お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 鯵坂 恒夫 (和歌山大)
副委員長 関 浩之 (奈良先端大)
幹事 満田 成紀 (和歌山大), 草刈 圭一朗 (名大)

{INFOMESITEM}
日時 2010年 3月 8日(月) 09:00 - 17:30
議題 一般 
会場名 鹿児島大学 郡元キャンパス 情報工学科棟1F 
住所 〒890-8580 鹿児島市郡元1-21-24
交通案内 JR鹿児島中央駅より市電利用「唐湊」または「工学部前」下車
http://www.kagoshima-u.ac.jp/contents/gaiyou/access/koutu_access_koorimoto.html
会場世話人
連絡先
理工学研究科 福元伸也
099-285-8453
お知らせ ◎研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加下さい.参加していただける方は,次の懇親会案内のページでの登録をお願いします.
http://sdlab.sys.wakayama-u.ac.jp/ss/konshin/?id=1003
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月8日(月)   A会場
09:00 - 17:30
(1) 09:00-09:30 インタビューによる要求抽出作業を誘導するシステム ~ 機能要求を聞き出す質問の誘導方法の提案 ~ SS2009-48 埜口 元谷藤史門芝浦工大)・山中隆敏芝浦工大/富士通)・古宮誠一芝浦工大
(2) 09:30-10:00 要求追跡ネットワークを用いたプロセス改善支援およびプロジェクトスケジューリング法 SS2009-49 齋藤彰儀落水浩一郎北陸先端大
(3) 10:00-10:30 開発プロセスの観察とグループ間比較による実践的ソフトウェア開発演習の支援環境 SS2009-50 柿元 健阪大)・井垣 宏神戸大)・川口真司奈良先端大)・福安直樹和歌山大)・佐伯幸郎高知工科大)・早瀬康裕阪大)・崎山直洋NTTデータ
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
(4) 10:40-11:10 ユビキタスネットワークにおけるサービス資源検索のためのサービスレジストリの考察 SS2009-51 瀬戸英晴江上公一松尾周平井垣 宏中村匡秀神戸大
(5) 11:10-11:40 サービス競合検出・解消システムを用いたホームネットワーク連携サービスの開発 SS2009-52 稲田卓也吉村悠平池上弘祐井垣 宏中村匡秀神戸大)・中北賢二竹原清隆パナソニック電工
(6) 11:40-12:10 振る舞いモデルを用いたフレームワーク利用支援ツール SS2009-53 善明晃由林 晋平佐伯元司東工大
  12:10-13:10 昼食 ( 60分 )
(7) 13:10-13:40 状況に応じた設計情報の再利用を支援するUML図の自動推薦ツール SS2009-54 松下 誠早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大
(8) 13:40-14:10 重複コードと非重複コードにおける修正頻度の比較 SS2009-55 佐野由希子肥後芳樹楠本真二阪大
(9) 14:10-14:40 大規模ソースコード集合を対象とした類似関数集合群の抽出 SS2009-56 田中健介肥後芳樹楠本真二阪大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(10) 14:50-15:20 メソッド呼び出しに関する不具合修正での変更作業の分析 SS2009-57 森井亮介畑 秀明阪大)・水野 修京都工繊大)・菊野 亨阪大
(11) 15:20-15:50 編集操作の分類に基づくソースコード差分の構造化 SS2009-58 林 晋平佐伯元司東工大
(12) 15:50-16:20 コードクローンに対する変更の一貫性と欠陥発生との関連性に関する分析 SS2009-59 西田皓司伏田享平川口真司飯田 元奈良先端大
  16:20-16:30 休憩 ( 10分 )
(13) 16:30-17:00 コードクローンを用いたソフトウェア間の類似度の分析 SS2009-60 坂本 啓岸本康成佐藤宏之小林 透NTT
(14) 17:00-17:30 テキストマイニング技術を用いたソフトウェアの類似性分析 SS2009-61 岸本康成坂本 啓佐藤宏之小林 透NTT
3月8日(月)   B会場
09:00 - 17:30
(15) 09:00-09:30 時間抽象を行う洗練手法を用いた確率時間システムの到達可能性解析 SS2009-62 伊藤明彦長岡武志岡野浩三楠本真二阪大
(16) 09:30-10:00 Symmetry Reductionを使ったAISの確率付きモデル検査 SS2009-63 豊島崇士高橋和子関西学院大)・関澤俊弦阪学院大/産総研
(17) 10:00-10:30 E-AoSAS++における振舞い検証の枠組み SS2009-64 張 漢明沢田篤史野呂昌満南山大
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
(18) 10:40-11:10 型付けによるファイル間データ非干渉の検証 SS2009-65 座礼晃一山田俊行三重大
(19) 11:10-11:40 多目的最適化問題における免疫アルゴリズムの研究 SS2009-66 森重綾太小野智司中山 茂鹿児島大
(20) 11:40-12:10 共通記号を持つ背景理論の決定手続きの結合法とその効率化について SS2009-67 岩沼宏治山梨大
  12:10-13:10 昼食 ( 60分 )
(21) 13:10-13:40 セーフティクリティカルシステムのプロダクトラインにおけるNバージョンプログラミングの導入 SS2009-68 中西恒夫久住憲嗣福田 晃九大
(22) 13:40-14:10 コレオグラフィに基づく高信頼通信指向GUIプログラミング SS2009-69 下村 翔結縁祥治名大
(23) 14:10-14:40 計算資源へのアクセス能力に基づく競合検査とデッドロック検査のための型解析 SS2009-70 坂野吉隆結縁祥治名大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(24) 14:50-15:20 ソフトウェア信頼度成長モデルにおけるAICの適用条件に関する考察 SS2009-71 亀井泰高古山恒夫東海大
(25) 15:20-15:50 粗粒度モジュールに対するバグ密度予測の精度評価 SS2009-72 亀井靖高柗本真佑門田暁人松本健一奈良先端大
(26) 15:50-16:20 実行履歴情報を用いたオブジェクト指向ソフトウェアテスト手法の提案 SS2009-73 森 淳郎上田賀一茨城大
  16:20-16:30 休憩 ( 10分 )
(27) 16:30-17:00 遅延パーサを用いた軽量なXQuery処理系 SS2009-74 蜂巣吉成野呂昌満沢田篤史張 漢明南山大
(28) 17:00-17:30 限定継続に基づくスケーラブルなウェブアプリケーション構築手法 SS2009-75 田中麻峰亀山幸義筑波大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 満田成紀(和歌山大)
TEL 073-457-8433
FAX 073-457-8434
E-: n-u 
お知らせ ◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://sdlab.sys.wakayama-u.ac.jp/ss/


Last modified: 2010-02-09 10:10:41


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会