電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のQIT研究会 / 次のQIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


量子情報技術研究会(QIT) [schedule] [select]
専門委員長 竹内 繁樹 (京大)
幹事 岡本 亮 (京大), 武岡 正裕 (NICT)

日時 2018年11月26日(月) 09:40 - 18:10
2018年11月27日(火) 09:50 - 16:50
議題 量子情報, 一般 
会場名 東京大学 先端科学技術研究センター ENEOSホール 
住所 〒153-8904 東京都目黒区駒場4丁目6番1号
交通案内 https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/access.html
会場世話人
連絡先
中村泰信 (東京大学)
他の共催 ◆応用物理学会量子エレクトロニクス研究会共催

11月26日(月) 午前  開会
09:40 - 09:50
  09:40-09:50 委員長挨拶・連絡事項 ( 10分 )
11月26日(月) 午前  セッション I
座長: 東浩司
09:50 - 10:50
(1) 09:50-10:10 Non-Uniform State Complexity of Quantum Finite Automata and Quantum Polynomial-Time Logarithmic-Space Computation with Quantum Advice
-- (Preliminary Report) --
Tomoyuki YamakamiU of Fukui
(2) 10:10-10:30 Phase Reduction Theory for Quantum Synchronization under Semiclassical Approximation Yuzuru KatoHiroya NakaoTitech
(3) 10:30-10:50 確率的独立とゼロ相関:古典系と量子系 大平 徹名大
  10:50-11:20 休憩 ( 30分 )
11月26日(月) 午前  セッション II
座長: 添田彬仁
11:20 - 12:30
(4) 11:20-12:10 [招待講演]純粋状態の熱力学第二法則と固有状態熱化仮説 伊與田英輝東大
(5) 12:10-12:30 エンタングルメントを起源とするprethermalization 上西慧理子慶大)・森 貴司理研)・池田達彦東大)・上田正仁東大/理研
  12:30-13:30 昼食休憩 ( 60分 )
11月26日(月) 午後  ポスターセッション
13:30 - 15:30
  - 場所は後日連絡
ポスタータイトルは末尾に掲載
11月26日(月) 午後  セッション III
座長: 越野和樹
15:30 - 16:40
(6) 15:30-16:20 [招待講演]原子波干渉型ジャイロスコープとその測地学への 応用 上妻幹旺東工大
(7) 16:20-16:40 プローブを用いない弱値測定法 小川和久北大)・小林弘和高知工科大)・富田章久北大
  16:40-17:10 休憩 ( 30分 )
11月26日(月) 午後  セッション IV
座長: 河野泰人
17:10 - 18:10
(8) 17:10-17:30 フォン・ノイマン方程式と古典マスター方程式の内挿による量子開放系ダイナミクスと、量子アニーリングへの応用 門脇正史デンソー
(9) 17:30-17:50 Dynamic Boltzmann Machine for Improving Readout Fidelity of Near-Term Intermediate Scale Quantum Devices Rudy RaymondTakayuki OsogamiTRL
(10) 17:50-18:10 Asymptotic convergence rate of regularized self-consistent quantum tomography Takanori SugiyamaUniv. Tokyo)・Shinpei ImoriHiroshima Univ.)・Fuyuhiko TanakaOsaka Univ.
  18:30-20:30 懇親会 ( 120分 )
11月27日(火) 午前  セッション V
座長: 徳永裕己
09:50 - 10:50
(11) 09:50-10:10 伝搬マイクロ波光子の量子非破壊検出 河野信吾東大)・越野和樹東京医科歯科大)・田渕 豊野口篤史中村泰信東大
(12) 10:10-10:30 ダイヤモンド量子計測による核スピンの位置決定 佐々木健人慶大)・伊藤公平慶大/慶大先導研)・阿部英介慶大
(13) 10:30-10:50 単一電子スピンの回転ブラウン運動計測 藤原正澄阪市大)・鹿野 豊慶大)・塚原隆太鹿田真一橋本秀樹関西学院大
  10:50-11:20 休憩 ( 30分 )
11月27日(火) 午前  セッション VI
座長: 富田章久
11:20 - 12:30
