お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のIMQ研究会 / 次のIMQ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


イメージ・メディア・クオリティ研究会(IMQ) [schedule] [select]
専門委員長 杉山 賢二 (成蹊大)
副委員長 中口 俊哉 (千葉大), 前田 充 (キヤノン)
幹事 工藤 博章 (名大), 齊藤 新一郎 (ソニー)
幹事補佐 土田 勝 (NTT), 大橋 剛介 (静岡大)

日時 2017年12月15日(金) 13:30 - 15:10
議題 映像ディスプレイとIMQ一般 
会場名 静岡大学 浜松キャンパス 学生支援棟(S-Port)3階会議室 
住所 〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1
交通案内 JR東海道本線・東海道新幹線 【浜松駅】 バスのりば15・16番より 遠鉄バス約20分『静岡大学』下車
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/other/access/
会場世話人
連絡先
静岡大学工学部電気電子工学科 大橋 剛介
053-478-1134
お知らせ ◎研究会後、懇親会を予定しています。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

12月15日(金) 午後 
座長: 土田 勝 (NTT)
13:30 - 15:10
(1) 13:30-13:55 自然画像におけるHelmholtz-Kohlrausch効果の調整法および対刺激比較法での実験値と推定値の比較 IMQ2017-20 速水雄基高須大輝橋本真一静岡大)・青柳寿和高松宏彰NECディスプレイソリューションズ)・下平美文大橋剛介静岡大
(2) 13:55-14:20 多視点3DCG画像のある視点における符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討 IMQ2017-21 河畑則文千葉大
(3) 14:20-14:45 多結晶シリコンPL像中の転位領域の非負値行列因子分解による推定 IMQ2017-22 工藤博章羽山優介松本哲也沓掛健太朗宇佐美徳隆名大
(4) 14:45-15:10 輝度解像度を考慮したカラーフィルタ配列とデモザイキングの基礎検討 IMQ2017-23 杉山賢二笠原 剛粟野直之成蹊大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IMQ イメージ・メディア・クオリティ研究会(IMQ)   [今後の予定はこちら]
問合先 前田充(キヤノン)
E-:imqimqa 
お知らせ ◎イメージ・メディア・クオリティ研究専門委員会ホー ムページ(http://imqa.jp/)もご覧下さい.


Last modified: 2017-12-18 11:11:13


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IMQ研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIMQ研究会 / 次のIMQ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会