電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 鈴木 栄幸 (茨城大)
副委員長 鷹岡 亮 (山口大)
幹事 中山 祐貴 (早大), 舟生 日出男 (創価大)
幹事補佐 倉山 めぐみ (函館高専), 大沼 亮 (福島大)

日時 2019年10月19日(土) 09:30 - 16:40
議題 論理的思考力とプログラミング教育/一般 
会場名 琉球大学 50周年記念館 
住所 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
交通案内 モノレール首里駅からタクシーで約20分
http://www.u-ryukyu.ac.jp/access/
会場世話人
連絡先
グローバル教育支援機構 宮國泰史,教育学部 福本晃造
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛 / 協賛:琉球大学
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  09:30-09:40 委員長挨拶 ( 10分 )
10月19日(土)   ET(1)
座長: 大沼 亮(福島大)
09:40 - 11:00
(1) 09:40-10:00 遠隔合同授業支援ツールにおける協調的思考活動支援機能について 横山 誠エスブレイン)・鷹岡 亮中田 充霜川正幸藤上真弓山口大
(2) 10:00-10:20 PBLにおける英語コミュニケーションへの動機づけ 岡田 豪田中孝治金沢工大
(3) 10:20-10:40 議論の場における参加者の表出自動推定のための他者ラベリングと自己申告評価およびセンサによる評価との関係調査 近藤杏祐神戸大)・加藤 浩放送大)・大西鮎美寺田 努神戸大)・葛岡英明東大)・久保田善彦玉川大)・鈴木栄幸茨城大)・塚本昌彦神戸大
(4) 10:40-11:00 双方向債務概念に基づく相互援助規則の導入が大学生のプロジェクト型活動に与える影響 鈴木栄幸茨城大)・舟生日出男創価大)・久保田善彦玉川大)・加藤 浩放送大
  11:00-11:10 休憩 ( 10分 )
10月19日(土)   ET(2)
座長: 舟生 日出男(創価大)
11:10 - 12:10
(5) 11:10-11:30 A Case Study of the Course Recommendation System by using User-based Collaborative Filtering Vivat ThongchotchatMuroran Inst. of Tech.)・Nattagit JiteurtragoolThai-Nichi Inst. of Tech.)・Kazuhiko SatoMuroran Inst. of Tech.
(6) 11:30-11:50 プログラミング演習において実施した反転授業において作成する手書きノートの効果に関する考察 村山 淳金子豊久産技短大
(7) 11:50-12:10 プログラミング教育に求められる教員の資質能力と教員研修に関する考察 中田 充山口大)・森 寛文藤本満士やまぐち総合教育支援センター)・鷹岡 亮葛 崎偉山口大
  12:10-13:40 休憩 ( 90分 )
10月19日(土)   ET(3)
12:10 - 13:40
  - 中学・高校生によるポスター発表(琉球大学 科学教育支援事業)

受付近くのロビーにて,中・高校生のポスター発表がございます。
発表タイトル等は下記URLからご参照ください。
https://www.ieice.org/iss/et/wp-content/uploads/2019/09/10ET3_Poster.pdf
10月19日(土)   ET(4)
座長: 中山 祐貴(早大)
13:40 - 15:00
(8) 13:40-14:00 情報系学部研究室でのプログラミング環境の構築と運用 石畑宏明東京工科大)・矢崎俊志電通大
(9) 14:00-14:20 プログラミング学習支援システムProBE 大塚恒郎玉木久夫明大
(10) 14:20-14:40 カードゲーム戦略を題材とする応用プログラミング演習の運用と実践 ~ クラスタリング手法を用いた戦略コードの傾向分析の検討 ~ 清水 赳富永浩之香川大
(11) 14:40-15:00 プログラミング演習における補助者の机間巡視と個別指導のためのタブレットPC上の支援ツール ~ 中級C演習における受講者側の操作ログの傾向分析の視覚化 ~ 山下賢治富永浩之香川大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
10月19日(土)   ET(5)
座長: 鷹岡 亮(山口大)
15:10 - 16:40
(12) 15:10-15:30 研究プレゼンテーションの診断に基づくロボットセルフレビュー支援 瀬谷遼太郎柏原昭博電通大
(13) 15:30-15:50 シナリオ変更可能なロボット講義システム 菅原歩夢電通大)・後藤充裕NTT)・柏原昭博電通大
(14) 15:50-16:10 多面的・多角的な思考を促す平和教育の実践 ~ 全天球VR教材の活用を通して ~ 片山桂維瀬戸崎典夫長崎大
(15) 16:10-16:30 授業科目間接続型PBLの担当新任教員の経験学習を促すための全天球パノラマVRコンテンツ 田中孝治田中泰司宮田孝富浦 正広金沢工大
  16:30-16:40 会場校挨拶 ( 10分 )

講演時間
一般講演発表 13 分 + 質疑応答 7 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 中山 祐貴 (早稲田大学)
E-: ao 
お知らせ ◎第1著者として、1回の研究会で1件まで発表できます。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は認めておりませんのでご注意ください。
◎原稿は、4ページ、または6ページで作成してください。
◎本研究会の取り組みについては、教育工学研究会ホームページ(http://www.ieice.org/iss/et/)もご覧ください。
◎当日の発表時間は、進捗により多少ずれることがあります。予めお含みおき下さい。


Last modified: 2019-11-11 19:01:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会