(14) 11:20-12:10 [招待講演]Majorana quantization and thermal quantum Hall effect in a magnetic insulator 笠原裕一京大
(15) 12:10-12:30 Black holes and negative information Koji AzumaNTT)・Sathyawageeswar SubramanianUniv. of Cambridge
  12:30-13:50 昼食休憩 ( 80分 )
11月27日(火) 午後  セッション VII
座長: 西村治道
13:50 - 15:00
(16) 13:50-14:40 [招待講演]The theory of quantum statistical comparison and some applications in quantum information sciences Francesco BuscemiNagoya Univ.
(17) 14:40-15:00 量子相対Renyi エントロピーと情報スペクトル 松本啓史NII
  15:00-15:30 休憩 ( 30分 )
11月27日(火) 午後  セッション VIII
座長: 谷誠一郎
15:30 - 16:50
(18) 15:30-15:50 Shorのアルゴリズムに基づく素因数分解実験の調査 國廣 昇東大
(19) 15:50-16:10 量子デジタル・アナログ変換のためのアルゴリズム 御手洗光祐北川勝浩阪大)・藤井啓祐京大
(20) 16:10-16:30 パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性 竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/SUSTech/NUS
(21) 16:30-16:50 合理的なサーバーによる量子計算の検証 森前智行京大)・西村治道名大
  16:50-17:00 閉会の挨拶 ( 10分 )
11月26日(月) 午後  ポスターセッション
13:30 - 15:30
(22) 13:30-15:30 Characterization the Robustness of Quantum System by Quantum Speed Limit Kohei KobayashiNaoki YamamotoKeio Univ.
(23) 13:30-15:30 [ポスター講演]制約量子アニーリングのグラフ彩色問題への適用 工藤和恵お茶の水女子大
(24) 13:30-15:30 [ポスター講演]Statistical Cost of Iterative Phase Estimation Algorithm Shintaro NiimuraAruto HosakaFumihiko KannariYutaka ShikanoKeio Univ.
(25) 13:30-15:30 [ポスター講演]条件つきHolevo相互情報量を用いたミニマックス量子推定 松田孟留東大
(26) 13:30-15:30 [ポスター講演]On Operational Reconstruction of Laws of Physics 鹿野 豊慶大
(27) 13:30-15:30 [ポスター講演]Two instances of majorization relations for two-mode squeezed number states Ryo NamikiGakushuin Univ.
(28) 13:30-15:30 [ポスター講演]グラフ畳み込みを用いたトポロジカル表面符号のデコーディング ダワースレン アマルサナー東大)・鈴木泰成NTT)・藤井啓介京大)・中村泰信東大
(29) 13:30-15:30 [ポスター講演]Uncertainty relation from parameter estimation of the position of an electron in a uniform magnetic field Shin FunadaJun SuzukiUEC
(30) 13:30-15:30 [ポスター講演]教師あり深層学習のための量子アルゴリズムについて 河野泰人NTT)・関川 浩東京理科大
(31) 13:30-15:30 [ポスター講演]励起状態のための変分量子固有部分空間ソルバー 中西 健東大)・御手洗洸祐阪大)・藤井啓祐京大
(32) 13:30-15:30 [ポスター講演]量子開放系の時間発展を再現する純粋な初期状態の存在 井上晃来福元好志東京理科大
(33) 13:30-15:30 [ポスター講演]2組の多光子多モードシステム間もつれ状態を用いたノンフォック状態の生成 松本一勢清原孝行岡本 亮京大)・ホフマン ホルガ広島大)・竹内繁樹京大
(34) 13:30-15:30 Theoretical study on fast coherent control of quantum systems and applications Shumpei MasudaTMDU
(35) 13:30-15:30 [ポスター講演]量子回路マッピングにおける量子ビット初期配置手法の実験的性能評価 井床利生今道貴司IBM基礎研
