-adn 


Last modified: 2022-05-06 19:20:31


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /   [EMM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会