電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のEST研究会 / 次のEST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


エレクトロニクスシミュレーション研究会(EST) [schedule] [select]
専門委員長 木村 秀明 (NTT)
副委員長 平田 晃正 (名工大), 大貫 進一郎 (日大)
幹事 辻 寧英 (室蘭工大), 大寺 康夫 (東北大)
幹事補佐 毛塚 敦 (電子航法研), 田口 健治 (北見工大)

日時 2016年 9月 7日(水) 09:20 - 16:50
2016年 9月 8日(木) 09:10 - 17:00
2016年 9月 9日(金) 09:10 - 16:32
議題 電磁界数値計算技術、一般 (電気学会;電磁界解析の高精度化技術調査専門委員会/回転機電磁界解析に関する高度先端技術調査専門委員会連催) 
会場名 石垣市商工会館 
住所 〒907-0013 沖縄県石垣市浜崎町1丁目1-4
交通案内 http://www.i-syokokai.or.jp/about/access.html
会場世話人
連絡先
辻 寧英
0980-82-2672(会場)

9月7日(水) 午前  静止器/回転機 磁性関連
座長: 北尾純士(三菱電機)
09:20 - 10:50
(1) 09:20-09:38 無方向性電磁鋼板の打抜加工部磁気挙動とモデル化
○開道力,藤原耕二,高橋康人(同志社大学),松尾哲司(京都大学),宮田健治,田子一農,中野智仁(日立製作所)
(2) 09:38-09:56 磁性メッキ線の均質化有限要素解析
○藤田祥伍,五十嵐一(北海道大学)
(3) 09:56-10:14 無方向性電磁鋼板の異常渦電流損失分離方法に関する一考察
○成田一行,山田隆,佐野 広征(JSOL)
(4) 10:14-10:32 複素透磁率を用いた積分方程式:導体細線の解析
○比留間真悟,藤田祥伍,五十嵐 一(北海道大学)
(5) 10:32-10:50 加工歪の影響を考慮した材料モデリングの検討(その3)
○佐野広征,成田一行,瀬々英里,山田隆(JSOL)
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
9月7日(水) 午前  静止器/回転機 ヒステリシス
座長: 武居 周(宮崎大学)
11:00 - 12:30
(6) 11:00-11:18 環状試料を用いた磁気特性測定における実効磁路長に関する検討
○中井紀裕,中村晃,高橋康人,藤原耕二(同志社大学)
(7) 11:18-11:36 ヒステリシス特性を考慮した埋込磁石同期モータの有限要素磁界解析
○北尾 純士(三菱電機・同志社大学),高橋康人,藤原耕二(同志社大学),阿波根 明(サイエンスソリューションズ)松尾 哲司(京都大学),大穀 晃裕(三菱電機)
(8) 11:36-11:54 後処理法によるヒステリシス特性を考慮した電流電圧特性の補正方法の検討
○阪下真,西和哉,伊藤俊平,美舩健,松尾哲司(京都大学)
(9) 11:54-12:12 等方性ベクトルヒステリシスベンチマーク用田形コアモデルの試作に向けた検討
○蓑輪直紀,高橋康人,藤原耕二(同志社大学)
(10) 12:12-12:30 スカラヒステリシスのモデリングにおけるプレイモデルと自由エネルギーモデルの比較
○峯宜孝,江口勇人,高 炎輝,堂薗 浩,村松和弘(佐賀大学)
  12:30-13:40 昼食 ( 70分 )
9月7日(水) 午後  静止器/回転機 高速化1
座長: 仙波和樹(JSOL)
13:40 - 15:10
(11) 13:40-13:58 最適計算のための可変的前処理付き共役勾配法の高速化の検討
○渡辺浩太,真壁 司(室蘭工業大学)
(12) 13:58-14:16 反復型領域分割法に基づく高周波電磁界解析のインターフェース問題の収束性改善
○武居 周(宮崎大学),杉本振一郎(諏訪東京理科大学,荻野正雄(名古屋大学)
(13) 14:16-14:34 階層型領域分割法を用いた回転機の解析
○杉本振一郎(諏訪東京理科大学)
(14) 14:34-14:52 電磁界解析の高精度化に残された課題 -過渡定常解の収束改善法の見直し-
○徳増 正,松下真琴(東芝)髙橋康人,藤原耕二(同志社大学)
若尾真治(早稲田大学)
(15) 14:52-15:10 電磁界と回路の連成方程式におけるシュール補元を前処理に用いた反復解法の検討
○三輪 將彦,仙波 和樹,佐野 広征,山田 隆(JSOL)
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
9月7日(水) 午後  静止器/回転機 並列・高速化2
座長: 杉本振一郎(諏訪東京理科大学)
15:20 - 16:50
(16) 15:20-15:38 過去の求解プロセスを利用した誤差修正法による3次元渦電流過渡解析の高速化
○河口 慈,美舩 健,松尾哲司(京都大学),岩下武史(北海道大学)
(17) 15:38-15:56 回路方程式と連成した磁場解析における反復ソルバの並列化に関する検討
