電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 府川 和彦 (東工大)
副委員長 村田 英一 (京大), 岡本 英二 (名工大)
幹事 小西 聡 (KDDI研), ベンジャブール アナス (NTTドコモ)
幹事補佐 星野 正幸 (パナソニック), 増野 淳 (NTT), 森田 基樹 (NEC), 岡崎 彰浩 (三菱電機), 三上 学 (ソフトバンクモバイル)

日時 2013年10月17日(木) 09:30 - 18:10
2013年10月18日(金) 09:30 - 16:30
議題 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
会場名 上智大学 四谷キャンパス・中央図書館8F L-821会議室
キャンパスマップ 
住所 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-17-1
交通案内 JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
会場世話人
連絡先
上智大学 理工学部 情報理工学科 小川 将克
03-3238-3511 (中央図書館)
お知らせ ◎10月17日研究会終了後,懇親会を予定していますので奮って御参加ください.

10月17日(木) 午前  RCS1
座長: 小西 聡 (KDDI研)
09:30 - 10:50
(1) 09:30-09:50 複数ストリーム拘束探索を用いる準最適MIMO信号検出 ~ 複数ストリーム拘束探索の原理 ~ 加藤勝也シャープ)・府川和彦東工大)・山田良太シャープ)・鈴木 博東工大)・岡本直樹シャープ
(2) 09:50-10:10 複数ストリーム拘束探索を用いる準最適MIMO信号検出 ~ 三角行列化およびストリーム選択 ~ 加藤勝也シャープ)・府川和彦東工大)・山田良太シャープ)・鈴木 博東工大)・岡本直樹シャープ
(3) 10:10-10:30 24x24 MIMO屋外実験のチャネルデータを用いた30 Gbps超高速ビットレート移動通信の特性評価 須山 聡シン キユンNTTドコモ)・鈴木 博府川和彦東工大)・奥村幸彦NTTドコモ
(4) 10:30-10:50 オーバーロードプリコーディングを用いた非直交SU-MIMOの伝送特性 中村 理留場宏道後藤淳悟浜口泰弘シャープ
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
10月17日(木) 午前  RCS2
座長: 旦代 智哉 (東芝)
11:00 - 12:00
(5) 11:00-11:20 ダイナミックTDDを用いたスモールセルにおける下りリンク・上りリンク送信電力制御法に関する検討 高橋宏樹横枕一成今村公彦シャープ
(6) 11:20-11:40 下りリンクヘテロジニアスネットワークのための多段階処理を用いた階層型干渉アライメント 秋田谷朋紀佐波孝彦千葉工大
(7) 11:40-12:00 多ユーザーセミブラインド干渉アラインメントに関する一検討 高井真人静岡大)・石橋功至電通大)・和田忠浩静岡大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
10月17日(木) 午後  RCS3
座長: 石川 広吉 (富士通研)
13:00 - 13:40
(8) 13:00-13:20 40GHz帯を用いた移動体無線通信システムのフィールド試験 塚本 薫加藤泰典梅田周作河原伸幸三菱電機)・長山博幸三菱総研)・川崎邦弘中村一城鉄道総研)・辻 宏之NICT)・岡崎彰浩石津文雄三菱電機
(9) 13:20-13:40 LTE-AdvancedにおけるRemote Radio Headを用いた下りリンクCoMP Coherent Joint Transmissionの屋外実験 齊藤敬佑川村輝雄安藤英浩NTTドコモ
  13:40-13:50 休憩 ( 10分 )
10月17日(木) 午後  特集セッション1 (将来無線システム)
座長: 星野 正幸 (パナソニック)
13:50 - 15:20
(10) 13:50-14:20 [依頼講演]LTE-Advanced上での端末間直接通信のための干渉制御の検討 山崎智春浦林宏行榮祝剛洋松本直久藤代真人守田空悟京セラ
(11) 14:20-14:50 [依頼講演]無線アクセス技術の発展の方向性 畑川養幸北川幸一郎小西 聡KDDI研
(12) 14:50-15:20 [依頼講演]将来無線アクセス・モバイル光ネットワークの構想 奥村幸彦中村武宏NTTドコモ
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
10月17日(木) 午後  特集セッション2 (将来無線システム)
座長: 岡本 英二 (名工大)
15:30 - 16:30
(13) 15:30-16:00 [依頼講演]超大容量化を実現するマルチバンド周波数協調ワイヤレスシステムの検討 梅比良正弘武田茂樹宮嶋照行鹿子嶋憲一茨城大
(14) 16:00-16:30 [依頼講演]インテリジェントで柔軟な次世代無線アクセスシステム開発に向けて 三瓶政一阪大
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
