お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 関 浩之 (奈良先端大)
副委員長 中島 震 (NII)
幹事 高田 喜朗 (高知工科大), 満田 成紀 (和歌山大)
幹事補佐 鷲崎 弘宜 (早大)

日時 2011年 3月 7日(月) 09:00 - 17:00
2011年 3月 8日(火) 09:00 - 14:45
議題 一般 
会場名 沖縄県青年会館 2階 梯梧の間 
住所 〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-15-23
交通案内 那覇バスターミナルから徒歩10分またはモノレール旭橋駅から徒歩5分
http://www.okinawakenseinenkaikan.or.jp/new/page.php?7
お知らせ ◎3月7日研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月7日(月) 午前 
09:00 - 17:00
(1) 09:00-09:25 センサ駆動連携サービスのための連鎖検出手法の検討 SS2010-53 稲田卓也池上弘祐柗本真佑中村匡秀神戸大)・井垣 宏東京工科大
(2) 09:25-09:50 ホームネットワークシステムのためのパーソナルリモコン開発フレームワーク SS2010-54 徳田啓介稲田卓也柗本真佑中村匡秀神戸大
(3) 09:50-10:15 多様な通信方式の機器に適用可能なデバイスモデルの提案 SS2010-55 野口智史鈴木健司三菱電機
(4) 10:15-10:40 位置透過性のあるシステムコールを有する組込み制御システム向け分散リアルタイムOS SS2010-56 知場貴洋東京都市大)・伊丹悠一日立情報通信エンジニアリング)・兪 明連横山孝典東京都市大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(5) 10:50-11:15 アスペクト指向プログラミングによる組込みOSのカスタマイズ手法の提案 SS2010-57 阿部一樹横山孝典兪 明連東京都市大
(6) 11:15-11:40 利用率をベースにしたリアルタイムスケジューリングアルゴリズムの提案 SS2010-58 岡崎 旭兪 明連横山孝典東京都市大
(7) 11:40-12:05 RMに基づいたマルチプロセッサ用プリエンプション低減リアルタイムスケジューリングアルゴリズムの提案 SS2010-59 西垣公平兪 明連横山孝典東京都市大
  12:05-13:30 昼食 ( 85分 )
(8) 13:30-13:55 振る舞いモデル生成機能を持つSimulink・UMLモデル変換ツール SS2010-60 田村雅成神山達哉添田隆弘兪 明連横山孝典東京都市大
(9) 13:55-14:20 オープンソースリポジトリにおけるバグ修正履歴の再利用性評価 SS2010-61 塩塚 大九工大)・鵜林尚靖九大
(10) 14:20-14:45 Towards Objective Estimations of Software Implementation Progress SS2010-62 Camargo Cruz Ana ErikaKoichiro OchimizuJAIST
(11) 14:45-15:10 制約付き木オートマトンとその閉包性 SS2010-63 倉橋克尚酒井正彦西田直樹野村太志坂部俊樹草刈圭一朗名大
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
(12) 15:20-15:45 差分シナリオを用いたシナリオ検索支援 SS2010-64 吉田裕作・○大西 淳立命館大
(13) 15:45-16:10 責務記述に基づくクラスの責務割り当て支援 SS2010-65 秋山幹博林 晋平東工大)・小林隆志名大)・佐伯元司東工大
(14) 16:10-16:35 オープンソース開発におけるSCMの自動分類に基づくevolutionの傾向分析と品質評価 SS2010-66 戴 家豪海尻賢二海谷治彦信州大
(15) 16:35-17:00 コーディング規約の違反計測に基づく開発スタイルの特徴分析 SS2010-67 寺岡仁志海尻賢二海谷治彦信州大
3月8日(火) 午前 
09:00 - 14:45
(16) 09:00-09:25 有界モデル検査法を用いたモジュラー検証のテストケース生成による補完 SS2010-68 橋本祐介総研大/NEC)・中島 震NII/総研大
(17) 09:25-09:50 プログラム変換を用いたポインタ操作プログラムの検証にむけて ~ Morrisの二分木走査アルゴリズムによるケーススタディ ~ SS2010-69 渡部卓雄森口草介山田一宏西崎真也東工大
(18) 09:50-10:15 否定前件を含む構造操作意味定義に対するプロセス計算コンパイラ SS2010-70 伴 潤結縁祥治名大
(19) 10:15-10:40 GameFrameWork CeriumにおけるSequentialなGame Programの分割と動作の検証 SS2010-71 小林佑亮河野真治多賀野海人金城 裕琉球大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(20) 10:50-11:15 OCLからJMLへの変換ツールにおける対応クラスの拡張と教務システムに対する適用実験 SS2010-72 宮澤清介・○花田健太郎岡野浩三楠本真二阪大
(21) 11:15-11:40 リポジトリのリアルタイムな可視化にもとづくPBLの支援環境 ~ 継続的な実施を目的として ~ SS2010-73 福安直樹和歌山大)・佐伯幸郎高知工科大)・水谷泰治阪工大
(22) 11:40-12:05 HTML講義資料のリアルタイムアクセス解析による授業進捗管理システム SS2010-74 山田 誠東京工科大)・堀口悟史慶大)・井垣 宏井上亮文星 徹東京工科大
  12:05-13:05 昼食 ( 60分 )
(23) 13:05-13:30 設計原理に基づくソフトウェア階層化支援手法 SS2010-75 市川友介相田 慎磯田定宏豊橋技科大
(24) 13:30-13:55 コントロールフローグラフにおける辺のペアを考慮したコードカバレッジの提案と評価 SS2010-76 西本 哲土屋達弘菊野 亨阪大
(25) 13:55-14:20 変更支援のための成果物アクセス履歴マイニング SS2010-77 加藤 希小林隆志阿草清滋名大
(26) 14:20-14:45 飛行船自動航行システム開発におけるSysMLを用いたプロセス改善事例 SS2010-78 福田哲志末安史親庭木勝也森田健治久住憲嗣峯 恒憲鵜林尚靖九大)・平山雅之情報処理推進機構/東芝)・濱田直樹情報処理推進機構)・二上貴夫東陽テクニカ

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 高田喜朗(高知工科大)
TEL 0887-57-2207
FAX 0887-57-2220
E-: a- 
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.info.kochi-tech.ac.jp/sigss/


Last modified: 2011-02-24 14:26:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会