電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 山尾 泰
副委員長 大鐘 武雄, 佐和橋 衛
幹事 岡本 英二, 樋口 健一
幹事補佐 淺井 裕介, 伊藤 匠, 原 嘉孝

日時 2007年 6月28日(木) 14:00 - 17:00
2007年 6月29日(金) 09:40 - 16:15
議題 誤り訂正,MAC,無線通信一般 
会場名 豊橋技術科学大学 情報工学系 C-204会議室 
住所 〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
交通案内 豊橋駅前2番のりばから豊鉄バス豊橋技科大線技科大前下車(約25分)
http://www.tut.ac.jp/intr/in01/in0114/index.html
会場世話人
連絡先
情報工学系 上原秀幸准教授
0532-44-6743
お知らせ ◎28日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください

6月28日(木) 午後  C-204会議室 アドホック,協力通信
座長: 上原 秀幸
14:00 - 15:40
(1) 14:00-14:25 協力通信における高利得ダイバーシチ受信を実現するための周波数領域プレ・ポストフィルタ 山腰 真慶大)・田久 修東京理科大)・中川正雄慶大
(2) 14:25-14:50 複数システム帯域共用における無線機間協力による与干渉抑制の一検討 劉 泳眞村田英一山本高至吉田 進京大
(3) 14:50-15:15 高レスポンスアドホック無線通信方式:MM-SA方式の試作と性能評価 酒井敏宏大山 卓鈴木龍太郎ATR)・門脇直人NICT)・小花貞夫ATR
(4) 15:15-15:40 階層化ツリーネットワークにおけるIEEE802.15.4/ZigBee MACビーコンモードの適用と時間シフトグループアクセスの提案 高岸 智山尾 泰電通大
  15:40-16:00 休憩 ( 20分 )
6月28日(木) 午後  C-204会議室 Zigbee
座長: 山尾 泰
16:00 - 17:00
(5) 16:00-16:30 [招待講演]ユビキタスネットワークに関する調査検討会 ~ 志摩スペイン村におけるZigBee実証実験について ~ 高橋広昭NECエンジニアリング
(6) 16:30-17:00 [招待講演]ユビキタスネットワークに関する調査検討会 ~ 静岡市役所におけるZigBee実証実験について ~ 鈴木三法OKI
6月29日(金) 午前  C-204会議室 拡散符号,チャネル推定
座長: 大鐘 武雄
09:40 - 11:45
(7) 09:40-10:05 自己及び相互相関の低い符号による符号変調の二乗検波に関する検討 原田政明京都工繊大
(8) 10:05-10:30 Performance Evaluation of Interference Cancellation Technique based on Maximum Correlation Detection for Single User DS-CDMA Receiver in Rayleigh Fading Channels Ranga HettiarachchiMitsuo YokoyamaHideyuki UeharaTakashi OhiraToyohashi Univ. of Tech.
(9) 10:30-10:55 DS-CDMA周波数領域等化のための2ステップ最尤チャネル推定 小島洋平武田和晃安達文幸東北大
(10) 10:55-11:20 IFDMA伝送における判定帰還型チャネル推定のシングルユーザ環境下での特性評価 李 威慶大)・田久 修東京理科大)・安達宏一中川正雄慶大
(11) 11:20-11:45 同一チャネル干渉下における尤度情報生成法に関する検討 平 明徳冠 美恵子前原文明高畑文雄早大
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
6月29日(金) 午後  C-204会議室 マルチユーザ,OFDM
座長: 樋口 健一
13:00 - 14:15
(12) 13:00-13:25 周波数選択性チャネルにおける遅延時間/符号分割マルチアクセス 安達文幸・○武田一樹東北大
(13) 13:25-13:50 適応チャネル用いたOFDMAシステムにおけるCSIフィードバック量の削減手法 飯島 諭長谷川貴正周 瑞笹瀬 巌慶大
(14) 13:50-14:15 OFDMAにおいて修正型時間効用関数を用いてNRTスループットを改善するパケットスケジューリングアルゴリズム 清水佑輔長谷川貴正周 端笹瀬 巌慶大
  14:15-14:35 休憩 ( 20分 )
6月29日(金) 午後  C-204会議室 MIMO
座長: 淺井 裕介
14:35 - 16:15
(15) 14:35-15:00 Evolved UTRA上りリンクにおける周波数スケジューリングを考慮した閉ループ型アンテナ選択ダイバーシチ法の評価 川合裕之田岡秀和NTTドコモ)・樋口健一東京理科大)・佐和橋 衛武蔵工大
(16) 15:00-15:25 Integrated User Scheduling Algorithm for Multi-user MIMO Downlink System Yuyuan ChangJunyi WangTokyo Inst. of Tech.)・Houtao ZhuTsuyoshi KashimaNokia)・Kiyomichi ArakiTokyo Inst. of Tech.
(17) 15:25-15:50 マルチセル環境におけるMIMO多重伝送の周波数利用効率 安達宏一慶大)・安達文幸東北大)・中川正雄慶大
(18) 15:50-16:15 ハイブリッドSTBCにおいて検出順序を変更することにより全シンボルを最後のステージで検出する軟判定繰り返しV-BLAST 岡崎皓広藤川昌宏長谷川和彦笹瀬 巌慶大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡本英二(名工大)
E-:r_- 


Last modified: 2007-06-30 10:45:56


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会