お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICTSSL研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


安全・安心な生活とICT研究会(ICTSSL) [schedule] [select]
専門委員長 和田 友孝 (関西大)
副委員長 井ノ口 宗成 (富山大), 内田 理 (東海大)
幹事 宇津 圭祐 (東海大), 新 浩一 (広島市立大)
幹事補佐 横山 俊一 (信州大)

日時 2022年 7月29日(金) 10:00 - 16:20
議題 防災・一般 
会場名 関西大学 
住所 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号
交通案内 https://www.kansai-u.ac.jp/
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ICTSSL研究会)についてはこちらをご覧ください.
参加費支払い手続き期限 本研究会はハイブリッド開催です.オンライン参加の場合は準備の都合上,原則として開催の3日前までに受付を終了しますので,「参加費について」の聴講参加費または年間登録費のリンクからお早めにお手続きください.なお,会議用URLなどは研究会幹事からご案内します.
  締め切りを5月19日(木)に延長しました. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,開催形態がオンライン開催のみに変更となる可能性があります.

7月29日(金) 午前  ICTSSL1
10:00 - 10:55
  10:00-10:05 事務局からの連絡 ( 5分 )
(1) 10:05-10:30 災害予見向けLPWA静止画伝送装置の無線区間長距離化実証実験 馬場柊人吉岡良真前田和紀大日電子)・梶谷直哉日本マイクロシステムズ)・大塚 晃事業創造大)・佐方陽一大日電子
(2) 10:30-10:55 効率的な住家被害認定調査のためのデータマネジメントに関する事例研究 ~ 福島県沖地震における新地町を事例として ~ 井ノ口宗成富山大)・田村圭子新潟大
  10:55-11:10 休憩 ( 15分 )
7月29日(金) 午後  ICTSSL2
11:10 - 12:00
(3) 11:10-12:00 [招待講演]モビリティサービスの現状と課題 ~ 自動運転サービスを含めた国内MaaSの取り組み ~ 橋本尚久産総研
  12:00-13:30 休憩 ( 90分 )
7月29日(金) 午後  ICTSSL3
13:30 - 15:10
(4) 13:30-13:55 効率的なドローン間通信のための仮想道路ネットワークに関する考察 佐藤風雅新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・中野敬介新潟大
(5) 13:55-14:20 疎構造学習を用いた災害時における行動状態の特徴分析 尹 禮分和田友孝関西大
(6) 14:20-14:45 カーボンニュートラルに向けた装置の稼動スケジューリングの検討 周 沛涵事創大)・佐藤修一新潟人工知能研)・大塚 晃事創大
(7) 14:45-15:10 チャネル干渉を考慮したグラフ彩色とGrundy coloring 田村 裕中大)・中野敬介新潟大
  15:10-15:30 休憩 ( 20分 )
7月29日(金) 午後  ICTSSL4
15:30 - 16:20
(8) 15:30-16:20 [招待講演]力学ベース歩行者シミュレーションの活用 川口寿裕関西大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICTSSL 安全・安心な生活とICT研究会(ICTSSL)   [今後の予定はこちら]
問合先 新 浩一
TEL: 082-830-1572
E-: n-cu 


Last modified: 2022-05-23 02:26:54


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICTSSL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICTSSL研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会