電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のEA研究会 / 次のEA研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


応用音響研究会(EA) [schedule] [select]
専門委員長 牧野 昭二
副委員長 中迫 昇
幹事 栗栖 清浩, 小野 一穂
幹事補佐 澤田 宏

日時 2006年11月23日(木) 10:00 - 17:15
2006年11月24日(金) 10:00 - 15:00
議題 一般 
会場名 九州大学 大橋キャンパス 5号館 3階 531教室 
住所 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1
交通案内 西鉄天神大牟田線:大橋駅下車 徒歩5分
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/map/
会場世話人
連絡先
九州大学 芸術工学研究院 音響部門 河原一彦 先生
080 3222 9392(開催日に限る), 事前の問い合わせは(092) 553 4550まで
他の共催 ◆日本音響学会 電気音響研究会 共催
お知らせ ◎第1日目研究会終了後懇親会を予定しています.また第2日目研究会終了後,九州大学芸術工学部音響設計学科における学生実験等の見学会を予定しています.

11月23日(木) 午前 
10:00 - 17:15
(1) 10:00-10:30 3DCG空間の提示とヘッドトラッキングを行う実時間三次元音場再生システムの実装方法に関する研究 市原宏一竹谷和紀福留公利九大
(2) 10:30-11:00 インパルス応答の微小時間変化に着目した音場把握に関する一検討 福島 学岡本寿夫日本文理大)・柳川博文千葉工大
(3) 11:00-11:30 知覚特性を考慮したインパルス応答補償法についての一検討 ~ 群遅延操作の弁別閾の周波数依存性について ~ 森勢将雅高橋 徹入野俊夫河原英紀和歌山大
(4) 11:30-12:00 帯域毎の持続時間に基づく音響イベント検出と位置推定への応用 森勢将雅高橋 徹入野俊夫河原英紀和歌山大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(5) 13:00-13:45 [招待講演]頭部伝達関数とイヤホンを用いるバイノーラル技術の進展のために 福留公利九大
  13:45-14:00 休憩 ( 15分 )
(6) 14:00-14:30 Relationism-Firstの規範に基づくハイテク汚染への一提言 ~ VDT周辺の音響とEM間での一原理実験と基礎理論 ~ 藤田幸史尾道大)・太田光雄広島大名誉教授
(7) 14:30-15:00 ファジィ推論の導入による不確実な音環境システムに対する状態推定 生田 顕早川奈津子県立広島大)・太田光雄広島大名誉教授
(8) 15:00-15:30 騒音適応型音楽再生システムのパラメタ設定における聴覚モデルによる評価の応用について 福田俊介森勢将雅河原英紀入野俊夫和歌山大
  15:30-15:45 休憩 ( 15分 )
(9) 15:45-16:15 雑音環境音声信号処理への選択的スペクトル平滑化の応用 秋田昌憲宮本孝生緑川洋一大分大
(10) 16:15-16:45 NAMマイクロホンによるロボット内部雑音抑圧処理を備えた空間的サブトラクションアレー 田中直哉森 康充高谷智哉猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大
(11) 16:45-17:15 Noise Suppression with High Performance using Kalman Filter Nari TanabeTokyo Univ. of Science, Suwa)・Katsuyuki SueyoshiChiba Inst. of Tech)・Toshihiro FurukawaTokyo Univ. of Science)・Hajime KubotaChiba Inst. of Tech)・Hideaki MatsueTokyo Univ. of Science, Suwa)・Shigeo TsujiiInst. of information Security
  - 懇親会
11月24日(金) 午前 
10:00 - 15:00
(12) 10:00-10:30 仮想音源と実音源との比較を用いた水平面内方向定位実験法に関する研究 立石義文福留公利九大
(13) 10:30-11:00 3素子アレイを用いた音源方向推定手法の実用化に関する検討 ~ 測定系及び周囲雑音による推定性能への影響 ~ 高田俊亨長西将弘苣木禎史宇佐川 毅熊本大
(14) 11:00-11:30 モーショナルフィードバックスピーカを用いた定ゲイン出力フィードバックによるアクティブモード制御 宮崎慶太鮫島俊哉九大)・川井順史九州芸工大
(15) 11:30-12:00 スピーカ配置適応型音響再生方式 安藤彰男NHK
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(16) 13:00-13:30 複数サービスを考慮したMIMO-OFDMAシステムのビットレート最大化 田島紀幸古川利博東京理科大
(17) 13:30-14:00 OFDM通信におけるKalman Filterを用いたチャネル特性の推定手法の改善 清水良太東京理科大)・田邊 造諏訪東京理科大)・古川利博東京理科大
(18) 14:00-14:30 ブロック逐次部分空間推定に関する一提案 石岡良友千葉工大)・田邉 造諏訪東京理科大)・古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大
(19) 14:30-15:00 移動音源環境下における逐次信号部分空間推定に基づく目的音抽出 辻 大亮陶山健仁東京電機大
  - 見学会

問合先と今後の予定
EA 応用音響研究会(EA)   [今後の予定はこちら]
問合先 栗栖 清浩(TOA株式会社)
TEL: (0797) 71 9051, FAX: (0797) 71 9122
E-: kurisu_kiyohiro[at]toa.co.jp 


Last modified: 2006-09-26 03:12:38


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EA研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEA研究会 / 次のEA研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会