お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 岡本 英二 (名工大)
副委員長 児島 史秀 (NICT), 西村 寿彦 (北大), 旦代 智哉 (東芝)
幹事 山本 哲矢 (パナソニック), 村岡 一志 (NEC)
幹事補佐 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ), 酒井 学 (三菱電機), 岩渕 匡史 (NTT), 奥山 達樹 (NTTドコモ)

日時 2021年 6月23日(水) 09:30 - 17:00
2021年 6月24日(木) 09:30 - 16:50
2021年 6月25日(金) 09:00 - 15:50
議題 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
会場名 オンライン 
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会)についてはこちらをご覧ください.

6月23日(水) 午前  初めての研究会 プレゼン 1
座長: 旦代 智哉 (東芝)
09:30 - 10:40
(1) 09:30-09:40 マルチパス分離に基づくチャネル予測の演算負荷軽減に関する検討 RCS2021-29 望月大瑚西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
(2) 09:40-09:50 大規模MIMO信号検出における変分ベイズ法と期待値伝播法の比較 RCS2021-30 阿隅大輝萩原淳一郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝佐藤孝憲北大
(3) 09:50-10:00 学習型AMPを用いた信号検出に関する基礎的検討 RCS2021-31 三好茉莉辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
(4) 10:00-10:10 上り回線非直交多元接続方式への周波数領域STBCに関する実験的評価 RCS2021-32 黒澤 敦森山雅文滝沢賢一松村 武児島史秀NICT
(5) 10:10-10:20 5G URLLCにおける適応変調符号化HARQを用いたスループット改善の検討 RCS2021-33 長谷川 暁岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンク
(6) 10:20-10:30 Polar符号化電波暗号化変調のCRC符号連接による性能改善の検討 RCS2021-34 浅野敬祐奥村 守阿部拓実岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
(7) 10:30-10:40 電波暗号化変調における時分割複信チャネル情報を用いた秘密鍵共有手法の検討 RCS2021-35 阿部拓実奥村 守浅野敬祐岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
6月23日(水) 午後  初めての研究会 ポスター 1
10:50 - 12:00
(8) 10:50-12:00 「初めての研究会 プレゼン 1」の7件の御講演に関して,ポスター発表を行っていただきます.
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
6月23日(水) 午後  初めての研究会 プレゼン 2
座長: 西村 寿彦 (北大)
13:00 - 14:10
(9) 13:00-13:10 マルチパケット受信を実現するNOMAに基づくランダムアクセスにおける階層化チャネル識別子構造を用いた高効率HARQ法 RCS2021-36 淺田 萌東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(10) 13:10-13:20 チャネル識別子紐づけ型受信ビームフォーミングを用いたランダムアクセスにおける送信フィルタリング法の検討 RCS2021-37 内田昌吾東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(11) 13:20-13:30 周波数選択性チャネルにおけるMIMO-OFDM伝送のピークキャンセル信号に基づくヌル空間を活用したPAPR抑圧法の演算量削減に関する一検討 RCS2021-38 細井健多東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(12) 13:30-13:40 マルチアンテナAFリレー伝送でのチャネルのヌル空間を活用したMIMO-OFDM信号のPAPR抑圧に関する検討 RCS2021-39 関口侑希東京理科大)・野中信秀NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
(13) 13:40-13:50 URLLCを実現するNOMAに基づく高効率低遅延HARQ法の検討 RCS2021-40 小林亮太東京理科大)・湯田泰明パナソニック)・樋口健一東京理科大
(14) 13:50-14:00 Denoising-aided Channel Estimation and DNN-based Joint Beamforming and Phase Shift Design in IRS-aided MISO System RCS2021-41 Siyuan YangLu WangMondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.
(15) 14:00-14:10 ミリ波路車間通信における過去ビーム情報と合計レート時系列変化を利用したビーム割当手法 RCS2021-42 山田雄太大槻知明慶大
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
6月23日(水) 午後  初めての研究会 ポスター 2
14:20 - 15:30
(16) 14:20-15:30 「初めての研究会 プレゼン 2」の7件の御講演に関して,ポスター発表を行っていただきます.
