お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルス感染症流行のため,本研究会はオンラインのみで開催します ***





ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 小林 隆志 (東工大)
副委員長 岡野 浩三 (信州大)
幹事 島 和之 (広島市大), 林 晋平 (東工大)
幹事補佐 小形 真平 (信州大)

ソフトウェア工学研究会(IPSJ-SE) [schedule] [select]
主査 丸山 勝久 (立命館大)
幹事 石尾 隆 (奈良先端大), 位野木 万里 (工学院大), 小川 秀人 (日立), 丹野 治門 (NTT), 伏田 享平 (NTTデータ), 鷲崎 弘宜 (早大)

{INFOMESITEM}
日時 2020年 7月 2日(木) 09:30 - 17:10
議題 ソフトウェア工学全般/ソフトウェアサイエンス全般 
会場名 オンライン開催 
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SS研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月2日(木) 午前  SIGSE-1
座長: 鷲崎 弘宜(早大)
09:30 - 10:45
(1) 09:30-09:55 敵対的なセマンティック・ノイズの実行時検知
○中島震(国立情報学研究所)
(2) 09:55-10:20 要求に応じた機械学習ソフトウェアの品質特性と測定方式の導出方法の提案と評価
○仲道耕二・大橋恭子・難波功・山本里枝子(富士通研究所)・青山幹雄(南山大学)
(3) 10:20-10:45 ArchiMateによるDXの可視化手法
○山本 修一郎(名古屋大学)
7月2日(木) 午前  SIGSS-1
座長: 小形 真平(信州大)
10:55 - 12:10
(4)
SS
10:55-11:20 高い拡張性を備えたSaaS型コードクローン分析システムの提案 SS2020-1 松島一樹井上克郎阪大
(5)
SS
11:20-11:45 多様なプログラミング言語に適用可能なソースコード変更パターン抽出手法 SS2020-2 安藤直樹佐伯元司林 晋平東工大
(6)
SS
11:45-12:10 ImperSD: Java言語向け命令型スクリプタブルデバッグ環境 SS2020-3 平ノ内奎太小林隆志東工大
7月2日(木) 午後  SIGSS-2
座長: 小林 隆志(東工大)
13:00 - 14:20
  13:00-13:05 ソフトウェアサイエンス研究奨励賞 表彰式 ( 5分 )
(7)
SS
13:05-13:30 morfawk: 形態素パターンマッチング/処理言語 SS2020-4 中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一アイシン精機
(8) 13:30-13:55 OSSプロジェクトにおけるREADME.mdファイルの作成の支援
○清水一輝・亀井靖高・佐藤亮介・鵜林尚靖(九大)
https://www.ieice.org/ken/paper/20200304X1wV/ (2020年3月研究会)
(9) 13:55-14:20 マイクロベンチマークサービスにおけるソフトウェアパフォーマンス改善方法の分析
○才木一也・安東亮汰・伊原彰紀(和歌山大)
https://www.ieice.org/ken/paper/20200305T1Xm/ (2020年3月研究会)
7月2日(木) 午後  SIGSE-2
座長: 柗本 真佑(阪大)
14:30 - 16:10
(10) 14:30-14:55 Fuzz4B: ファジングツールAFLの利用支援ツール
○宮木龍・吉田則裕・都築夏樹・山本椋太・高田広章(名古屋大学)
(11) 14:55-15:20 判定対象の拡大を目的とした3値分類によるソースコード品質の評価手法
○松井智寛・松下誠・井上克郎(大阪大学)
(12) 15:20-15:45 自動運転システムにおける画像を対象とした形式仕様記述言語BBSLの提案
○田中健人・青木利晃(北陸先端科学技術大学院大学)・川上大介・千田伸男(三菱電機株式会社)河井達治・冨田尭(北陸先端科学技術大学院大学)
(13) 15:45-16:10 タスクマイニングに向けたタスクインスタンス識別技術の提案
○應治沙織・斎藤忍(日本電信電話株式会社)
7月2日(木) 午後  SIGSS-3
座長: 林 晋平(東工大)
16:20 - 17:10
(14) 16:20-16:45 文法エラーに対する自動バグ修正ツールの性能評価
○松尾春紀・池田 翔・亀井靖高・佐藤亮介・鵜林尚靖(九大)
https://www.ieice.org/ken/paper/20200304y1Xb/ (2020年3月研究会)
(15) 16:45-17:10 開発者によるバグ限局を考慮した自動バグ修正への影響分析
○山手響介・首藤 巧・浅田 翔・佐藤亮介・亀井靖高・鵜林尚靖(九大)
https://www.ieice.org/ken/paper/20200304R1XE/ (2020年3月研究会)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 林 晋平(東京工業大学)
TEL: 03-5734-3213
E-: c 
お知らせ ◎最新の情報はSS研究会ホームページでご確認ください.
https://www.ieice.org/iss/ss/
IPSJ-SE ソフトウェア工学研究会(IPSJ-SE)   [今後の予定はこちら]
問合先 丸山 勝久(立命館大学)
E-: i 
お知らせ ◎最新の情報はIPSJ-SE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.ipsj.or.jp/sig/se/


Last modified: 2020-06-28 16:51:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-SE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会