お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 川端 豪 (関西学院大)
副委員長 北岡 教英 (名大)
幹事 戸田 智基 (奈良先端大), 岩野 公司 (東京都市大)
幹事補佐 大庭 隆伸 (NTT), 能勢 隆 (東北大)

日時 2014年11月13日(木) 13:45 - 17:45
2014年11月14日(金) 09:00 - 14:15
議題 合成,韻律,生成,音声一般 
会場名 九州大学 筑紫キャンパス 
住所 〒816-8580 福岡県春日市春日公園 6-1
交通案内 http://www.kyushu-u.ac.jp/access/index.php#05
他の共催 ◆日本音響学会 音声研究会共催,IEEE Signal Processing Society Japan Chapter 協賛
お知らせ ◎1日目終了後,懇親会を予定
◎音声研究会研究奨励賞対象者の発表は(2)(3)(8)(11)(12)(13)(14)(15)です。
◎会場世話人
・鏑木時彦(九州大学)
◎問合先:
・能勢 隆 (東北大学) tnose [at] m.tohoku.ac.jp
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月13日(木) 午後  オーガナイズドセッション「文脈や状況に合った発声を実現する音声合成技術および周辺技術」1 (一般講演)
13:45 - 15:00
(1) 13:45-14:10 HMMに基づく対話音声合成におけるパラ言語情報制御手法の比較 SP2014-90 森 大毅高橋俊介永田智洋宇都宮大
(2) 14:10-14:35 対話音声合成を目的とした発話中の笑い声の変動要因の検討 SP2014-91 永田智洋森 大毅宇都宮大
(3) 14:35-15:00 HMMに基づく感情音声合成のための共有感情付与モデル SP2014-92 大谷大和那須 悠森中 亮田村正統森田眞弘赤嶺政巳東芝
  - フリーディスカッション( 10分 )
  15:00-15:05 休憩 ( 5分 )
11月13日(木) 午後  オーガナイズドセッション「文脈や状況に合った発声を実現する音声合成技術および周辺技術」2 (招待講演)
15:15 - 16:15
(4) 15:15-16:15 [招待講演]会話向け音声合成システム SP2014-93 小林哲則岩田和彦早大
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
11月13日(木) 午後  オーガナイズドセッション「文脈や状況に合った発声を実現する音声合成技術および周辺技術」3
16:30 - 17:45
(5) 16:30-16:55 Kinectによる顔特徴量を利用した合成音声の感情表現・発話様式の直観的制御の検討 SP2014-94 畢 煜・○能勢 隆伊藤彰則東北大
(6) 16:55-17:20 表現豊かなテキストからの音声合成を目指した宣伝文からの強調アクセント句の予測 SP2014-95 中嶋秀治水野秀之阪内澄宇NTT
(7) 17:20-17:45 アクセント型の一般化による感情音声合成の任意長単語への拡張 SP2014-96 青山裕子博士.com)・○森山 剛東京工芸大
  - フリーディスカッション( 10分 )
11月14日(金) 午前  合成・生成
09:00 - 10:15
(8) 09:00-09:25 ソース・フィルタ型音声合成における有声音の位相が聴覚野の神経細胞応答に与える影響について ~ 覚醒ネコ第一次聴覚野の神経細胞応答に基づく検討 ~ SP2014-97 森勢将雅大久保快走地本宗平佐藤 悠小澤賢司山梨大
(9) 09:25-09:50 感度関数を用いた音声スペクトルからの声道形状推定に関する検討 SP2014-98 鏑木時彦九大
(10) 09:50-10:15 声道音響管マッピングインタフェースの声道形状逆推定への応用 SP2014-99 緒方公一児玉 揺早川智博熊本大
  - フリーディスカッション( 10分 )
  10:15-10:20 休憩 ( 5分 )
11月14日(金) 午前  適応・変換
10:30 - 11:45
(11) 10:30-10:55 統計的音声-調音マッピングにおける声質変換を利用した話者正規化の検討 SP2014-100 内田秀継齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大
(12) 10:55-11:20 重回帰混合正規分布モデルに基づく声質制御における制御パラメータの設計 SP2014-101 久保和隆小林和弘戸田智基Graham NeubigSakriani Sakti中村 哲奈良先端大
(13) 11:20-11:45 雑音環境下における明瞭性に着目した非可聴つぶやき強調処理における目標音声の評価 SP2014-102 鶴田さくら田中 宏戸田智基Graham NeubigSakriani sakti中村 哲奈良先端大
  - フリーディスカッション( 10分 )
  11:45-12:50 昼食 ( 65分 )
11月14日(金) 午後  分析・計測
13:00 - 14:15
(14) 13:00-13:25 聴覚印象による母音連想色の感性的分析 ~ 音声の持つ感性情報のマルチモーダルな表現を目指して ~ SP2014-103 渡部芳奈子グリーンバーグ陽子匂坂芳典早大
(15) 13:25-13:50 琉球古典音楽(野村流)の小掛と大掛による歌唱音声の音響分析 SP2014-104 上江洲安史鏑木時彦九大
(16) 13:50-14:15 磁気センサシステムによる発話観測における調音空間の計測 SP2014-105 北村達也甲南大)・能田由紀子ATR-Promotions)・吐師道子県立広島大)・波多野博顕ATR/神戸大
  - フリーディスカッション( 10分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2014-09-22 23:12:37


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会