電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 木村 光宏 (法政大)
副委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 田村 信幸 (法政大), マラット ザニケエフ (九工大)

日時 2013年12月13日(金) 13:20 - 15:25
議題 信頼性国際規格,保全性,信頼性一般 
会場名 機械振興会館 
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
交通案内 営団地下鉄日比谷線神谷町駅下車徒歩10分 他
https://www.ieice.org/jpn/about/syozai.html
会場世話人
連絡先
安里 彰(富士通)
03-3433-6691(会場)
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter共催 日本信頼性学会協賛

12月13日(金) 午後 
13:20 - 15:25
(1) 13:20-13:45 コピュラによる2素子並列システムの従属故障モデルに関する一考察 影山孝夫太田修平木村光宏法政大
(2) 13:45-14:10 共喰い可能なデュアルシステム及び優先補給を用いた2段階整備システムに関する考察 會津陽介弓削哲史柳 繁防衛大
(3) 14:10-14:35 Fine-Grained Software Reliability Estimation Using Software Testing Inputs Hiroyuki OkamuraYuki TakekoshiTadashi DohiHiroshima Univ.
(4) 14:35-15:00 A Comparative Study of NHPP-based Software Reliability Models with Exponentiated Distributions Xiao XiaoTokyo Metropolitan Univ.)・Tadashi DohiHiroshima Univ.
(5) 15:00-15:25 船舶の推進システムのアンアベイラビリティについて 岡崎忠胤東京海洋大)・三友信夫日大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 安里 彰(富士通)
E-: a 


Last modified: 2013-10-25 19:55:29


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会