お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 栗山 博 (NEC)
副委員長 岩下 克 (高知工科大), 山村 哲哉 (NTT)
幹事 高野 誠 (NTT西日本), 登内 敏夫 (NEC)
幹事補佐 瀬社家 光 (NTT)

日時 2008年 5月 8日(木) 12:20 - 17:40
2008年 5月 9日(金) 09:30 - 15:15
議題 サービス管理、ビジネス管理、料金管理、および一般 
会場名 鹿児島県民交流センタ 
住所 〒892-0816 鹿児島市山下町14-50
交通案内 JR「鹿児島駅」下車 徒歩10分
http://www.kagoshima-pac.jp/inetapp/imain/inet/welcome?gengokbn=J&CLIENT_ENCODING=Shift_JIS
他の共催 ◆情報処理学会IOT研究会と共催
お知らせ ◎8日(木)研究会終了後、懇親会を予定していますのでご参加ください。
◎2007年TM研究賞・TM英語セッション奨励賞・TM功労賞
3月13日(木)にホテルミヤヒラで 開催されたTMワークショップの懇親会にて、 2007年TM研究賞・英語セッション奨励賞・ 功労賞の表彰式が行われました。
TM研究賞
(1)「最尤分析を用いた派生的障害に対す る障害原因分析」登内敏夫(NEC)
(2)「ネットワークアプリケーション弁別のための ペイロード長の遷移パタンの評価方式に関する一検討」八木清之介・和泉勇治・角田 裕 ・根元義章(東北大)
英語セッション奨励賞
(1) "A Study on the Performance of Fast Handover Schemes in IEEE 802.16e Broadband Wireless Networks", Liping Wang(The Graduate Univ. for Advanced Studies)
(2) "Performance of Traffic Flow versus IP Space Analysis", Marat Zhanikeev(Waseda Univ.)
(3) "A study of QoS/QoE measurement system implemented on cellular phone for NGN", Satoshi Uemura(KDDI R&D Labs.)
TM功労賞
(1)中村 元様(KDDI研究所) APNOMS 2007においてチュート リアルセッションコチェアとして運営全般に大きく貢献し学術交流活性化並びに技術の発展に寄与
(2)北脇 淳様(日立)「APNOMS 2007においてパブリケーションチェアとして 運営全般に大きく貢献し学術交流活性化並びに技術の発展に寄与」
(3)三好 優様(NTT ) 「2007年TM研究会全般の運営において幹事団の補佐業務を通じ、TM研究会活動に大き く貢献」
◎情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会(DSM研究会)および高品質インターネット研究会(QAI研究会)は平成20年4月に統合し、インターネットと運用技 術研究会(Internet and Operation Technology (IOT))となりました。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

