お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 坪田 康 (京都工繊大)
副委員長 近藤 公久 (工学院大), 竹内 和広 (阪電通大)
幹事 森下 美和 (神戸学院大), 高田 明典 (フェリス女学院大)
幹事補佐 神長 伸幸 (ミイダス), 下郡 啓夫 (函館高専)

日時 2020年12月20日(日) 13:00 - 17:00
議題 テーマ: (1) 人間の心的特性に寄り添った学習環境のデザイン, (2) 言語表現と心的内面の関係, (3) 思考と言語一般 
会場名 オンライン 
会場世話人
連絡先
富田 英司
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(TL研究会)についてはこちらをご覧ください.

  12:55-13:00 開会の挨拶 ( 5分 )
12月20日(日) 午後  午後第1セッション
13:00 - 14:00
(1) 13:00-13:30 言語の真社会性起源と学習における前方誤り訂正の必要性 ~ 人類共有知を発展させるために ~ TL2020-12 得丸久文著述業
(2) 13:30-14:00 Wikidataの知識を利用した固有表現抽出の詳細化に関する調査 TL2020-13 天野 耀奥村雄輝竹内和広阪電通大
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
12月20日(日) 午後  午後第2セッション
14:15 - 15:15
(3) 14:15-15:15 [招待講演]学習環境のデザイン:人間の望ましい学びを引き出すために TL2020-14 望月俊男専修大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
12月20日(日) 午後  午後第3セッション
15:30 - 17:00
(4) 15:30-16:00 学生主導プロジェクト実践を通したリフレクションの深化 TL2020-15 大石若奈富田英司愛媛大
(5) 16:00-16:30 留学前後で学生が体験するストレスの種類と程度 TL2020-16 富田英司愛媛大)・森下美和神戸学院大)・原田康也早大
(6) 16:30-17:00 大学生の時間管理に対するラーニング・ブリッジングの影響 TL2020-17 野中陽一朗高知大
  17:00-17:05 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2020-12-10 14:00:43


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会