10月17日(木) 午後  招待講演
座長: 村田 英一 (京大)
16:40 - 18:10
(15) 16:40-17:25 [招待講演]3GPP標準化と将来の展望 ~ 主にビジネスインパクトの側面から ~ 古谷之綱東工大
(16) 17:25-18:10 [招待講演]セルラー通信技術の歴史と将来展望 安達文幸東北大
10月18日(金) 午前  招待講演
座長: 府川 和彦 (東工大)
09:30 - 10:05
(17) 09:30-10:05 [招待講演]無線LANの省電力技術 小川将克上智大
  10:05-10:15 休憩 ( 10分 )
10月18日(金) 午前  RCS4
座長: 三上 学 (ソフトバンクモバイル)
10:15 - 11:55
(18) 10:15-10:35 最適送信周波数領域等化を用いる時空間符号化送受信ダイバーシチにおけるチャネル推定誤差の影響に関する一検討 宮崎寛之安達文幸東北大
(19) 10:35-10:55 差動時空ブロック符号化のための判定帰還ブロック遅延検波の特性 ~ 変調多値数の拡大とダイバーシチ受信が与える影響 ~ 久保博嗣立命館大
(20) 10:55-11:15 DFT-Precoded OFDMAにおけるLMMSE規範の繰り返し判定帰還チャネル推定を用いるターボ周波数領域等化のブロック誤り率特性 森 千尋東京都市大)・川村輝雄NTTドコモ)・三木信彦香川大)・佐和橋 衛東京都市大
(21) 11:15-11:35 シングルキャリアMIMO空間多重における繰り返し干渉キャンセラを用いる送受信協調MMSEフィルタリング 熊谷慎也安達文幸東北大
(22) 11:35-11:55 帯域外輻射電力制約下でのマルチキャリア信号のピーク振幅抑圧に関する検討 日野貴哉牟田 修古川 浩九大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
10月18日(金) 午後  RCS5
座長: 上杉 充 (パナソニックシステムネットワークス)
13:00 - 14:40
(23) 13:00-13:20 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるマルチドメイン無線制御技術の一検討 森広芳文安田浩人森岡康史奥村幸彦NTTドコモ
(24) 13:20-13:40 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおける超高速無線アクセス技術 須山 聡シン キユン武田和晃岸山祥久奥村幸彦NTTドコモ
(25) 13:40-14:00 OFDM-DAT通信方式の提案 ~ シャノンの限界は迂回できるか ~ 阿良田洋雄電波技術協会
(26) 14:00-14:20 ヘテロジニアスネットワークにおける分散Q-learningを用いたセル選択手法 工藤聡倫大槻知明慶大
(27) 14:20-14:40 Adaptive Q-learning for cell selection during handover in a femtocell network Chaima DhahriTomoaki OhtsukiKeio Univ.
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
10月18日(金) 午後  RCS6
座長: 森田 基樹 (NEC)
14:50 - 16:30
(28) 14:50-15:10 無線ネットワークコーディング試作装置のCSMAモードにおける屋外伝送実験特性 増野 淳丸田一輝大槻暢朗杉山隆利NTT
(29) 15:10-15:30 飛び越し経路によるダイバーシチを考慮したマルチホップ伝送における干渉キャンセラに関する検討 松野貴徳宮崎寛之安達文幸東北大
(30) 15:30-15:50 マルチユーザ検出とARQを採用するユーザ多重割り当て予約型ランダムアクセス方式の理論解析 旦代智哉鈴木 博府川和彦須山 聡東工大
(31) 15:50-16:10 Downlink Coverage Probability of Fractional Frequency Reuse for MIMO Heterogeneous Networks He ZhuangTomoaki OhtsukiKeio Univ.
(32) 16:10-16:30 Radio Resource Management for Multiuser SC-FDMA/SDMA Transmission Abolfazl MehbodniyaFumiyuki AdachiTohoku Univ.

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(Organized Session)発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 35 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 増野 淳 (NTT)
E-:r_- 


Last modified: 2013-10-15 01:55:10


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会