電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 出羽 達也
副委員長 宇津呂 武仁, 中野 幹生
幹事 福本 淳一, 神崎 享子
幹事補佐 伊藤 敏彦, 加藤 直人

日時 2006年 2月 2日(木) 13:00 - 17:15
2006年 2月 3日(金) 09:30 - 17:00
議題 テキスト情報の要約と掲示に関わる自然言語処理シンポジウムおよび一般 
会場名 ラフォーレ琵琶湖 
住所 〒524-0101 滋賀県守山市今浜町十軒家2876
交通案内 http://www.laforet.co.jp/lfhotels/biw/index.html
会場世話人
連絡先
立命館大学 福本淳一

2月2日(木) 午後  質問応答・要約
13:00 - 15:00
(1) 13:00-13:30 後続質問における参照の解決を用いたIADタスクの質問への回答 松田 恩福本淳一立命館大
(2) 13:30-14:00 Why型質問応答のための回答選択手法 諸岡 心福本淳一立命館大
(3) 14:00-14:30 Agglomerative Clustering Based Approach to Sentence Ordering for Multi-document Summarization Danushka BollegalaNaoaki OkazakiMitsuru IshizukaUniv. of Tokyo
(4) 14:30-15:00 BEを用いた質問応答技術の自動評価 前原英幸福本淳一立命館大)・神門典子NII
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
2月2日(木) 午後  一般
15:15 - 17:15
(1) 15:15-15:45 背景記事集合の類似度に基づく新聞記事のクラスタリング 広瀬千夏岩沼宏治鍋島英知山梨大
(2) 15:45-16:15 SVMを用いたコンピュータウイルス情報の抽出 鈴木雄策山村 毅愛知県立大
(3) 16:15-16:45 学生レポート採点支援のためのレポート類似部分発見手法 太田貴久増山 繁豊橋技科大
(4) 16:45-17:15 デジタルペン文字認識システムを用いた在宅看護支援における誤認識自動訂正機能 澤田 剛林 雄二郎田村哲嗣速水 悟岐阜大
2月3日(金) 午前  WWW
09:30 - 11:30
(1) 09:30-10:00 見出しの階層関係を利用したWWW検索精度の改善 西口直樹松本章代小西達裕静岡大)・高木 朗CSKシステムズ)・小山照夫NII)・三宅芳雄中京大)・伊東幸宏静岡大
(2) 10:00-10:30 文構造における検索キーワード間の修飾-被修飾関係に基づくWWW検索精度の向上 松本章代小西達裕静岡大)・高木 朗CSKシステムズ)・小山照夫NII)・三宅芳雄中京大)・伊東幸宏静岡大
(3) 10:30-11:00 Weblog内のリンクに対する感情推定の試み ~ Webコミュニティ発見法改善の基礎として ~ 松田耕史山本悠二酒井浩之増山 繁豊橋技科大
(4) 11:00-11:30 専門語彙テンプレートの自動生成とWebページの自動統合 須田真行岩沼宏治鍋島英知山梨大
  11:30-12:45 昼食 ( 75分 )
2月3日(金) 午後  情報可視化
12:45 - 15:15
(1) 12:45-13:15 動向情報テキストに基づく統計グラフ描画方式の検討 松下光範NTT)・加藤恒昭東大
(2) 13:15-13:45 MuSTデータを利用した自動動向調査システムの開発 村田真樹NICT)・一井康二広島大)・馬 青龍谷大/NICT)・白土 保NICT)・金丸敏幸京大/NICT)・塚脇幸代井佐原 均NICT
(3) 13:45-14:15 相対表現からの統計情報の導出と提示 今岡裕貴桝井文人河合敦夫井須尚紀三重大
(4) 14:15-14:45 語の吸引力に基づく主題遷移解析と視覚化 赤石美奈東大)・佐藤 健NII)・堀 浩一東大
(5) 14:45-15:15 法律条文の自動図解化に向けての研究 石塚隆男亜細亜大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
2月3日(金) 午後  概念・意味
15:30 - 17:00
(1) 15:30-16:00 多義語知識ベースと関連度を用いた多義語の意味理解方式 辰己直彦渡部広一河岡 司同志社大
(2) 16:00-16:30 電子化辞書/辞典を用いた言葉に関する意味知識の自動抽出方法 岡田信哉渡部広一河岡 司同志社大
(3) 16:30-17:00 属性の再帰的拡張使用に基づく概念ベースの自己精錬手法 村上淳哉渡部広一河岡 司同志社大

問合先と今後の予定
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先 立命館大学情報理工学部メディア情報学科 福本淳一
E: diai 


Last modified: 2005-12-26 16:13:58


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会