○清水 香壱,古屋 篤史,藤崎 淳,安宅 正,田中 智大,上原 裕二(富士通), 大島 弘敬(富士通研究所)
(18) 15:56-16:14 回転機のための三角柱辺要素を用いた並列電磁界解析
河瀬 順洋,山口 忠,○長田 俊一(岐阜大学)
(19) 16:14-16:32 電磁界有限要素解析における高並列処理速度の改善に関する検討
○仙波 和樹(JSOL)髙橋 康人(同志社大学),片桐 弘雄,浅沼 達也,三輪 將彦,佐野 広征,山田 隆(JSOL)
(20) 16:32-16:50 均質化とモデル縮約法を用いたマルチスケール問題の時間領域有限要素解析
○佐藤佑樹,五十嵐 一(北海道大学)
9月8日(木) 午前  静止器/回転機 理論
座長: 岡本吉史(法政大学)
09:10 - 10:40
(21) 09:10-09:28 電磁界解析における低減自由度高次辺要素の提案
○阿波根明,亀有昭久(サイエンスソリューションズ)
(22) 09:28-09:46 局所展開辺要素法を用いた磁界解析に関する基礎的検討
○若山裕綺,内山卓也,若尾真治(早稲田大学),徳増正(東芝),高橋康人, 藤原耕二(同志社大学)
(23) 09:46-10:04 電磁界解析における高次ベクトル要素の部分空間と基底関数について(その7)
○羽野光夫,岩崎圭佑,古田隆貴,堀田昌志(山口大学)
(24) 10:04-10:22 MINRES-like_CS 法を用いた高周波電磁界有限要素解析の収束性評価
○荻野正雄(名古屋大学),武居 周(宮崎大学),杉本振一郎(諏訪東京理科大学
(25) 10:22-10:40 時空間有限要素法における時間積分精度に関する検討
○Zheng Kuo,新見淳一,美舩 健,松尾哲司(京都大学)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
9月8日(木) 午前  静止器/回転機 最適化1
座長: 阿波根明(サイエンスソリューションズ)
10:50 - 12:20
(26) 10:50-11:08 静磁場の領域分割解析におけるコース問題の解法について
○金山 寛(日本女子大学),荻野正雄(名古屋大学),杉本振一郎(諏訪東京理科大学),淀薫(インサイト),鄭 宏杰(東洋大学)
(27) 11:08-11:26 空孔感度を導入したレベルセット法による磁気シールドのトポロジー最適化に関する検討
○星野玲央奈,神谷剛志,若尾真治(早稲田大学),岡本吉史(法政大学)
(28) 11:26-11:44 MMA によるレベルセット関数に基づく磁界問題トポロジー最適化手法の収束特性改善
○岡本吉史,増田 弘(法政大学),星野玲央奈,若尾真治(早稲田大学)
(29) 11:44-12:02 アンテナ用小型誘電体レンズの3次元トポロジー最適化
○伊藤 桂一(秋田工業高等専門学校),五十嵐 一(北海道大学)
(30) 12:02-12:20 三次元磁界―熱連成FEM解析と二次元レベルセット法の併用による誘導加熱ロールの一次側鉄芯設計に関する検討
○廣野数樹,星野玲央奈,若尾真治(早稲田大学),岡本吉史(法政大学),田 宇鎭(東園 ROLL)
  12:20-13:30 昼食 ( 70分 )
9月8日(木) 午後  EST1
座長: 大貫 進一郎(日大)
13:30 - 14:45
(31) 13:30-13:55 VHF帯空港面電磁界解析手法に対する建物及び地形条件の影響 加藤 涼須賀良介青学大)・毛塚 敦電子航法研)・橋本 修青学大
(32) 13:55-14:20 チルトビームを有する積層ループアンテナの放射特性に関する解析的検討 金井一輝須賀良介青学大)・上野伴希オフィスウワノ)・橋本 修青学大
(33) 14:20-14:45 GPUで高速化したFDTDシミュレーションによる地中レーダを用いた鉄筋コンクリート下の異常箇所検出特性 園田 潤仙台高専)・昆 太一NTT-AT)・佐藤源之東北大
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
9月8日(木) 午後  静止器/回転機 応用
座長: 貝森弘行(サイエンスソリューションズ)
14:55 - 16:07
(34) 14:55-15:13 IH調理器によるカーボン製円盤の加熱特性計算に関する検討
○東岡祐示,田中祥吾,米津大吾(関西大学),大久保博,西尾博文,東城哲朗(東洋炭素),上関俊也(オーシン)
(35) 15:13-15:31 漏洩電磁界の低減を目的とした有限要素法を用いたワイヤレス給電システムのモデル化
○山本輝,菅原賢悟(近畿大学)
(36) 15:31-15:49 大形三相変圧器におけるステップラップ接合による鉄損変化に関する検討
山崎 克巳,○向山 弘文(千葉工業大学),栗田 直幸,西水 亮(日立製作所)
(37) 15:49-16:07 方向性電磁鋼板を用いた三相三脚変圧器の三次元渦電流解析
河瀬順洋,山口忠,○村下将也(岐阜大学)
  16:07-16:10 休憩 ( 3分 )
9月8日(木) 午後  EST2
座長: 須賀 良介(青学大)
