お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 山本 幹 (関西大)
副委員長 木村 丈治 (NTT西日本)
幹事 井上 一郎 (NTT), 三好 匠 (芝浦工大)
幹事補佐 宮村 崇 (NTT)

{INFOMESITEM}
日時 2009年 1月22日(木) 14:30 - 18:05
2009年 1月23日(金) 09:30 - 15:10
議題 ルーチングシステム(適応ルーチング、QoSルーチング、マルチキャスト)、ネットワークアプリケーション(IP-TV、ストリーミング、Web2.0)、一般 
会場名 佐賀大学 理工学部 本庄キャンパス 付属図書館4F 
住所 〒840-8502 佐賀市本庄町本庄1番地
交通案内 佐賀駅バスセンター発 ー(15分)>佐賀大学バス停(正門)
http://www.saga-u.ac.jp/saga-u/access.html
会場世話人
連絡先
知能情報システム学科 林田 行雄
0952-28-8596
お知らせ ◎22日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
◎アクセス情報
構内配置図:本庄キャンパス
http://www.saga-u.ac.jp/saga-u/bloc.html
佐賀市案内:
http://www.city.saga.lg.jp/kankou_index.jsp
ホテル:
http://www.city.saga.lg.jp/kankou_stay/kankou_stay02.jsp
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

1月22日(木) 午後  NS1:ルーティング,コンテンツ配信
座長: 三好 匠 (芝浦工業大学)
14:30 - 16:35
(1) 14:30-14:55 [奨励講演]全光網における光パス設定制御方法 NS2008-125 林 理恵清水香里井上一郎塩本公平NTT
(2) 14:55-15:20 IPマルチキャスト転送網における使用可能帯域監視法 NS2008-126 甲斐英則太田 宏高橋 賢NTT
(3) 15:20-15:45 IPv6ソースルーティング検討のためのネットワークシミュレータ NS2008-127 田中昌二原山美知子岐阜大
(4) 15:45-16:10 コンテンツ配信負荷を低減させるCDNとP2Pの融合アーキテクチャ NS2008-128 山崎秀輔阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大
(5) 16:10-16:35 光グリッドネットワークにおけるネットワークコーディングを用いたファイル配置法 NS2008-129 平田孝志樋上喜信小林真也愛媛大
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
1月22日(木) 午後  招待講演: P2P技術
座長: 鶴 正人 (九州工業大学)
16:45 - 18:05
(6) 16:45-17:25 [招待講演]P2P技術とインフラの融和を目指して ~ P2Pネットワーク実験協議会・P4P等の取り組み解説 ~ NS2008-130 亀井 聡NTT
(7) 17:25-18:05 [招待講演]P2Pストリーミング配信システムShareCast NS2008-131 齊藤隆之アンクル)・高野雅晴ビットメディア
1月23日(金) 午前  NS2:無線ネットワーク
座長: 甲藤 二郎 (早稲田大学)
09:30 - 10:45
(8) 09:30-09:55 IEEE802.11gにおける標準化プロトコルを用いたIPTV視聴時の映像伝送特性および品質に関する評価および考察 NS2008-132 堀内健介権藤俊一東芝
(9) 09:55-10:20 A Simple Approach on Mitigating the Gray Zone Effect to Improve Throughput in IEEE802.11 based Ad-hoc Network NS2008-133 Nhy Nguyen Tu PhamYiYuan DiaoYusuke KatoKen-ichiro YaguraYumi TakakiChikara OhtaKobe Univ.
(10) 10:20-10:45 適応変調を考慮したFWAメッシュネットワークにおける経路制御方式 NS2008-134 西岡 淳山野 悟NEC
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
1月23日(金) 午後  NS3:フロー制御,QoS
座長: 勝部 泰弘 (東芝)
10:55 - 12:35
(11) 10:55-11:20 [奨励講演]制御サーバを用いたフロー管理型パケット廃棄制御 NS2008-135 篠原悠介阪大)・下西英之NEC)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大
(12) 11:20-11:45 TCP-Friendly Rate Controlling through Two-Step AIMD (TAIMD) NS2008-136 Duminda NishanthaAPU Univ.)・Yukuo HayashidaSaga Univ.)・William ClasterAPU Univ.
(13) 11:45-12:10 再送回数に制限のあるブロック内選択再送Go-Back-N ARQ方式におけるコピー伝送の有効性 NS2008-137 藤井俊二金子豊久佐藤清次産技短大)・林田行雄佐賀大
(14) 12:10-12:35 ホームネットワークにおける動画配信サービスのQoS制御 NS2008-138 中島 健丸山一人赤木宏之シャープ
  12:35-13:30 昼食 ( 55分 )
1月23日(金) 午後  NS4:一般
座長: 太田 能 (神戸大学)
13:30 - 15:10
(15) 13:30-13:55 シーン対応分割によるマルチサーバビデオエンコードシステム NS2008-139 岡田源也舩曵信生中西 透岡山大
(16) 13:55-14:20 多様な閲覧サイズのためのWebページレイアウト最適化法の提案 NS2008-140 一色陽介舩曵信生中西 透磯貝 愛岡山大
(17) 14:20-14:45 時間制約付き情報検索における要求結果数を考慮したエージェント実行制御方式 NS2008-141 原 佑輔木下和彦阪大)・山井成良岡山大)・村上孝三阪大
(18) 14:45-15:10 高機能中継ノードにおける適応的パケット圧縮の性能分析 NS2008-142 嶋村昌義池永全志鶴 正人九工大

講演時間
一般講演発表 17 分 + 質疑応答 8 分
奨励講演発表 17 分 + 質疑応答 8 分
招待講演発表 30 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
宮村崇(NTT)
TEL0422-59-3527,FAX0422-59-3787
井上一郎(NTT)
TEL0422-59-6076,FAX0422-59-3787 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.


Last modified: 2009-09-07 13:04:09


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNS研究会 / 次のNS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会