電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 高田 豊雄 (岩手県立大)
副委員長 植松 友彦 (東工大)
幹事 有村 光晴 (湘南工科大), 吉川 英機 (東北学院大)
幹事補佐 鴻巣 敏之 (阪電通大)

情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 松井 充 (三菱電機)
副委員長 太田 和夫 (電通大), 寳木 和夫 (日立)
幹事 盛合 志帆 (ソニー), 白石 善明 (名工大)
幹事補佐 國廣 昇 (電通大)

ワイドバンドシステム研究会(WBS) [schedule] [select]
専門委員長 小林 岳彦 (東京電機大)
副委員長 伊丹 誠 (東京理科大), 原 晋介 (阪市大)
幹事 落合 秀樹 (横浜国大), 森 香津夫 (三重大)
幹事補佐 庄納 崇 (インテル), 小野 文枝 (東京理科大)

日時 2008年 2月28日(木) 10:20 - 18:10
2008年 2月29日(金) 08:30 - 16:10
議題 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
会場名 電気通信大学 総合研究棟 
住所 〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
交通案内 http://www.uec.ac.jp/map/comm.html
会場世話人
連絡先
太田和夫
042-443-5362
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎初日(2/28)研究会終了後、懇親会を予定していますのでご参加ください。

2月28日(木) 午前  301室
座長: ISEC
10:20 - 11:35
(1) 10:20-10:45 ダミーパケットによるトラフィックフロー秘匿の一手法 三村 守中村康弘防衛大
(2) 10:45-11:10 モバイル環境における安全なデータ共有手法の考案 松中隆志蕨野貴之岸 洋司KDDI研
(3) 11:10-11:35 ハッシュリストの閲覧可能なランダムオラクルモデル 米山一樹・○宮川 聡太田和夫電通大
2月28日(木) 午後  招待講演 (301室)
13:00 - 16:20
(4) 13:00-14:00 [招待講演]ストリーム暗号の現状 森井昌克神戸大
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
(5) 14:10-15:10 [招待講演]OFDM移動受信におけるキャリア間干渉の除去 伊丹 誠東京理科大
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
(6) 15:20-16:20 [招待講演]相関乱数からの秘密鍵共有について 村松 純NTT
2月28日(木) 午後  301室
座長: IT+ISEC(共通セッション)
16:30 - 18:10
(7) 16:30-16:55 2つの演算を用いるナップザック暗号(その2) 小林邦勝五十嵐 惇山形大
(8) 16:55-17:20 電波を用いた鍵共有方式における積符号の反復復号による鍵不一致解消法の検討 清水崇之岩井誠人笹岡秀一同志社大
(9) 17:20-17:45 Conditions for Achieving a Revocable Network Coding Scheme Hidenori KuwakadoMasakatu MoriiKobe Univ.
(10) 17:45-18:10 楕円曲線暗号におけるスカラー倍算の効率化に関する検討 寺嶋直矢松嶋智子足原 修職能開発大
2月28日(木) 午前  306室
座長: IT
10:45 - 12:00
(11) 10:45-11:10 Secret key can be obtained from both compatible and incompatible measurements in the six-state QKD protocol Ryutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.
(12) 11:10-11:35 通信路の状態を推定する適応的Sum-Product復号法 相河研司ブライアン クルカスキー山口和彦電通大
(13) 11:35-12:00 不均一誤り保護能力を有するLDPC符号の復号法とそれに基づく解析 塗田 誠クルカスキー ブライアン山口和彦電通大
2月28日(木) 午後  306室
座長: WBS
16:30 - 17:45
(14) 16:30-16:55 MIMO SC-FDE伝送に於けるISIキャンセラー及びMLDを用いた繰り返し信号分離検出方式 宇都宮正和岩波保則岡本英二名工大
(15) 16:55-17:20 周波数領域等化と時空間ブロック符号化を備えたシングルキャリヤ伝送方式 宮崎真一郎山崎彰一郎職能開発大)・河野隆二横浜国大
(16) 17:20-17:45 放送型路車単方向通信におけるpush型パケット補間法の時間分散効果 橋浦康一郎羽渕裕真茨城大
2月29日(金) 午前  301室
座長: ISEC
08:30 - 10:10
(17) 08:30-08:55 バンドパスフィルタを用いた高精度な差分サイドチャネル解析 久門 亨山下哲孝洲崎智保角尾幸保NEC)・庄司陽彦野澤 晃木村隆幸YDK
(18) 08:55-09:20 Enocoro-128 ver.1.1の再同期攻撃耐性評価 鴻巣 慧武藤健一郎古市洋希東京理科大)・渡辺 大日立)・金子敏信東京理科大
(19) 09:20-09:45 暗号モジュールへの信号ラインからのサイドチャネル攻撃 ~ FPGA実装AESにおける実験例 ~ 渡部良太鳥越 慎高橋芳夫松本 勉横浜国大
(20) 09:45-10:10 Security Analysis of DRBG Algorithm in NIST SP 800-90 Shoichi HiroseUniv. of Fukui
2月29日(金) 午前  301室
座長: IT+ISEC(共通セッション)
10:20 - 12:00
