お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF) [schedule] [select]
専門委員長 末吉 敏則
副委員長 名古屋 彰, 佐藤 友美
幹事 弘中 哲夫, 柴田 裕一郎
幹事補佐 飯田 全広

日時 2007年 5月17日(木) 13:00 - 17:50
2007年 5月18日(金) 09:00 - 11:40
議題 リコンフィギャラブルシステム,一般 
会場名 金沢市文化ホール 
住所 〒920-0864 金沢市高岡町15番1号
交通案内 JR金沢駅 (東口よりタクシー10分、バス15分南町下車徒歩3分)
http://www.bunka-h.gr.jp/
お知らせ ◎17日研究会終了後,下記の通り懇親会を行いますのでご参加ください.立食ではありませんので,参加される方は必ず15日までに飯田(ii-u)まで参加の連絡をください.
【懇親会】
料理: 加賀会席料理
場所: 兼六荘(会場から徒歩10分程度)http://www.shigakukyosai.jp/yado/kanazawa/shokuji.html
料金: 5500円 ※飲み放題ではありません.
開始時間:18:30
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

5月17日(木) 午後  アプリケーション
13:00 - 15:00
(1) 13:00-13:30 通信状態に基づくパケット毎自己再構成を用いた動的再構成プロセッサ搭載クエリトランザクション高速化装置 RECONF2007-1 磯部隆史日立
(2) 13:30-14:00 レーベンシュタイン距離を用いたテンプレートマッチングアルゴリズムのFPGA実装 RECONF2007-2 清水聡一金森飛匡慶大)・味岡義明エッチャンデス)・新井正敏今野大輔難波知康カルソニックカンセイ)・天野英晴慶大
(3) 14:00-14:30 生化学シミュレータReCSiPにおける反応速度式共有化 RECONF2007-3 山田英樹岩永直樹柴田裕一郎長崎大)・長名保範吉見真聡岩岡 洋西川由理小嶋利紀天野英晴舟橋 啓慶大)・広井賀子EMBL-EBI)・北野宏明JST)・小栗 清長崎大
(4) 14:30-15:00 リコンフィギャラブルマシンSRC-6を用いた海洋モデルシミュレーションの実装検討 RECONF2007-4 志田さや香柴田裕一郎小栗 清長崎大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
5月17日(木) 午後  リコンフィギャラブルデバイス
15:10 - 17:50
(5) 15:10-15:40 チップ間無線通信を用いた3次元動的リコンフィギャラブルデバイス MuCCRA-Cube の提案 RECONF2007-5 斉藤正太郎長谷川揚平小浜由範杉森靖史天野英晴慶大
(6) 15:40-16:10 動的再構成型ハードウェアの階層型状態切替方式 RECONF2007-6 米田雅春福士 将・○堀口 進東北大
(7) 16:10-16:40 粒度可変構造論理セル向け算術演算回路の実現 RECONF2007-7 佐藤嘉晃尼崎太樹山口良一飯田全広末吉敏則熊本大
  16:40-16:50 休憩 ( 10分 )
(8) 16:50-17:20 スモールワールドネットワーク化配線構造の詳細遅延評価 RECONF2007-8 西岡勇蔵熊本大)・月足 彌ルネサステクノロジ)・飯田全広末吉敏則熊本大
(9) 17:20-17:50 SoC埋め込み型プログラマブルロジックePLX向け自動配線ツールの検討 RECONF2007-9 奥野直樹泉 知論藤野 毅立命館大)・岩男剛宜中野裕文奥野義弘有本和民ルネサステクノロジ
  - 懇親会
5月18日(金) 午前  リコンフィギャラブルプロセッサ
09:00 - 11:40
(10) 09:00-09:30 動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRAにおけるコンフィギュレーションデータ転送時間の削減 RECONF2007-10 佐野 徹中村拓郎堤 聡長谷川揚平天野英晴慶大
(11) 09:30-10:00 動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRAの低消費電力化 RECONF2007-11 平井啓一郎慶大)・武田清大芝浦工大)・西村 隆長谷川陽平堤 聡慶大)・宇佐美公良芝浦工大)・天野英晴慶大
(12) 10:00-10:30 PE直結型動的リコンフィギャラブルプロセッサMuCCRA-Dの提案 RECONF2007-12 加東 勝長谷川揚平天野英晴慶大
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
(13) 10:40-11:10 動的再構成可能プロセッサ Vulcan2とそのソフトウェア開発環境 ISAccに関する研究 RECONF2007-13 平木哲夫門内伸吾山崎陽介九大)・神戸隆行Lovic GauthierVictor Mauro Goulart Ferreira福岡知的クラスター研)・Antoine Trouve九州システム情報技研)・井上弘士村上和彰九大
(14) 11:10-11:40 高速並列画像処理用の再構成可能プロセッサエレメントの提案 RECONF2007-14 廉田 浩九大)・若谷彰良甲南大

問合先と今後の予定
RECONF リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)   [今後の予定はこちら]
問合先 熊本大学工学部数理情報システム工学科
飯田 全広
E-: ii-u
TEL: 096-342-3649 FAX: 096-342-3649 


Last modified: 2007-05-07 21:40:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RECONF研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会