16:10 - 17:00
(38) 16:10-16:35 ダイポールアンテナによる体内温度上昇の熱時定数 森本涼太小寺紗千子平田晃正名工大)・井山隆弘大西輝夫NTTドコモ
(39) 16:35-17:00 Numerical Discussion on Averaging Area of Incident Power Density as Metric of Human Safety for Electromagnetic Exposure Yota HashimotoRyota MorimotoShinta AonumaAkimasa HirataNIT
9月9日(金) 午前  EST3
座長: 毛塚 敦 (電子航法研)
09:10 - 10:00
(40) 09:10-09:35 10GHz帯におけるラット頭部局所ばく露の温度上昇解析 小寺紗千子森本涼太平田晃正名工大)・増田 宏久留米大)・有馬卓司東京農工大)・渡辺聡一NICT
(41) 09:35-10:00 マイクロストリップコンポジット共振器を用いた有極型帯域通過フィルタの設計と阻止域特性の改善 馬 哲旺松清数也大平昌敬埼玉大)・陳 春平穴田哲夫神奈川大
  10:00-10:01 休憩 ( 1分 )
9月9日(金) 午後  EST4
座長: 江口 真史 (千歳科技大)
10:01 - 11:16
(42) 10:01-10:26 ADE-FDTD法による円柱状利得媒質の電磁界解析 上村凌平大貫進一郎日大
(43) 10:26-10:51 光導波路・共振器の固有モード電磁界と放射界について 大寺康夫東北大
(44) 10:51-11:16 Fundamental法を用いた陰的FDTD法とビーム伝搬法の簡略化 柴山 純山内潤治中野久松法政大
  11:16-11:26 休憩 ( 10分 )
9月9日(金) 午前  静止器/回転機 回転機
座長: 三須大輔(東芝)
11:26 - 12:20
(45) 11:26-11:44 三次元有限要素法による小形高出力モータの熱・電圧・磁界の連成解析
河瀬順洋,山口 忠,○佐竹慶紀(岐阜大学)
(46) 11:44-12:02 電気学会集中巻埋込磁石同期モータモデルの特性評価に関する基礎検討
○三和 大輝,習田祐作,髙橋康人,藤原耕二(同志社大学)
(47) 12:02-12:20 回転機の始動特性解析のための運動方程式を考慮した時間領域並列有限要素法の開発
○髙橋康人(同志社大学),北尾純士(同志社大学・三菱電機),藤原耕二(同志社大学),岩下武史(北海道大学),中島 浩(京都大学)
  12:20-13:30 昼食 ( 70分 )
9月9日(金) 午後  EST5
座長: 辻 寧英 (室蘭工大)
13:30 - 15:10
(48) 13:30-13:55 周波数領域有限要素法を用いた共振器電磁界解析に対する前処理付き線形方程式解法の性能 ~ 各種前処理の特性と並列化による高速化 ~ 圓谷友紀福岡大)・岡本吉史法政大
(49) 13:55-14:20 C1連続条件を用いた1次元Yee格子細分化に関する検討 松尾哲司京大
(50) 14:20-14:45 時空間有限積分法におけるサブグリッド接続部からの非物理的な反射の低減に関する検討 坂田優樹美舩 健松尾哲司京大
(51) 14:45-15:10 居眠り運転防止装置における人体構造と心電位の関係 石塚舜典菅原賢悟岡田志麻近畿大
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
9月9日(金) 午後  静止器/回転機 最適化2
座長: 村松和弘(佐賀大学)
15:20 - 16:32
(52) 15:20-15:38 機械学習を援用した電気機器の最適化に関する検討
○佐藤孝洋,藤田真史(東芝)
(53) 15:38-15:56 可変デザイン領域を用いたOn-Off法による回転機のトポロジー最適化
○日高勇気(三菱電機・北海道大学),五十嵐一(北海道大学)
(54) 15:56-16:14 基底関数を用いた回転機のトポロジー最適化
○佐々木秀徳,五十嵐 一(北海道大学)
(55) 16:14-16:32 IPM モータにおけるキャリア損低減のための形状最適化に関する検討
○山崎克巳,富樫優介(千葉工業大学),池見 健,大木俊治,溝上良一(日産自動車)

講演時間
一般講演(EST)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(静止器/回転機)発表 13 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
EST エレクトロニクスシミュレーション研究会(EST)   [今後の予定はこちら]
問合先 辻 寧英(室蘭工大)
est- 


Last modified: 2016-08-20 09:13:47


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEST研究会 / 次のEST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会