お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


非線形問題研究会(NLP) [schedule] [select]
専門委員長 太田 有三 (神戸大)
副委員長 山村 清隆 (中大)
幹事 久門 尚史 (京大), 堀尾 喜彦 (東京電機大)
幹事補佐 鳥飼 弘幸 (阪大), 青森 久 (上智大)

回路とシステム研究会(CAS) [schedule] [select]
専門委員長 田村 裕 (新潟工科大)
副委員長 藤澤 久典 (富士通研)
幹事 羽田野 孝裕 (NTT), 山崎 博 (富士通研)
幹事補佐 高藤 大介 (広島大)

日時 2009年 1月22日(木) 09:00 - 18:05
2009年 1月23日(金) 09:00 - 16:30
議題 一般 
会場名 ホテルマリックス(宮崎) 
住所 〒880-8561 宮崎県宮崎市千草町15-8
交通案内 JR宮崎駅から徒歩約15分
http://www.hotel-marix.co.jp/access.html
会場世話人
連絡先
宮崎大学 工学部 電気電子工学科 淡野公一
0985-58-7406(会場世話人) 0985-28-6161(会場)
他の共催 ◆宮崎大学;財団法人 みやざき観光コンベンション協会 後援
お知らせ ◎22日研究会終了後,会場ホテル(ホテルマリックス http://www.hotel-marix.co.jp/)にて懇親会を予定していますので御参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

