電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 高野 誠 (NTT-AT)
副委員長 登内 敏夫 (NEC), 木下 和彦 (阪大)
幹事 増田 健 (NTT), 野村 祐士 (富士通研)
幹事補佐 湯本 一磨 (日立)

日時 2014年 3月13日(木) 09:00 - 17:00
2014年 3月14日(金) 09:00 - 17:50
議題 エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
会場名 イーフ情報プラザ 
住所 〒901-3108 久米島町字比嘉 160-57
交通案内 久米島空港から町営バス約30分,久米アイランドホテルもしくはイーフビーチホテルにて下車
http://www.kanko-kumejima.com/members/%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%95%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b6/
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月13日(木) 午前  セッション1
座長: 植田 和憲 (高知工科大)
09:00 - 10:00
(1) 09:00-09:20 エンド端末間パスにおける複数区間の利用可能帯域計測手法の実験的評価 ICM2013-50 森本 顕長谷川 剛村田正幸阪大
(2) 09:20-09:40 Improving estimation accuracy of packet loss ratio on overlay networks based on spatial composition ICM2013-51 Yusuke IijimaGo HasegawaMasayuki MurataOsaka Univ.
(3) 09:40-10:00 仮想デスクトップ環境におけるネットワーク品質ならびにライブマイグレーションの影響評価 ICM2013-52 小松良平・○栗林伸一成蹊大
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
3月13日(木) 午前  セッション2
座長: 奥村 誠二 (伊藤忠テクノソリューションズ)
10:10 - 11:30
(4) 10:10-10:30 ハイブリッドクラウド環境におけるWebサービスの性能評価 ICM2013-53 池田泰明岩瀬達彦山本恭弘岡野真一NTT西日本
(5) 10:30-10:50 アクセス地点によりネットワーク遅延時間が異なるクラウド環境における最適資源割当て方式 ICM2013-54 眞籠祐太朗・○栗林伸一成蹊大
(6) 10:50-11:10 生物ネットワークの縮退特性を応用したデータセンタの仮想マシン配置における頑強な冗長化手法 ICM2013-55 添 亮太長谷川 剛村田正幸阪大
(7) 11:10-11:30 コンポーネント連結に基づくサービスプラットフォームにおける計算機/ネットワーク資源を同時に考慮した負荷分散手法 ICM2013-56 井上優也廣田悠介木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三渡辺 尚阪大
  11:30-11:40 休憩 ( 10分 )
3月13日(木) 午前  セッション3
座長: 佐々木 紀之(NTTコムウェア) 資料DL http://www.ieice.org/~icm/jpn/activities/icm-30-special.html
11:40 - 12:30
(8) 11:40-12:00 [特別講演]TM Forum Digital Disruption 2013報告 ICM2013-57 小山 崇見学宏修大和浩樹瀬社家 光NTTコムウェア
(9) 12:00-12:30 [招待講演]TMFビジネスプロセスフレームワーク(eTOM)活用法トレーニング ICM2013-58 蒋 海鷹NTTコムウェア
  12:30-13:30 昼休み ( 60分 )
3月13日(木) 午後  ICMワークショップ
座長: 登内 敏夫 (NEC)
13:30 - 17:00
(10) 13:30-17:00 **********************************************************
2014年情報通信マネージメントワークショップ

