お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSWIM研究会 / 次のSWIM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアインタプライズモデリング研究会(SWIM) [schedule] [select]
専門委員長 松田 順 (綜研テクニックス)
副委員長 宮西 洋太郎 (宮城大)
幹事 堀米 明 (NTTコミュニケーションズ), 林 章浩 (アイ・ビー・エム・ビジネスコンサルティングサービス)
幹事補佐 坪井 公載 (内田洋行), 小林 允

日時 2008年 3月14日(金) 13:00 - 18:10
議題 Web2.0時代におけるプロジェクトマネジメント 
会場名 機械振興会館 
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月14日(金) 午後 
13:00 - 18:10
  13:00-13:05 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 13:05-13:30 世論形成のモデル化とシミュレーション ~ Web2.0的双方向世論調査システムの有効性 ~ SWIM2007-23 宮西洋太郎宮城大
(2) 13:30-13:55 SOAモデル駆動開発に対応する人材育成とソフトウェア生産技術の確立を目指して ~ 地域情報産業活性化のための岐阜県のチャレンジ ~ SWIM2007-24 戸田孝一郎戦略スタッフ・サービス)・家田信吾NTT西日本
(3) 13:55-14:20 MDAにおける整合性の検証と管理 SWIM2007-25 井上貴至新川芳行龍谷大
(4) 14:20-14:45 計算機リソース群の効率性を監視するための指標 SWIM2007-26 加藤千昭屋代 聡日立
  14:45-14:50 小休憩 ( 5分 )
(5) 14:50-15:50 [基調講演]次世代Webにおけるマッシュアップの意味とビジネスモデル SWIM2007-27 野村直之メタデータ
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
(6) 16:00-16:25 事業戦略からのビジネス要求を情報システムに落とし込むための階層的な要求定義方法論 SWIM2007-28 渡辺和宣マネジメント&ERPインテグレーション
(7) 16:25-16:50 クラス設計における多対多関連の検出とその回避方法 SWIM2007-29 井上悠一橋浦弘明古宮誠一芝浦工大
(8) 16:50-17:15 不確定要素を含む問題領域からの要求抽出とモデル化 SWIM2007-30 重光 真新川芳行龍谷大
(9) 17:15-17:40 A function Framework of SOA Synchronizing Business Model and IT SWIM2007-31 Andi IskandarMasao J. MatsumotoKyushu Sangyo Univ.
(10) 17:40-18:05 ビジネスプロセスモデルの表現にBPMNを用いたMDA開発の研究 SWIM2007-32 小野勇介片岡信弘東海大
  18:05-18:10 挨拶 ( 5分 )

問合先と今後の予定
SWIM ソフトウェアインタプライズモデリング研究会(SWIM)   [今後の予定はこちら]
問合先 家田 信吾
E-:nie

坪井 公載
E-:rvdiat 


Last modified: 2008-04-02 00:21:59


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SWIM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSWIM研究会 / 次のSWIM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会