お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / 次のUSN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ユビキタス・センサネットワーク研究会(USN) [schedule] [select]
専門委員長 市川 晴久
副委員長 森川 博之, 戸辺 義人
幹事 山口 正泰, 大槻 知明
幹事補佐 南 正輝, 上原 秀幸

{INFOMESITEM}
日時 2007年 5月24日(木) 13:00 - 17:15
2007年 5月25日(金) 09:45 - 16:40
議題 ユビキタス・センサネットワークを支える理論,および一般 
会場名 東京電機大学 神田キャンパス 11号館17F大会議室 
住所 〒101-8457 東京都千代田区神田錦町2-2
交通案内 JR 御茶ノ水駅(中央線・総武線)徒歩8分/神田駅(山手線・京浜東北線)徒歩8分/ 地下鉄 淡路町駅(丸ノ内線)B7出口・徒歩3分/新御茶ノ水駅(千代田線)B7出口・徒歩3分/小川町駅(都営新宿線)B7出口・徒歩3分/神保町駅(半蔵門線・都営三田線)A7出口・徒歩8分/神田駅(銀座線)1番出口・徒歩8分/竹橋駅(東西線)3B出口・徒歩8分
http://atom.dendai.ac.jp/info/access/060328_15.html
会場世話人
連絡先
未来科学部情報メディア学科 戸辺 義人
03-5280-3752
お知らせ ◎24日の夜に懇親会を予定しています。奮ってご参加ください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

5月24日(木) 午後 
座長: 市川 晴久
13:00 - 15:50
  - 委員長挨拶
(1) 13:10-13:40 [基調講演]ユビキタス・センサネットワーク研究会への期待 USN2007-1 青山友紀慶大
(2) 13:40-14:10 [招待講演]ユビキタス・センサネットワークを支える理論 ~ センサフュージョンの視点から ~ USN2007-2 鏡 慎吾東北大
(3) 14:10-14:40 [招待講演]ユビキタス・センサネットワークのデータベース技術 USN2007-3 川島英之筑波大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(4) 14:50-15:20 [招待講演]センサはウェブを超える:省力化から知覚化へ USN2007-4 鈴木 敬矢野和男日立
(5) 15:20-15:50 [招待講演]ユビキタス・センサネットワークの建築・都市への応用 USN2007-5 倉田成人鹿島建設
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
5月24日(木) 午後 
座長: 白石 陽
16:00 - 17:15
(1) 16:00-16:25 s-room: 実世界リアルタイムコンテンツ化 ~ モノとコトに関する情報の生成とそのコンテンツ化 ~ USN2007-6 岡留 剛岸野泰恵前川卓也柳沢 豊櫻井保志NTT
(2) 16:25-16:50 RFIDと無線センサノードを用いたユーザ行動記録 USN2007-7 由良淳一中澤 仁徳田英幸慶大
(3) 16:50-17:15 センサデータ活用アプリケーション開発実験環境の実現 USN2007-8 荒川 豊松尾真人山口正泰NTT
5月25日(金) 午前 
座長: 若宮 直紀
09:45 - 12:00
(4) 09:45-10:10 局所伝搬環境推定を用いた受信信号強度重み付け到来時間位置推定法 USN2007-9 茂木俊浩大槻知明慶大
(5) 10:10-10:35 センサネットワークにおける非一様伝搬環境を考慮した位置推定アルゴリズム USN2007-10 北古賀紀明大槻知明慶大
(6) 10:35-11:00 位置推定システム"COLORS"のマルチホップネットワーク化 USN2007-11 福村貴洋高島雅弘阪大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大)・北山研一阪大
  11:00-11:10 休憩 ( 10分 )
(7) 11:10-11:35 携帯電話のBluetooth機能を用いた位置認識システムの開発 USN2007-12 高階孝敏藤井雅弘渡辺 裕宇都宮大
(8) 11:35-12:00 タイミング同期の自律分散制御に関する検討 ~ 局所解を回避する手法 ~ USN2007-13 今井純志鈴木徳祥豊田中研
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
5月25日(金) 午後 
座長: 上原 秀幸
13:00 - 14:15
(9) 13:00-13:25 Design and Evaluation of a Wireless Sensor Network Architecture for Fast and Reliable Transmission of Urgent Information USN2007-14 Tetsuya KawaiNaoki WakamiyaMasayuki MurataOsaka Univ.
(10) 13:25-13:50 複数アプリケーション対応のためのセンサ資源活用方式 USN2007-15 山邉雅博勝亦友樹新津善弘芝浦工大
(11) 13:50-14:15 センサネットワークにおける無線リンク特性の時間変動を考慮に入れたクラスタリング法 USN2007-16 大田優子阪市大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
5月25日(金) 午後 
座長: 福永 茂
14:25 - 16:40
(12) 14:25-14:50 アプリケーション指向無線センサネットワーク USN2007-17 猿渡俊介・○川西 直川原圭博東大)・南 正輝芝浦工大)・森川博之東大
(13) 14:50-15:15 デプロイメントスケーラブルセンサネットワーク USN2007-18 南 正輝芝浦工大)・森戸 貴東大)・鞍掛隆一鈴木 渉渡辺貴文芝浦工大)・猿渡俊介森川博之東大
(14) 15:15-15:40 ロボティックセンサネットワーク用ミドルウェアの開発 USN2007-19 青木崇行慶大)・桐原幸彦トリプルダブル)・中澤 仁徳田英幸慶大
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
(15) 15:50-16:15 2重球倒立機構を用いた被災地情報収集のためのセンサノードの開発 ~ センサノードの特性を考慮した運搬・配置機構の開発 ~ USN2007-20 鈴木 剛佐藤秀夫杉崎隆二東京電機大)・嘉悦早人川端邦明羽田靖志理研)・焼山康礼戸辺義人東京電機大
(16) 16:15-16:40 表面マイクロ波を用いた信号と電力の同時伝送法 USN2007-21 板井裕人セルクロス)・張 兵NICT)・篠田裕之東大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
基調講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
USN ユビキタス・センサネットワーク研究会(USN)   [今後の予定はこちら]
問合先 大槻 知明(慶應義塾大学)
TEL 045-566-1538 FAX 045-566-1747
山口 正泰(NTT)
TEL 0422-59-4028 FAX 0422-59-4810
E-: usn-nieiceor 
お知らせ ◎最新情報は,ユビキタス・センサネットワーク研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/~usn/index.html


Last modified: 2007-05-23 11:48:22


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[USN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / 次のUSN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会