(36) 13:30-15:30 [ポスター講演]ビームスプリッター演算子の観点からの光導波路解析 北川 晃高知大
(37) 13:30-15:30 [ポスター講演]共振器QEDに基づく量子ゲートの実現に向けたパラメータ最適化 浅岡 類金本理奈明大)・徳永裕己NTT)・青木隆朗早大
(38) 13:30-15:30 [ポスター講演]TypeⅡのパラメトリック下方変換光を用いた同軸上での光子対の増幅 野崎 諒鈴木 拓久保哲士佐藤義朗佐中 薫東京理科大
(39) 13:30-15:30 [ポスター講演]現実的ノイズモデルにおける高しきい値連続量耐故障性量子計算 福井浩介京大)・富田章久北大)・藤井啓祐京大
(40) 13:30-15:30 [ポスター講演]Relation between conventional and dynamical formalisms in the quantum Zeno effect Kazuki KoshinoTMDU
(41) 13:30-15:30 [ポスター講演]バックグラウンドの存在下における量子計測 新德誠也松原輝王湯浅一哉早大
(42) 13:30-15:30 [ポスター講演]マクスウェルの悪魔による電流の制御: 量子マスター方程式による定式化 越原健太松原輝王湯浅一哉早大
(43) 13:30-15:30 [ポスター講演]量子情報処理実験に向けた制御装置の開発と課題 田渕 豊竹田悠大河河野信吾玉手修平中村泰信東大
(44) 13:30-15:30 [ポスター講演]標準限界をこえる"猫"たち 龍田真美子東大)・松崎雄一郎NTT)・清水 明東大
(45) 13:30-15:30 [ポスター講演]正則グラフ生成問題に見る量子アニーリングの解のランダム性 鈴木貴大Mercari
(46) 13:30-15:30 [ポスター講演]ノイズのある量子回路の古典サンプリングコストの評価 八角繁男京大)・藤井啓祐京大/JSTさきがけ
(47) 13:30-15:30 [ポスター講演][Poster Presentation] Characterizing magnon detection sensitivity in a hybrid quantum device Samuel P. WolskiDany Lachance-QuirionYutaka TabuchiShingo KonoKoji UsamiYasunobu NakamuraU. Tokyo
(48) 13:30-15:30 [ポスター講演]環境と結合した深強結合領域にある量子ラビモデルの基底状態 設楽智洋東京医科歯科大)・馬場基彰阪大)・吉原文樹布施智子仙場浩一NICT)・越野和樹東京医科歯科大
(49) 13:30-15:30 [ポスター講演]多量子ビット化実現に向けたスケーラブルな積層構造型シリコン量子ビットの提案 伊藤優希小林正治平本俊郎東大
(50) 13:30-15:30 [ポスター講演]単一イオンと光共振器の強結合 高橋優樹東大)・Ezra KassaCostas ChristoforouMatthias Kellerサセックス大
(51) 13:30-15:30 [ポスター講演]超伝導量子ビット集積化に向けた設計とその課題 玉手修平田渕 豊河野信吾Akhil Pratap Singh東大)・Kun Zuo楠山幸一理研)・中村泰信東大/理研
(52) 13:30-15:30 [ポスター講演]超伝導量子ビット二次元集積量子系上での交差共鳴ゲート 部谷謙太郎三上聖人アマルサナー ダワースレン竹田悠大河アキル プラタップ シンクー河野信吾東大)・鈴木泰成NTT)・日塔光一楠山幸一理研)・玉手修平田渕 豊東大)・中村泰信東大/理研
(53) 13:30-15:30 [ポスター講演]共振器QED系による単一光子生成の時間波形と生成効率の検討 宇津木 健岸田楓馬早大)・徳永裕己NTT)・青木隆朗早大
(54) 13:30-15:30 [ポスター講演]Observing Spin-Hall effect of light in a uniaxial crystal via quantum weak measurement C T SamlanUEC)・Nirmal K ViswanthanUoH

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
QIT 量子情報技術研究会(QIT)   [今後の予定はこちら]
問合先  
お知らせ ◎発表申込みとは別に参加申込みが必要です。詳しくはQITのWebをご覧下さい。
http://staff.aist.go.jp/s-kawabata/qit/


Last modified: 2018-11-16 14:37:12


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[QIT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のQIT研究会 / 次のQIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会