電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 中里 秀則 (早大)
副委員長 寺田 純 (NTT)
幹事 金井 謙治 (早大), 名倉 健一 (三菱電機)
幹事補佐 原 一貴 (NTT), 斉藤 洋之 (OKI)

回路とシステム研究会(CAS) [schedule] [select]
専門委員長 山脇 大造 (日立)
副委員長 高島 康裕 (北九州市大)
幹事 中村 洋平 (日立), 佐藤 隆英 (山梨大)
幹事補佐 佐藤 弘樹 (ソニーLSIデザイン), 山口 基 (ルネサスエレクトロニクス)

日時 2020年 2月27日(木) 09:05 - 18:00
2020年 2月28日(金) 09:00 - 15:45
議題 ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
会場名 崇城大学 IoT・AIセンター(メインキャンパスF号館1F) 
他の共催 ◆IEEE Circuits and Systems Society Japan Chapter(IEEE CASS JC)協賛
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(CS研究会, CAS研究会)についてはこちらをご覧ください.

2月27日(木) 午前  CS 一般講演1
09:05 - 11:10
(1) 09:05-09:30 NDN環境下におけるInterestパケットの周期操作によるキャッシュ効率化 平井 匠中里秀則早大
(2) 09:30-09:55 NDNにおけるネットワーク遅延とキャッシュ容量に基づくキャッシュ方式 伊藤 快早大
(3) 09:55-10:20 Fed4IoTのアプリケーションに接続されているデバイスの取得、共有方法 髙橋圭介中里秀則金井謙治早大
(4) 10:20-10:45 ICNファンクションチェイニングによるThings as a Serviceの実現に向けて 金井謙治中里秀則早大
(5) 10:45-11:10 多様な機能を実現する PLCを用いたIoTエンドデバイスの開発 竹村大輝祢津君賢吉田英聖横谷哲也向井宏明金沢工大
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
2月27日(木) 午後  CAS一般講演1
11:20 - 12:35
(6) 11:20-11:45 EV走行のカーブ路におけるパワーロスのモデル化と検証 藤井春弥倉谷和樹林 磊福井正博立命館大
(7) 11:45-12:10 3D-ICにおける電源TSVの抵抗性オープン故障の検出手法 蜂屋孝太郎帝京平成大)・黒川 敦弘前大
(8) 12:10-12:35 最大積からの逐次減法に基づく直列乗算器とその負数演算手法 永田将大岡山県立大)・近藤真史川崎医療福祉大)・池田大地山陽電研)・茅野 功川崎医療福祉大)・横川智教佐藤洋一郎岡山県立大
  12:35-13:45 昼食 ( 70分 )
2月27日(木) 午後  CS一般講演2
13:45 - 16:10
(9) 13:45-14:30 [依頼講演]TSNの実現に向けたタイムアウェアシェイパーのソフトウェア実装 オゲ ヤースィン小林優太山浦隆博前川智則東芝
(10) 14:30-14:55 スパースコーディングを用いたNWトラフィック変動の予測 仲地孝之Yitu WangNTT
(11) 14:55-15:20 Diffusion Type Packet Flow Control in Named Data Network Chenglin LeeHidenori NakazatoWaseda Univ.
(12) 15:20-15:45 屋外ワイヤレスセンサーネットワークに適用するIoTデバイス管理方式 重森一槻阿蔵和馬丸山 航向井宏明横谷哲也金沢工大
(13) 15:45-16:10 Target counter with direction tracking Natthaphol UthumphiratDaiki TakemuraEisei YoshidaTetsuya YokotaniKeitaro TeradaKIT
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
2月27日(木) 午後  CS特別招待講演1
16:20 - 17:05
(14) 16:20-17:05 [特別招待講演]水平統合型 IoTプラットフォーム標準規格 oneM2M の最新動向 前大道浩之山崎育生NTT
  17:05-17:15 休憩 ( 10分 )
2月27日(木) 午後  CS特別招待講演2
17:15 - 18:00
(15) 17:15-18:00 [特別招待講演]イノベーション創発のための地域コミュニティブランド 星合隆成崇城大
2月28日(金) 午前  CS一般講演3
09:00 - 10:40
(16) 09:00-09:25 Orthogonal Precoded OFDM方式におけるセミブラインドチャネル推定法 川崎 耀松村 武児島史秀NICT
(17) 09:25-09:50 深層学習によるOFDM信号のPAPRおよびOOBE抑圧に関する研究 太田正哉阪府大
(18) 09:50-10:15 SD-SM-MIMOにおけるヌル変調を適応したCR-QRM-MLDの検討 井田悠太松元隆博松藤信哉山口大)・丸田一輝千葉大
(19) 10:15-10:40 LoRaネットワークにおけるエンドデバイス生存期間拡張のための拡散率割当法の検討 成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
2月28日(金) 午前  CS一般講演4
10:50 - 12:30
(20) 10:50-11:15 機械学習を用いたPHS・DECT準拠方式端末間の電波干渉検出手法 胡間 遼田口勝久齋藤一生NTT東日本)・今井真人NTT西日本)・成田好輝姜 力西脇 博小林隆一NTT東日本
(21) 11:15-11:40 スパース重ね合わせ符号を用いた大規模マシンタイプ通信 立和名隼人實松 豊九大
(22) 11:40-12:05 Cooperative Jammingにおける妨害者の計画的設置の検討 渡邉一輝實松 豊九大
(23) 12:05-12:30 地中多重符号化ソナーのための有限長系列の構成 棚田嘉博井口正人筒井智樹京大
  12:30-13:40 昼食 ( 70分 )
2月28日(金) 午後  CAS一般講演2
13:40 - 15:45
(24) 13:40-14:05 多相回路の素子値ミスマッチと占有面積に関する一検討 山路隆文崇城大)・清水暁生有明高専
(25) 14:05-14:30 ハイパスフィルタとしてのDCサーボ回路の設計 小田 満渡部英二芝浦工大
(26) 14:30-14:55 ニュートン法による適応型電力等分割フィルタ 代 浩気渡部英二芝浦工大
(27) 14:55-15:20 携帯端末用電力増幅器の歪要因の一検討 田中 聡村田製作所
(28) 15:20-15:45 Edge Snappingによるベクトル自己回帰モデルユニット間の結合推定とその応用 譚 康融久留米大)・○時永祥三九大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 CS研幹事
E-: _nieice 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/
CAS 回路とシステム研究会(CAS)   [今後の予定はこちら]
問合先 中村 洋平 (日立製作所)
TEL: 080-1072-8751
E-: isj 
お知らせ ◎回路とシステム研究会では、研究会の振興を目的として「回路とシステム研究会学生優秀発表賞」を制定しています。優秀な学生発表には、1月の研究会において賞状&副賞の贈呈を行います。ふるってお申し込み下さい。受賞資格は回路とシステム研究会でご自身で発表され、かつ予稿にて第一著者の方です。詳しくは幹事までお問い合わせください。皆様のご投稿をお待ちしております。


Last modified: 2020-01-20 16:57:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CAS研究会のスケジュールに戻る]   /   [CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会