5月8日(木) 午後  試作・評価・実用化(1)
12:20 - 14:00
(1) 12:20-12:45 異機種混合並列計算ミドルウェアJSGrid ICM2008-1 武田和大小野智司中山 茂鹿児島大
(2) 12:45-13:10 分散処理のためのEspace言語の開発 ICM2008-2 岩川建彦小野智司中山 茂鹿児島大
(3) 13:10-13:35 離島における地域無線ネットワークの構築 ICM2008-3 升屋正人青木謙二鹿児島大)・久保田真一郎熊本大
(4) 13:35-14:00 法人向けサービスの申込受付プラットフォーム構築事例 ICM2008-4 戸谷祐一古田晶規本谷竜一郎岩崎 智NTTコミュニケーションズ
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
5月8日(木) 午後  試作・評価・実用化(2)
14:10 - 15:50
(5) 14:10-14:35 ルールベース障害検出システムの実装例と評価 ICM2008-5 猪鹿倉知広登内敏夫NEC
(6) 14:35-15:00 IPマルチキャストを用いた放送型暗号によるライブ映像配信システムの構築と評価 ICM2008-6 森村吉貴上原哲太郎侯 書会美濃導彦京大
(7) 15:00-15:25 IPv6/IPv4プロトコルトランスレータの評価 ICM2008-7 藤崎智宏松本存史新延史郎NTT
(8) 15:25-15:50 Layer2ネットワーク構成情報推測・表示システムにおける構成情報の収集 ~ 構成情報のベンダ依存性について ~ ICM2008-8 藤田俊輔吉田和幸大分大
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
5月8日(木) 午後  教育システム
16:00 - 17:40
(9) 16:00-16:25 名古屋大学における統合サーバの構築と運用 ICM2008-9 内藤久資山口由紀子梶田将司平野 靖間瀬健二名大
(10) 16:25-16:50 教育用端末利用履歴データベースの構築と利用状況表示システム ICM2008-10 久保田真一郎熊本大)・吉田知樹佐賀電算センター)・武蔵泰雄杉谷賢一熊本大
(11) 16:50-17:15 プログラミング実習におけるコード評価のためのeラーニングバックエンドシステムの開発 ICM2008-11 布目 淳福澤理行平田博章京都工繊大
(12) 17:15-17:40 低コストな高可用性と学務システム連携を考慮したMoodleシステムの構築 ICM2008-12 桝田秀夫村田和義渋谷 雄京都工繊大
5月9日(金) 午前  セキュリティ
09:30 - 11:10
(13) 09:30-09:55 情報倫理ビデオの製作と大学の情報セキュリティへの応用 ICM2008-13 山之上 卓鹿児島大)・辰己丈夫東京農工大)・布施 泉岡部成玄北大)・多川孝央九大)・中西通雄阪工大)・中村 純広島大)・深田昭三愛媛大)・村田育也北海道教大)・上原哲太郎京大)・山田恒夫メディア教育開発センター
(14) 09:55-10:20 認証デバイスを用いたOSの安全な起動制御 ICM2008-14 高田真吾佐藤 聡新城 靖中井 央板野肯三筑波大
(15) 10:20-10:45 Privacy Grid:私的な情報を安全に利用する分散問題解決 ICM2008-15 小野智司岩川建彦中山 茂鹿児島大
(16) 10:45-11:10 オープンリゾルバの状況 ICM2008-16 鈴木常彦中京大
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
5月9日(金) 午前  品質・トラヒック
11:20 - 12:35
(17) 11:20-11:45 放送通信融合システム最適化のためのQOEモデル ICM2008-17 三代沢 正セイコーエプソン/早大)・亀山 渉早大
(18) 11:45-12:10 パッシブスキャンによる中小規模LAN向けトラフィック分析システムの試作 ICM2008-18 薄田昌広関西電力)・上田達也阪市大)・上原哲太郎京大
(19) 12:10-12:35 DNS based Entropy and Forensic Analysis on the PCs for Learners in a University ICM2008-19 Dennis A. Ludena R.Shinichiro KubotaKenichi Sugitani・○Yasuo MusashiKumamoto Univ.
  12:35-13:35 昼食 ( 60分 )
5月9日(金) 午後  アルゴリズム
13:35 - 15:15
(20) 13:35-14:00 生涯利用可能な名古屋大学IDの新規発行における名寄せ方法に関する検討 ICM2008-20 太田芳博梶田将司田島嘉則田島尚徳平野 靖内藤久資間瀬健二名大
(21) 14:00-14:25 ジョブショップスケジューリング問題における免疫アルゴリズムの分散処理 ICM2008-21 飯村伊智郎熊本県立大)・○森山賀文有明高専)・中山 茂鹿児島大
(22) 14:25-14:50 ハッシュベースサンプリングを用いた分散品質計測手法の評価 ICM2008-22 山崎康広NEC
(23) 14:50-15:15 定額制VOD形IP放送における事業者収入とユーザ便益の妥結点 ICM2008-23 手塚一貴別所浩資早大)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 高野 誠(NTT西日本)
TEL:06-4803-9510
http://www.ieice.org/cs/tm/jpn/
E-:tm_-n 
お知らせ ◎TM(テレコミュニケーションマネジメント)研究会は2008年4月よりICM(情報通信マネジメント)研究会と改称致しました.


Last modified: 2008-04-01 23:02:47


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会