電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


応用音響研究会(EA) [schedule] [select]
専門委員長 三好 正人 (金沢大)
副委員長 小野 一穂 (NHK)
幹事 木村 敏幸 (NICT), 大谷 真 (信州大)
幹事補佐 戸上 真人 (日立)

マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM) [schedule] [select]
専門委員長 馬場口 登 (阪大)
副委員長 越前 功 (NII), 西村 明 (東京情報大)
幹事 新見 道治 (九工大), 西村 竜一 (NICT)
幹事補佐 青木 直史 (北大), 日置 尋久 (京大)

日時 2011年12月 9日(金) 10:30 - 17:00
議題 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
会場名 機械振興会館 地下3階2号室 (東京都港区芝公園3丁目5-8) 
他の共催 ◆日本音響学会電気音響研究会共催
お知らせ ◎研究会終了後,神谷町駅付近にて両研究会合同の懇親会を開催いたします。ご出席希望のかたは,arstuis宛に,「12月研究会懇親会参加」というタイトルのメールにて,お名前とご所属,一般/学生の別,ご連絡先メールアドレスを12月7日までにご連絡ください。会費は一般3,000円,学生1,500円を予定しております。

12月9日(金) 午後 
10:30 - 17:00
(1) 10:30-11:00 難視性パターンの理論解析と回転耐性に関するシミュレーション評価 内海 圭金田北洋岩村惠市東京理科大
(2) 11:00-11:30 仮想プライバシー保護シールド(VPPS)によるセキュアな景観画像サービス構成方式 桜木康充青木 稔河野昭也清水友晶・○中田卓司渡部大輔嶋田 茂首都大東京
(3) 11:30-12:00 スパースコード縮小に基づくステガナリシスの電子透かしアタックへの応用 新見道治野田秀樹九工大
  12:00-13:00 お昼休み ( 60分 )
(4) 13:00-14:20 [招待講演]音情景理解を応用した音声プライバシー保護 赤木正人北陸先端大)・入江佳洋グローリー
  14:20-14:45 休憩 ( 25分 )
(5) 14:45-15:15 複数楽器演奏曲を対象とする音源同定を用いた音楽電子透かし法 村田晴美荻原昭夫岩田 基汐崎 陽阪府大
(6) 15:15-15:45 音響信号に対する情報ハイディング及びその評価基準の検討 西村 明東京情報大)・萩原昭夫阪府大)・鵜木祐史北陸先端大)・近藤和弘山形大)・薗田光太郎長崎大)・岩村惠市東京理科大)・立花隆輝日本IBM
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
(7) 16:00-16:30 スマートミキサー ~ 新しい音信号混合法 ~ 大脇 渉高橋弘太電通大
(8) 16:30-17:00 スマートミキサー ~ 基本原理と有効性 ~ 高橋弘太大脇 渉電通大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
EA 応用音響研究会(EA)   [今後の予定はこちら]
問合先 大谷 真 (信州大学工学部)
TEL 026-269-5474,FAX 026-269-5495
E-: onshu-u 
EMM マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM)   [今後の予定はこちら]
問合先 西村 明(東京情報大)
TEL&FAX 043-236-4658
E-: arstuis 


Last modified: 2011-12-01 21:48:17


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EA研究会のスケジュールに戻る]   /   [EMM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会