お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 15:00
P2Pネットワークにおける冗長トラフィックの削減を目指したファイル取得方式
石津明彦舟阪淳一石田賢治広島市大IN2007-117
抄録 (和) P2Pシステムで複数のピアからファイルを並列的に分割取得する場合,ファイル完成に必要な部分ファイルを低速なピアから取得しようとすると,P2Pシステムに参加するピア全体のファイル取得時間が長期化する,という問題が生じる.この問題を解決する方法として,ファイル完成に必要な最後の部分ファイルのリクエストを,接続している全てのピアに送信するEnd-game Mode方式が提案されている.しかし,多数のピアに対して,同じ部分ファイルのリクエストを行うと,冗長なトラフィックの発生という問題が生じる.そこで,本稿ではこのような重複リクエストを行わず,低速なピアへのリクエストを抑制する方式を提案する.この方式により,冗長なトラフィックを発生させることなく,ファイル取得時間の長期化を抑制することを目指す.そして,複数のピアからファイルを分割取得するP2Pシステムの中で注目されているBitTorrentを対象に,End-game Mode方式と提案方式を,シミュレーション実験により比較評価する.P2Pネットワークに低速なピアと高速なピアが混在し,ピアがファイル取得後にネットワークから離脱しない場合と,離脱する場合の双方を想定し,各ピアのファイルダウンロード時間とネットワーク全体の冗長トラフィック量を評価した.その結果,提案方式は,ピアがネットワークから離脱しない場合,離脱する場合の双方において,End-game Mode方式と比較して,冗長なトラフィックを削減し,同等の効率でファイルを取得可能であることが分かった. 
(英) When dividing a file into many pieces and fetching different pieces from many peers on P2P systems, if the piece is requested from a slow peer whose upload throughput is low, the download time for the whole system may increase because of this slow download. End-game mode is proposed to solve this problem. This method requests the last piece from all the connected peers at the same time, while the duplicated requests generate redundant traffic. In this paper, we propose a method avoiding requesting a piece from slow peers without the duplicated requests, which can alleviate the increase in download time and generates no redundant traffic. The proposed method and the existing method with End-game mode are evaluated through simulation experiments using BitTorrent as an instance of the parallel retrieving method of a file from many peers. The download time and the redundant traffic are estimated focusing on the case when both high and low upload performance peers are included in the network, taking into account situations where no/some peers leave from the network after completion of the file retrieval. As a result, we confirm that our proposal can fetch files in similar length of time as the existing method with End-game mode, with trimming down redundant traffic generated by the existing method, whether or not some peers leave from the network after completion of the file retrieval.
キーワード (和) P2Pシステム / ピア選択 / End-game Mode / BitTorrent / 冗長トラフィック / / /  
(英) P2P system / peer selection / End-game Mode / BitTorrent / redundant traffic / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 378, IN2007-117, pp. 109-114, 2007年12月.
資料番号 IN2007-117 
発行日 2007-12-06 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2007-117

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2007-12-13 - 2007-12-14 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) インターネットトラヒック,TCP/IP,性能解析・評価,ネットワークモデルおよび一般 
テーマ(英) Internet Traffic, TCP/IP, Network Analysis/Evaluation, Netework Model, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2007-12-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2Pネットワークにおける冗長トラフィックの削減を目指したファイル取得方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A File Fetching Method to Reduce the Redundant Traffic on P2P Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2Pシステム / P2P system  
キーワード(2)(和/英) ピア選択 / peer selection  
キーワード(3)(和/英) End-game Mode / End-game Mode  
キーワード(4)(和/英) BitTorrent / BitTorrent  
キーワード(5)(和/英) 冗長トラフィック / redundant traffic  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 明彦 / Akihiko Ishidu / イシヅ アキヒコ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟阪 淳一 / Junichi Funasaka / フナサカ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-117 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2007-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会