(21) 10:20-10:45 A Construction of Channel Code, Joint Source-Channel Code, and Universal Code for Arbitrary Stationary Memoryless Channels using Sparse Matrices Shigeki MiyakeJun MuramatsuNTT
(22) 10:45-11:10 Secret Key Agreement by Reliability Information of Signals in Gaussian Maurer's Model Masashi NaitoShun WatanabeRyutaroh MatsumotoTomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.
(23) 11:10-11:35 T-Codeを用いた乱数検定手法の構成法について 濱野健二山本博資東大
(24) 11:35-12:00 A Lower Bound on the Number of Uncorrectable Errors of Weight Half the Minimum Distance Kenji YasunagaToru FujiwaraOsaka Univ.
2月29日(金) 午後  301室
座長: ISEC
13:00 - 14:40
(25) 13:00-13:25 New Classes of Public Key Cryptosystem Constructed on the Basis of Multivariate Polynomials and Random Coding
-- Another class of K(III)RSE(g)PKC --
Masao KasaharaOsaka Gakuin Univ.
(26) 13:25-13:50 RC4の擬似乱数生成部における新しい脆弱性(1) 今屋雄太助川昌泰宮地充子北陸先端大
(27) 13:50-14:15 RC4の擬似乱数生成部における新しい脆弱性(2) 助川昌泰今屋雄太宮地充子北陸先端大
(28) 14:15-14:40 多重リング構造のk-out-of-n署名の修正提案 池田光明川合 豊太田和夫電通大
2月29日(金) 午後  301室
座長: ISEC
14:55 - 16:10
(29) 14:55-15:20 追跡可能性を有する部分ブラインド署名の一構成 千葉恒道三菱電機システムサービス)・○千田栄幸一関高専)・満保雅浩筑波大)・靜谷啓樹東北大
(30) 15:20-15:45 振幅情報に対する量子秘密分散法 岡田 健桑門秀典森井昌克神戸大
(31) 15:45-16:10 クリッピング耐性のある,LDPC符号を用いた電子透かしとその新しい復号法 ~ 巡回LDPC符号の適用と詳細な信頼度情報を用いた復号 ~ 阿部 功マルチネス ノリエガ ラウル姜 玄浩ブライアン クルカスキー山口和彦電通大
2月29日(金) 午前  306室
座長: WBS+IT(共通セッション)
10:45 - 12:00
(32) 10:45-11:10 一般化MPSCと光直交符号を組み合わせた波長ホッピング/時間拡散光CDMAシステムの適切な符号パラメータの検討 松嶋智子職能開発大)・落合 昇茨城県立産技専門学院)・長尾 剛サンソウシステムズ)・寺町康昌職能開発大
(33) 11:10-11:35 2つのPN符号を用いる光無線マルチレベルPPMの一検討 小沢佑介羽渕裕真茨城大
(34) 11:35-12:00 OFDMAのためのマルチユーザ周波数空間符号の一検討 小西たつ美愛知工大
2月29日(金) 午後  306室
座長: IT
13:00 - 14:40
(35) 13:00-13:25 一般化伸長符号とその応用 朝倉康生森井昌克神戸大
(36) 13:25-13:50 スライド窓を用いた反辞書データ圧縮法 太田隆博長野県工科短大)・森田啓義電通大
(37) 13:50-14:15 遅延がある場合のネットワーク誤り訂正符号化法 山田慈人松本隆太郎植松友彦東工大
(38) 14:15-14:40 Concentrating Entanglement by Random Measurement Hachiro FujitaTokyo Metro Univ.
2月29日(金) 午後  306室
座長: IT
14:55 - 16:10
(39) 14:55-15:20 Near ML detection using Dijkstra's algorithm with bounded list size over MIMO channels Atsushi OkawadoRyutaroh MatsumotoTomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.
(40) 15:20-15:45 周波数選択性MIMO通信路に於けるブロック処理型時間領域等化器の検討 高橋優輔岩波保則岡本英二名工大
(41) 15:45-16:10 BSCからなる2分木ネットワークにおける軟判定ビタビ復号の誤り率解析 谷 真治岡 育生阿多信吾橋本 賢阪市大

問合先と今後の予定
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 有村光晴(湘南工大)
TEL 0466-30-0214, FAX 0466-30-0306
E-:aieee
吉川英機(東北学院大)
TEL 022-368-7295, FAX 072-368-7295
E-:htjcc-in 
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 白石善明(名古屋工業大学)
TEL 052-735-7240, FAX 052-744-1355
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 
WBS ワイドバンドシステム研究会(WBS)   [今後の予定はこちら]
問合先 落合 秀樹(横浜国大)
TEL/FAX: 045-339-4327
E-: dey 


Last modified: 2008-02-27 20:27:20


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /   [ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /   [WBS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会