  15:30-15:45 休憩 ( 15分 )
6月23日(水) 午後  RCS 1
座長: 山本 哲矢 (パナソニック)
15:45 - 17:00
(17) 15:45-16:10 周期関数型メンバシップ関数の重心法による非ファジィ化値の不確かさ RCS2021-43 三石貴志流通科学大
(18) 16:10-16:35 エネルギーマッチングAIを用いるノ―マリーオフ型ローカル5G基地局の概念実証 RCS2021-44 有本和民岡山県立大)・中村 宏坂本龍一鈴木悠太東大)・武部秀治ポコアポコネットワークス)・吉川憲昭木下研作サイバー創研)・大矢智之ドコモ・テクノロジ
(19) 16:35-17:00 有相関通信路での多数信号検出における制振付きGaBPのLLR挙動に関する一検討 RCS2021-45 安藤ダニエル明西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大
6月24日(木) 午前  初めての研究会 プレゼン 3
座長: 須山 聡 (NTTドコモ)
09:30 - 10:40
(20) 09:30-09:40 Gibbsサンプリングを用いたMIMOチャネル推定における重み最適化の検討 RCS2021-46 中馬健士郎眞田幸俊慶大
(21) 09:40-09:50 過負荷MIMOのためのMMSE等化を用いた二段階信念伝搬法 RCS2021-47 塩井梨紗今村 崇眞田幸俊慶大
(22) 09:50-10:00 分散アンテナ伝送におけるアンテナ接続セル切り替え RCS2021-48 塚本就仁眞田幸俊大津留 豪慶大
(23) 10:00-10:10 Massive MU-MIMO-OFDM下りリンクにおけるGibbsサンプリングを用いた量子化プリコーディングによる帯域外輻射の低減 RCS2021-49 山門太一大川立樹眞田幸俊慶大
(24) 10:10-10:20 ビーム領域Local LMMSEフィルタ出力に基づく大規模MIMO検出の低演算量化に関する一検討 RCS2021-50 吉田拓実白瀬大地高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(25) 10:20-10:30 雑音を用いた1bit ADCによる4値PAM信号の復調法に関する実験的検討 RCS2021-51 大田黒拓斗齋藤将人琉球大)・山里敬也名大
(26) 10:30-10:40 ローリングシャッタ方式イメージセンサを用いたITS可視光通信における復調方法の初期検討 RCS2021-52 神谷峻輝山里敬也岡田 啓藤井俊彰名大)・木下雅之鎌倉浩嗣千葉工大)・荒井伸太郎岡山理科大)・圓道知博長岡技科大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
6月24日(木) 午後  初めての研究会 ポスター 3
10:50 - 12:00
(27) 10:50-12:00 「初めての研究会 プレゼン 3」の7件の御講演に関して,ポスター発表を行っていただきます.
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
6月24日(木) 午後  初めての研究会 プレゼン 4
座長: 牟田 修 (九大)
13:00 - 14:10
(28) 13:00-13:10 リカレントニューラルネットワークを用いたGNSSによる位置推定に関する一検討 RCS2021-53 西岡航平衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
(29) 13:10-13:20 OTFS変調におけるガウス信念伝搬法に基づく多次元信号検出に関する一検討 RCS2021-54 伊藤裕也衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大)・大澤 昇山崎浩輔岸 洋司KDDI総合研究所
(30) 13:20-13:30 CRC符号の誤り訂正復号のための深層展開を利用した信念伝搬法に関する一検討 RCS2021-55 張 岐林衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
(31) 13:30-13:40 二重選択性伝搬環境下における伝送路予測多重遅延検波を用いた差動OFDMの比較 RCS2021-56 藤田太一岩本航汰久保博嗣立命館大
(32) 13:40-13:50 差動OFDM用ソフトウェア音響通信モデムの情報伝送効率改善手法 RCS2021-57 豊田晃紀久保博嗣立命館大
(33) 13:50-14:00 マルチバンドHetNetsにおけるピコ基地局の送信電力の最適化に関する検討 RCS2021-58 米山あゆみ工学院大)・須山 聡浅井孝浩NTTドコモ)・大塚裕幸工学院大
(34) 14:00-14:10 光無線符号分割多元接続システムにおける複数受光器による特性改善手法 RCS2021-59 春日部大雅ベン ナイラ シャドリア岡田 啓片山正昭名大
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
6月24日(木) 午後  初めての研究会 ポスター4
14:20 - 15:30
(35) 14:20-15:30 「初めての研究会 プレゼン 4」の7件の御講演に関して,ポスター発表を行っていただきます.