1月22日(木) 午前  CAS(1)
09:00 - 10:20
(1) 09:00-09:20 1/fノイズの低減を考慮した差動増幅回路の設計 CAS2008-63 NLP2008-93 平野扶早淡野公一宮崎大)・田中 寿都城高専)・田村宏樹宮崎大
(2) 09:20-09:40 弱反転および強反転領域の両方で動作可能な広入力レンジCMOS OTAに関する研究 CAS2008-64 NLP2008-94 三輪亮太淡野公一宮崎大)・田中 寿都城高専)・田村宏樹宮崎大
(3) 09:40-10:00 適応バイアス技術を用いたバイアスオフセット型CMOSトランスコンダクタの高性能化 CAS2008-65 NLP2008-95 松元藤彦宮澤壽志大・○中村晋太朗野口泰明防衛大
(4) 10:00-10:20 14-bit,50MS/s,1.8V ADCを実現するビットブロック回路の検討 CAS2008-66 NLP2008-96 水谷慶一郎杉本泰博中大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
1月22日(木) 午前  NLP(1)
10:35 - 11:55
(5) 10:35-10:55 成長木粒子群最適化について CAS2008-67 NLP2008-97 宮川英士斎藤利通法政大
(6) 10:55-11:15 振動-発火回路のスパイク特性と分岐現象 CAS2008-68 NLP2008-98 長谷川智生斎藤利通法政大
(7) 11:15-11:35 AC/DCコンバータに基づくスイッチ力学系の分岐現象 CAS2008-69 NLP2008-99 石毛保秀斎藤利通法政大
(8) 11:35-11:55 進化的学習を用いたバイナリーニューラルネットによるデジタル時空パターン予測 CAS2008-70 NLP2008-100 阿部 享斎藤利通法政大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
1月22日(木) 午後  NLP(2)
13:00 - 14:00
(9) 13:00-13:20 On the Memory Capacity and Invariant Measure of Chaos Associative Model CAS2008-71 NLP2008-101 Masahiro NakagawaNagaoka Univ. of Tech.
(10) 13:20-13:40 完全差動ヒステリシス2P-VCCSカオス発振集積回路の測定 CAS2008-72 NLP2008-102 堂前亮輔東京電機大)・堀尾喜彦東京電機大/JST)・合原一幸JST/東大
(11) 13:40-14:00 ニューラルカオスシステムにおけるノイズ誘起特性 CAS2008-73 NLP2008-103 西村治彦藤澤弘典堅田尚郁兵庫県立大)・合原一幸東大
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
1月22日(木) 午後  CAS(2)
14:15 - 15:15
(12) 14:15-14:35 光再構成型ゲートアレイの組み立て誤差補正手法 CAS2008-74 NLP2008-104 森田裕宣渡邊 実静岡大
(13) 14:35-14:55 9コンテキスト光再構成ゲートアレイによる高速再構成 CAS2008-75 NLP2008-105 中島真央渡邊 実静岡大
(14) 14:55-15:15 端子頂点グラフの全域平面部分グラフ抽出法に対する切断対とネット描画変更に基づく高精度化 CAS2008-76 NLP2008-106 山崎智宏高藤大介渡邉敏正広島大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
1月22日(木) 午後  NLP(3)
15:30 - 16:30
(15) 15:30-15:50 陰的ルンゲ・クッタ法の回路シミュレーションへの適用 CAS2008-77 NLP2008-107 高倉 豊遠山恭彦白滝 順奥村万規子神奈川工科大
(16) 15:50-16:10 回路シミュレーションのための可変タイムステップ陰的ルンゲ・クッタ法 CAS2008-78 NLP2008-108 遠山恭彦高倉 豊白滝 順奥村万規子神奈川工科大
(17) 16:10-16:30 スイッチング遅れを有する簡素な回路にみられる分岐現象 CAS2008-79 NLP2008-109 麻原寛之高坂拓司大分大
  16:30-16:45 休憩 ( 15分 )
1月22日(木) 午後  NLP(4)
16:45 - 18:05
(18) 16:45-17:05 拡張粘菌同期法によるHindmarsh-Rose CNNの同期 CAS2008-80 NLP2008-110 川添 卓村尾健次宮崎大
(19) 17:05-17:25 CNN-CPGによるCPLDを用いた多足ロボット用サーボモータ制御 CAS2008-81 NLP2008-111 三宅正宏村尾健次後藤駿児宮崎大
(20) 17:25-17:45 歩行時のs-EMGを用いた膝関節角度予測 CAS2008-82 NLP2008-112 奥村 大田村宏樹宮崎大)・田中 寿都城高専)・淡野公一宮崎大
(21) 17:45-18:05 単一加速度センサを用いた感情識別 CAS2008-83 NLP2008-113 福井博章田村宏樹宮崎大)・田中 寿都城高専)・淡野公一宮崎大
1月23日(金) 午前  NLP(5)
09:00 - 10:20
(22) 09:00-09:20 2次元リングアレイ上での最適時間一斉射撃アルゴリズムに関する考察 CAS2008-84 NLP2008-114 久保慶輔梅尾博司阪電通大
(23) 09:20-09:40 エージェント間の連係形成における利益・価格のカオス性変動の解析とその制御 CAS2008-85 NLP2008-115 時永祥三九大)・松野成悟宇部高専
(24) 09:40-10:00 デジタルスパイクニューロンが生成するIRSの相関特性について CAS2008-86 NLP2008-116 平田 昂鳥飼弘幸阪大
(25) 10:00-10:20 カオス理論とLFSR系列に基づいた負相関スペクトル拡散符号のビット誤り率特性 CAS2008-87 NLP2008-117 常田明夫宮崎靖規熊本大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
1月23日(金) 午前  CAS(3)
10:35 - 11:55
(26) 10:35-10:55 Adaptive Decimator for Delta-Sigma Modulated Signals Based on Equivalence of Time Resolution and Quantization Level CAS2008-88 NLP2008-118 Takashi HisakadoKazuma HayashiKyoto Univ.
(27) 10:55-11:15 チョッパースタビライゼーションおよび相関2重サンプリングを用いたデルタ・シグマ変調器の一設計 CAS2008-89 NLP2008-119 兒玉祐樹淡野公一宮内亮一宮崎大)・田中 寿都城高専)・田村宏樹宮崎大
(28) 11:15-11:35 A Note on the Number of Extra Registers in Safe Clocking-Based Register Assignment CAS2008-90 NLP2008-120 Keisuke InoueMineo KanekoTsuyoshi IwagakiJAIST
(29) 11:35-11:55 ラッチ設計を使ったホールドエラー補償手法 CAS2008-91 NLP2008-121 中村祐一NEC)・菅波和幸田形 充NECソフトウェア北陸
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
1月23日(金) 午後  NLP(6)
13:00 - 14:00
(30) 13:00-13:20 一般の凸2次計画問題に対する分割法の大域収束性について CAS2008-92 NLP2008-122 小林裕太高橋規一九大
(31) 13:20-13:40 多重線形関数の値集合の高精度な推定法 CAS2008-93 NLP2008-123 太田有三神戸大
(32) 13:40-14:00 Numerical Verification of Solution of Linear Resistive Circuits CAS2008-94 NLP2008-124 Shin'ichi OishiTetsuo NishiYusuke NakayaWaseda Univ.
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
1月23日(金) 午後  CAS(4)
14:15 - 15:15
(33) 14:15-14:35 行列式が1の3次整数行列の一生成法 CAS2008-95 NLP2008-125 西 哲生大石進一中谷祐介早大
(34) 14:35-14:55 Balanced C4-Sixfoil Decomposition Algorithm of Complete Multi-Graphs CAS2008-96 NLP2008-126 Kazuhiko UshioKinki Univ.
(35) 14:55-15:15 マイニング技法を活用した電子カルテ(IZANAMI)のネットワーク可視化 CAS2008-97 NLP2008-127 串間宗夫荒木賢二鈴木斎王荒木早苗田村宏樹淡野公一外山貴子石塚興彦宮崎大)・池田 満北陸先端大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
1月23日(金) 午後  NLP(7)
15:30 - 16:30
(36) 15:30-15:50 剛体架線・パンタグラフ系にみられる非線形振動現象の解析 CAS2008-98 NLP2008-128 西永一太朗朝長伸吾大分大)・軽部 周大分高専)・高坂拓司大分大
(37) 15:50-16:10 パルス刺激による簡素な非線形振動系の制振 CAS2008-99 NLP2008-129 渡邉大志大分大)・工藤 進大分高専)・朝長伸吾大分大)・軽部 周大分高専)・高坂拓司大分大
(38) 16:10-16:30 ブライスグラフにおける税による最小遅延フローの安定化 CAS2008-100 NLP2008-130 見坂卓郎金澤尚史潮 俊光福本靖彦阪大

問合先と今後の予定
NLP 非線形問題研究会(NLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 久門 尚史(京都大学大学院工学研究科電気工学専攻)
E-: eek-u
TEL 075-383-2248, FAX 075-383-2248
堀尾 喜彦 (東京電機大学 工学部 電気電子工学科)
E-: oeeedeni
TEL 03-5280-3362, FAX 03-5280-3565 
CAS 回路とシステム研究会(CAS)   [今後の予定はこちら]
問合先 羽田野孝裕(NTT)
TEL 046-240-2283
E: aecl 
お知らせ ◎回路とシステム研究専門委員会では、研究会の振興を目的として「回路とシステム研究会学生優秀発表賞」を制定しました。
優秀な学生発表は、3月の総合大会にて表彰いたしますので、ふるって申し込み・投稿をお待ちしております。
受賞資格は回路とシステム研究会でご自身で発表され、かつ予稿にて第一著者のIEICE学生会員(申し込み中でも可)の方です。
詳しくは幹事までお問い合わせください。


Last modified: 2008-11-14 22:27:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CAS研究会のスケジュールに戻る]   /   [NLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会