お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


サービスコンピューティング研究会(SC) [schedule] [select]
専門委員長 菊地 伸治 (物質・材料研究機構)
副委員長 山登 庸次 (NTT), 木村 功作 (富士通)
幹事 中村 匡秀 (神戸大), 細野 繁 (東京工科大)
幹事補佐 手塚 伸 (日立), 中口 孝雄 (京都情報大学院大)

日時 2022年 5月27日(金) 09:20 - 18:50
議題 サービス化するAI技術とDX, 一般 
会場名 オンライン会場:https://eventin.space/e/jYvmaOyn9bcjmRqQneN6/register (会津大学会場では実施しません) 
住所 (キャンセル) 福島県会津若松市一箕町鶴賀
交通案内 下記参照
https://u-aizu.ac.jp/access/
他の共催 ◆共催:日本ソフトウエア科学会、機械学習工学研究会, 協賛:IEEE Sendai Section, IEIE Japan Branch
お知らせ ◎会場は会津大学となりますが、Event-In上でも参加出来るハイブリッド開催に成ります.以下から登録をお願いします. https://eventin.space/e/jYvmaOyn9bcjmRqQneN6/register
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SC研究会)についてはこちらをご覧ください.

  09:20-09:25 主催者挨拶 (会津大学) ( 5分 )
  09:25-09:30 共催者挨拶 (日本ソフトウエア科学会機械学習工学研究会) ( 5分 )
5月27日(金) 午前  機械学習の応用と評価
座長: 中村匡秀 (神戸大)
09:30 - 10:45
(1) 09:30-09:55 Intrusion Detection Based on Machine Learning SC2022-1 Ruei-Fong HongQiangfu ZhaoUoA
(2) 09:55-10:20 機械学習モデルの認証に向けた検討 SC2022-2 桐淵直人鈴木亮平芦澤奈実NTT)・大木哲史峰野博史西垣正勝静岡大
(3) 10:20-10:45 Ion Implanter Monitoring Based on Machine Learning SC2022-3 Yu-Ling LinQiangfu ZhaoUoA
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
5月27日(金) 午前  サービス要素技術、他
座長: 山登庸次 (NTT)
10:55 - 11:45
(4) 10:55-11:20 Improving data security by mapping data and storage relations for data management in large environment SC2022-4 Avais AhmadShinichi HayashiSatoshi KanekoTakashi TameshigeHitachi
(5) 11:20-11:45 医学教育のための臨床現場の安全なストリーミングシステムの開発 SC2022-5 陳 思楠中村匡秀関口兼司神戸大
  - 昼食
5月27日(金) 午後  機械学習と知識領域
座長: 木村功作 (富士通研)
13:00 - 13:50
(6) 13:00-13:25 意思決定プロセスモデルを活用した機械学習プロジェクトに関する知見の体系化 SC2022-6 竹内広宜武蔵大)・小形真平信州大)・海谷治彦神奈川大)・中川博之阪大
(7) 13:25-13:50 Improvement of Performance of Question and Answering System using Ontology Generation SC2022-7 Ayato Kuwana・○Incheon PaikUoA
  13:50-14:00 休憩 ( 10分 )
5月27日(金) 午後  招待講演
座長: 菊地伸治 (物質・材料研究機構)
14:00 - 15:00
(8) 14:00-15:00 技術開発ベンチャーにおけるAI及びブロックチェーン技術を活用したソリューション事例について

株式会社会津コンピュータサイエンス研究所, CEO, 久田雅之氏 (Ph.D)
5月27日(金) 午後  ライトニングトーク、ポスタ発表
座長: 菊地伸治 (物質・材料研究機構)
15:10 - 17:10
(9) 15:10-15:13 [ポスター講演]A Transformer for Long Medical Documents SC2022-8 Cherubin MugishaIncheon PaikUoA
(10) 15:13-15:16 [ポスター講演]Integrated system for large-scale harvesting and data curation: challenges and prospects SC2022-9 Luca FoppianoTomoya MatoMDG, MaDIS, NIMS)・Pedro Baptista de CastroKensei TerashimaYoshihiko TakanoNFMG, MANA, NIMS)・Masashi IshiiMDG, MaDIS, NIMS
(11) 15:16-15:19 [ポスター講演][Poster Presentation] An Experimental Study of Stable Periodic Patterns in Big Columnar Temporal Databases SC2022-10 Dao Ngoc HongPaik IncheonRage Uday KiranUoA
(12) 15:19-15:22 [ポスター講演]Local Patterns and Benefits to Improve the Performance of Vehicle Detection System Under Difficult Driving Conditions SC2022-11 Nguyen Quang TuyenIncheon PaikUoA
(13) 15:22-15:25 [ポスター講演]GPT-2を用いた言語翻訳のための文の補強 SC2022-12 澤井蘭人白 寅天桑名絢士会津大
(14) 15:25-15:28 [ポスター講演]GPT-2モデルでのコード特徴の追加によるコード生成の向上 SC2022-13 佐久間大空ワン ジュンウェイ白 寅天会津大
(15) 15:28-15:31 [ポスター講演]科学的用語を含む文章の機械翻訳の精度向上 SC2022-14 加藤 馨白 寅天会津大
(16) 15:31-15:34 [ポスター講演]Performance Evaluation of Twitter Classification on Pre-Trained Model by Word Embeddings SC2022-15 Haruki KimuraIncheon PaikUoA
(17) 15:34-15:37 [ポスター講演]A Novel Chat-Bot using Ontology Based on GPT-2 SC2022-16 Marika KuwabaraIncheon PaikUoA
(18) 15:40-17:10 パネルディスカッション(Event-In)
5月27日(金) 午後 
17:10 - 18:50
  17:10-17:15 委員長退任挨拶 ( 5分 )
  17:15-17:20 新委員長挨拶 ( 5分 )
(19) 17:20-18:50 懇親会 (Event-In, 会津大学)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SC サービスコンピューティング研究会(SC)   [今後の予定はこちら]
問合先 白 寅天(会津大学)paikic[at]u-aizu.ac.jp
菊地伸治(物質・材料研究機構)KIKUCHI.Shinji[at]nims.go.jp, shinji.kikuchi[at]ieee.org 


Last modified: 2022-05-26 13:12:04


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会