テーマ: ビッグデータとオープンデータがもたらす可能性とその管理
詳細は以下をご覧下さい。
http://www.ieice.org/~icm/jpn/icmws/icmws201403.html
**********************************************************
3月14日(金) 午前  セッション4
座長: 吉原 貴仁(KDDI研)
09:00 - 10:20
(11) 09:00-09:20 P2Pモデルにおけるネットワーク距離を考慮したクラスタリング機構の試作 ICM2013-59 山本真吾植田和憲高知工科大
(12) 09:20-09:40 ROD無線LANにおける消費電力削減のための代理応答AP選択手法 ICM2013-60 鶴田 洸野林大起福田 豊池永全志九工大
(13) 09:40-10:00 Cassandraを用いたパケットキャプチャデータ検索システムの実装に関する一考察 ICM2013-61 村松宏基青山晋也藤部秀樹中村 修榮 浩三NTTドコモ
(14) 10:00-10:20 ログメッセージの出力パターンを用いた障害分析手法の試作と評価 ICM2013-62 外川遼介八木真二郎NEC
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
3月14日(金) 午前  セッション5
座長: 野村 祐士 (富士通研)
10:30 - 11:50
(15) 10:30-10:50 SDNの段階的導入における実装モデルの提案と、問題点の解決手法 ICM2013-63 中山裕貴ボスコ・テクノロジーズ)・森 達郎上野 哲渡邊儀秀NTTコミュニケーションズ)・林 經正ボスコ・テクノロジーズ
(16) 10:50-11:10 OpenFlow環境における仮想ネットワーク毎の疎通・経路確認方式の検討 ICM2013-64 大塚純一近江貴晴大山誠治長谷川紗弓山田洋一NTTコムウェア
(17) 11:10-11:30 OpenFlowスイッチのテーブル管理とアーキテクチャの考察 ICM2013-65 上野 哲森 達郎渡邊儀秀NTTコミュニケーションズ
(18) 11:30-11:50 ネットワーク省電力化のためのOpenFlowを用いたフローベース経路制御手法 ICM2013-66 織田翔太野林大起福田 豊池永全志九工大
  11:50-13:00 昼休み ( 70分 )
3月14日(金) 午後  セッション6
座長: 林 經正(ボスコ・テクノロジーズ)
13:00 - 14:20
(19) 13:00-13:20 [奨励講演]ネットワーク仮想化環境を統合管理するための共通データモデルの一検討 ICM2013-67 西尾 学武 直樹NTT
(20) 13:20-13:40 仮想ブロックストレージにおけるI/O負荷ベーススケジューリングに関する一考察 ICM2013-68 関谷瑠紀久原理央森 澄人加藤 稔今崎充智NTTコムウェア
(21) 13:40-14:00 OSS開発におけるスケールアウト抑制のためのデータ保持方式の提案 ICM2013-69 岸川雄紀NTTドコモ)・秋山晋作ドコモ・テクノロジ)・上野史紀嶋田静子中村 修榮 浩三NTTドコモ
(22) 14:00-14:20 [奨励講演]グラフデータベースを用いた網構成管理機能の分散化手法の提案 ICM2013-70 松野 淳宮澤雅典林 通秋KDDI研
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
3月14日(金) 午後  セッション7
座長: 木下 和彦(大阪大)
14:30 - 15:30
(23) 14:30-14:50 L2ネットワークにおける柔軟な帯域管理方法 ICM2013-71 野末晴久棚瀬章文NTT
(24) 14:50-15:10 CCNの導入がISPの収益に与える影響の分析 ICM2013-72 上山憲昭阪大/NTT
(25) 15:10-15:30 [奨励講演]コンテンツの需要の予測を利用したキャッシング法 ICM2013-73 中山裕貴阿多信吾岡 育生阪市大
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
3月14日(金) 午後  セッション8
座長: 木下 和彦(大阪大)
15:40 - 16:40
(26) 15:40-16:00 M2MのC-plane輻輳の課題に関する検討 ICM2013-74 白井嵩士可児島 建NTT
(27) 16:00-16:20 ネットワーク機能仮想化によるEPCシグナリングの輻輳抑制手法の提案 ICM2013-75 臼井 健野一色裕人橋本健志北辻佳憲KDDI研
(28) 16:20-16:40 [奨励講演]サーバ仮想化環境における物理サーバ電源制御手法の提案 ICM2013-76 中里彦俊岡崎勝彦NTT
  16:40-16:50 休憩 ( 10分 )
3月14日(金) 午後  セッション9
座長: 奥村 誠二 (伊藤忠テクノソリューションズ)
16:50 - 17:50
(29) 16:50-17:10 広大な「マップ」を活用したクラウド監視システムの実運用への適用 ICM2013-79 谷沢智史e-ambition)・中川晋吾金指文明carabiner)・西村一彦e-ambition)・長久 勝横山重俊吉岡信和NII
(30) 17:10-17:30 共通手順推定による運用手順の標準化支援 ICM2013-78 麻岡正洋・○柳瀬隆史小野寺佐知子難波 功富士通研
(31) 17:30-17:50 システム操作手順フローの生成手法 ICM2013-77 渡邊 英井戸上 彰宇都宮栄二KDDI研

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 20 分
招待講演発表 30 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 


Last modified: 2014-03-14 09:15:56


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会