お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 原田 康也 (早大)
副委員長 近藤 公久 (NTT)
幹事 徳久 雅人 (鳥取大), 佐良木 昌 (日大)
幹事補佐 久保村 千明 (山野美容芸術短大), 横野 光 (東工大)

日時 2010年 8月 5日(木) 13:00 - 17:50
2010年 8月 6日(金) 10:00 - 15:40
議題 人間の言語処理と学習 
会場名 機械振興会館 地下3階研修2号室 
交通案内 http://www.jspmi.or.jp/kaikan.htm
他の共催 ◆MAPLL2010(Mental Architecture for Processing and Learning of Language 2010)
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

8月5日(木) 午後  1日目午後
13:00 - 15:05
  - ごあいさつ
(1) 13:05-13:35 係助詞「は」または主格の格助詞「が」を持つ日本語文の処理 ~ 係助詞「は」と主格の格助詞「が」の働き ~ TL2010-11 岡安一壽神奈川県立鶴嶺高校
(2) 13:35-14:05 第二言語の動詞学習における意味推論のための手がかり ~ 中国語を母語とする日本語学習者を対象として ~ TL2010-12 坂本杏子広島大)・中石ゆうこ学振/広島大)・龍 盛艶酒井 弘広島大
(3) 14:05-14:35 日本人英語学習者の音声提示英文理解 ~ 学習者による注目情報の選好性と学習到達度によるその変移 ~ TL2010-13 中村智栄学振/慶大)・原田康也早大)・石崎 俊慶大
(4) 14:35-15:05 文理解中における脳活動の発達的変化 TL2010-14 横山 悟瀧 靖之橋爪 寛野澤孝之高橋 慶川島隆太東北大
  15:05-15:35 休憩 ( 30分 )
8月5日(木) 午後  ポスターセッション(ショートプレゼン含む)
15:35 - 17:50
(5) 15:35-17:50 助数詞による可算・不可算区別は文法処理か TL2010-15 加根魯絢子今井むつみ慶大)・岡田浩之玉川大
(6) 15:35-17:50 シカ-ナイ構文の処理におけるTyping Mismatch Effectの検証 TL2010-16 備瀬 優坂本 勉九大
(7) 15:35-17:50 Processing two types of ditransitive sentences in Turkish
-- Preliminary results from a self-paced reading study --
TL2010-17
Baris KahramanAtsushi SatoHiromu SakaiHiroshima Univ.
(8) 15:35-17:50 Linking syntactic priming to language development: a visual world eye-tracking study TL2010-18 Manabu AraiRiken/Univ. of Tokyo.)・Reiko MazukaRiken
(9) 15:35-17:50 The involvement of inhibition function during garden-path recovery in sentence processing TL2010-19 Hiroaki OishiRIKEN/JSPS)・Nobuyuki JinchoRIKEN)・Reiko MazukaRIKEN/Duke Univ.
(10) 15:35-17:50 Prosodic influence of if-subordination on ambiguity resolution
-- a production study --
TL2010-20
Yukiko KoizumiYamagata Univ.
(11) 15:35-17:50 語句の長さと韻律句の語順への影響 ~ 日本語の発話実験 ~ TL2010-21 天谷晴香東大
(12) 15:35-17:50 日本語における語順交替処理のタイムコース ~ 可逆文を用いた事象関連電位計測研究 ~ TL2010-22 酒井 弘広島大)・小野 創近畿大)・龍 盛艶トウ エン入戸野 宏広島大
(13) 15:35-17:50 発話前後の単語出現頻度と語順の関係 TL2010-23 近藤公久NTT)・山下裕子ロチェスター工科大
(14) 15:35-17:50 Accessibility-based sentence production in Yucatec Maya Lindsay ButlerU Arizona)・T. Florian JaegerKatrina FurthU Rochester)・Alice LemieuxU Chicago)・Carlos Gomez GalloHarvard)・Juergen BohnemeyerSUNY Buffalo
(15) 15:35-17:50 はじめに遺伝子の言葉ありき、言葉は遺伝子なりき ~ 遺伝子と言語の情報処理はともにデジタル通信システムである(デジタル言語学) ~ TL2010-24 得丸公明システムエンジニア
8月6日(金) 午前  2日目午前
10:00 - 12:00
  - ごあいさつ
(16) 10:05-10:35 Morphologically structured lexical entries
-- A psycholinguistic study of -sa and -mi derivations in Japanese --
TL2010-25
Yu IkemotoHarald ClahsenEssex
(17) 10:35-11:05 Reduplication: why languages run wild TL2010-26 Francesca ForzaDAGSL
(18) 11:05-11:35 A Phase Theory-Based Computational Model of Sentence Generation TL2010-27 Jason GinsburgUniv. of Aizu.
  - TL/MAPLL2011について
  12:00-13:30 昼食 ( 90分 )
8月6日(金) 午後  招待講演
13:30 - 14:30
(19) 13:30-14:30 [招待講演]On the syntactic prediction in the processing of coordinated structures Masaya YoshidaNorthwestern U.
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
8月6日(金) 午後  2日目午後
14:40 - 15:40
(20) 14:40-15:10 Grammatical Role Assignment, Not Word Order, Drives Structure Choice in English, Japanese and Korean TL2010-29 Jessica MontagMaryellen MacDonaldUniv. of Wisconsin-Madison
(21) 15:10-15:40 Integration of Wh-Phrases and Predicates in Japanese Sentence Processing TL2010-28 Hajime OnoKinki Univ.)・Kentaro NakataniKonan Univ.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2010-07-27 12:53:44


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会