お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 若杉 耕一郎 (京都工繊大)
副委員長 石原 智宏 (富士通研)
幹事 辻岡 哲夫 (阪市大), 梶山 義夫 (NTT)
幹事補佐 石井 比呂志 (NTT)

日時 2008年 1月28日(月) 09:45 - 17:20
2008年 1月29日(火) 09:30 - 13:40
議題 次世代ネットワーク,電力線通信,無線通信方式,一般 
会場名 奄美文化センター 
住所 〒894-0036 奄美市名瀬長浜町517
交通案内 奄美大島空港からバス(http://www.synapse.ne.jp/~aatb/timetable/index.htm),終点から市内バスまたはタクシーで約3km.
http://www.city.amami.lg.jp/amami08/amami31.asp
会場世話人
連絡先
辻岡哲夫
0997-54-1211(会場の代表番号)
お知らせ ◎28日研究会終了後,会場近くのホテルビッグマリンにて懇親会を予定していますのでご参加ください.
◎研究会終了後,施設見学(奄美テレビ放送株式会社様)を行います.ふるってご参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

1月28日(月) 午前 
座長: 相河聡(兵庫県立大)
09:45 - 12:00
(1) 09:45-10:10 移動体無線通信における遅延検波を用いたTHP-MIMOシステムに関するー検討 CS2007-55 福士沙織河野隆二横浜国大
(2) 10:10-10:35 MIMO無線通信システムにおけるターボ符号化マルチキャリア信号の適応サブブロック位相制御によるPAPR抑圧の効果 CS2007-56 牟田 修赤岩芳彦九大
(3) 10:35-11:00 An Improvement Factor of Clutter Suppression with Statistical Power Correction for High Resolution UWB Radars CS2007-57 Satoshi TakahashiChang-Jun AhnHiroshima City Univ.
  11:00-11:10 休憩 ( 10分 )
(4) 11:10-11:35 大規模ネットワークにおける映像配信サービスの体感品質定量化に関する一検討 CS2007-58 今井悟史仲道耕二宗宮利夫富士通研
(5) 11:35-12:00 コンテンツプロファイルに基づくコンテンツ流通管理システムの開発 CS2007-59 松岡直樹石原智宏黒瀬義敏近藤 洋高実子 亮富士通
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
1月28日(月) 午後 
座長: 山田浩利(三菱電機)
13:00 - 15:40
(6) 13:00-13:25 高速電灯線通信における帯域制限OQAMマルチキャリア伝送に適した適応等化および周期性雑音除去方式 CS2007-60 國島大充九大)・古賀久雄パナソニックコミュニケーションズ)・牟田 修赤岩芳彦九大
(7) 13:25-13:50 PLC漏洩電磁波が隣接通信線に及ぼす影響の実験的評価 CS2007-61 阿部 努高谷和宏富永哲欣NTT東日本
(8) 13:50-14:15 Bit Loading Algorithms Synchronized with Commercial Power Supply on In-home Power Line Multicarrier Communications CS2007-62 Shinya HondaDaisuke UmeharaSatoshi DennoMasahiro MorikuraKyoto Univ.
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
(9) 14:25-14:50 スイッチング電源機器の影響を考慮した屋内電力線通信路シミュレータ CS2007-63 早崎太郎梅原大祐田野 哲守倉正博京大
(10) 14:50-15:15 The Influence of Compact AC Adapter on PLC Equipments CS2007-64 Daisuke UmeharaSatoshi DennoMasahiro MorikuraKyoto Univ.
(11) 15:15-15:40 薩摩硫黄島における無線ブロードバンド環境の整備とその通信安定度評価 CS2007-65 久保田真一郎熊本大)・下園幸一升屋正人鹿児島大
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
1月28日(月)   招待講演,特別講演
座長: 石原智宏(富士通)
15:50 - 17:20
(12) 15:50-16:35 [特別講演]離島におけるブロードバンドの整備 CS2007-66 升屋正人鹿児島大
(13) 16:35-17:20 [招待講演]次世代大容量光アクセスシステムの研究開発動向 CS2007-67 吉本直人NTT
1月29日(火) 午前 
座長: 上田裕巳(東京工科大)
09:30 - 13:40
(14) 09:30-09:55 Rate-Compatible LDPC符号のレート推定に基づくHybrid-ARQ方式と適応制御 CS2007-68 辻岡哲夫辻 麻美阪市大
(15) 09:55-10:20 1G ONUの混在収容に対応した10GバーストCDRに関する検討 CS2007-69 小崎成治堀田善文鈴木巨生向井宏明田上仁之高橋 章下笠 清三菱電機
(16) 10:20-10:45 GE-OSANにおける光パケットスイッチング装置の試作と評価 CS2007-70 野村拓望NEC通信システム)・上田裕巳東京工科大)・栗山宜巳PyxisWayネットワークス)・坪井利憲河西宏之東京工科大
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
(17) 10:55-11:20 PONにおける無瞬断切替え方式の提案 CS2007-71 上田裕巳坪井利憲河西宏之東京工科大
(18) 11:20-11:45 Ethernetリニアプロテクション切替標準化の動向 CS2007-72 佐藤浩司小口数海川手竜介横谷哲也下笠 清三菱電機
  11:45-13:00 昼食,チャーターバスで移動 ( 75分 )
(19) 13:00-13:40 施設見学:奄美テレビ放送株式会社様
http://www13.synapse.ne.jp/atv/
ふるってご参加ください.(参加費:無料)
  13:40-14:35 奄美空港までバスで移動,解散 ( 55分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 辻岡哲夫(大阪市立大学)
TEL 06-6605-2192, FAX 06-6690-2746
梶山義夫(NTTアクセスサービスシステム研究所)
TEL 043-211-3150, FAX 043-211-8282
E-: n2007n 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2008-01-27 23:25:53


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会