  15:30-16:00 休憩 ( 30分 )
6月24日(木) 午後  招待講演
座長: 岡本 英二 (名工大)
16:00 - 16:50
(36) 16:00-16:50 [招待講演]Reliable Federated Learning for Mobile Networks RCS2021-60 Dusit NiyatoNTU
6月25日(金) 午前  初めての研究会 プレゼン 5
座長: 衣斐 信介 (同志社大)
09:00 - 09:50
(37) 09:00-09:10 マルチコプタを用いた送電鉄塔巡視における電波伝搬特性の測定 RCS2021-61 奥田哲款岡田 啓名大)・田中弘生藤原稔弘中部電力)・ベン ナイラ シャドリア片山正昭名大
(38) 09:10-09:20 フェージングチャネルモデルに対する28GHz帯を用いたマルチバンドHetNetのユーザスループット特性 RCS2021-62 西村尚子大塚裕幸工学院大
(39) 09:20-09:30 下り回線NOMAにおけるQoS制約を考慮した圧縮センシングに基づくユーザペアリング手法の検討 RCS2021-63 槇田智史牟田 修九大
(40) 09:30-09:40 無線LANの伝搬チャネル情報を活用した物体検知のための周波数領域特徴量選択方式の実験評価 RCS2021-64 野口知樹牟田 修九大)・村上友規大槻信也NTT
(41) 09:40-09:50 上下回線を有するドローンアクセスネットワークにおけるアンテナ偏波面に関する検討 RCS2021-65 岡田拓馬タン ザカン東工大
  09:50-10:00 休憩 ( 10分 )
6月25日(金) 午後  初めての研究会 プレゼン 6
座長: 児島 史秀 (NICT)
10:00 - 10:50
(42) 10:00-10:10 高多値QAMを用いたミリ波MIMO通信のための位相雑音存在下におけるLLR導出に関する一検討 RCS2021-66 わく本大輝高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(43) 10:10-10:20 有相関MIMO検出のためのガウス信念伝搬法と一般化近似メッセージ伝搬法における自己雑音伝搬の抑制原理に関する一検討 RCS2021-67 玉置凌太伊藤賢太高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(44) 10:20-10:30 量子化AMPによる多次元信号検出のための深層展開を用いた量子化しきい値の学習最適化に関する一検討 RCS2021-68 島村篤典高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(45) 10:30-10:40 低分解能ADCを用いた大規模MIMO検出のための量子化ひずみを考慮したガウス信念伝搬法に関する一検討 RCS2021-69 渡部 樹高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大
(46) 10:40-10:50 プライベートLTEを用いた屋内環境における遅延特性評価 RCS2021-70 王 釗牧野一生香川大)・寺井淳司STNet)・三木信彦香川大
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
6月25日(金) 午後  初めての研究会 ポスター 5
11:00 - 12:10
(47) 11:00-12:10 「初めての研究会 プレゼン 5 & 6」の10件の御講演に関して,ポスター発表を行っていただきます.
  12:10-13:10 昼食 ( 60分 )
6月25日(金) 午後  RCS 2
座長: 樋口 健一 (東京理科大)
13:10 - 14:25
(48) 13:10-13:35 グラントフリー非直交多元接続のための伝播路の事前情報不要な複数観測値近似メッセージ伝播法 RCS2021-71 原 郁紀石橋功至電通大
(49) 13:35-14:00 全二重セルフリーMIMOのためのテンソル信号処理を用いた送受信ビームフォーミング設計法 RCS2021-72 安藤研吾電通大)・飯盛寛貴JUB)・石橋功至電通大)・アブレウ ジュゼッペJUB
(50) 14:00-14:25 有相関レイリーフェージングチャネルにおける準最適ジョイント送受信ダイバーシチの理論検討 RCS2021-73 安達文幸高橋 領東北大
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
6月25日(金) 午後  RCS 3
座長: 岡田 啓 (名大)
14:35 - 15:50
(51) 14:35-15:00 複数端末高速移動時における28 GHz帯基地局連携技術の屋外伝送実験 RCS2021-74 奥山達樹須山 聡野中信秀浅井孝浩NTTドコモ
(52) 15:00-15:25 地上モバイルネットワークとの周波数共用を実現するためのHAPS向けヌルステアリング技術 RCS2021-75 田代晃司星野兼次長手厚史ソフトバンク
(53) 15:25-15:50 プライベートLTEを用いた屋内環境におけるスループット特性評価 RCS2021-76 牧野一生香川大)・寺井淳司STNet)・三木信彦香川大
  - 初めての研究会 結果発表(表彰式)

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(初めての研究会)発表 10 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 RCS研究会幹事補佐
安達 宏一 (電通大)
E-: r_- 


Last modified: 2021-06-16 11:34:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会