お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSSS研究会 / 次のSSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


安全性研究会(SSS) [schedule] [select]
専門委員長 木村 昌臣 (芝浦工大)
副委員長 梅崎 重夫 (労働安全衛生総研)
幹事 鈴木 喜久 (NPO循環型社会推進協会), 佐野 紘平
幹事補佐 川島 興 (オリエンタルモーター), 高橋 聖 (日大)

日時 2018年 3月27日(火) 13:00 - 17:00
議題 安全性一般 
会場名 機械振興会館 地下3階2号室 
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
交通案内 東京メトロ日比谷線神谷町駅下車 徒歩8分
http://www.jspmi.or.jp/kaigishitsu /access.html
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter協賛
お知らせ ◎研究会終了後の情報交換会(懇親会)は行いません.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月27日(火) 午後 
座長: 木村昌臣(芝浦工大)
13:00 - 17:00
(1) 13:00-13:35 IoT時代のIT活用安全管理に関する基礎的検討 ~ データ通信から人の行動の予測と制御への視点転換 ~ SSS2017-31 濱島京子清水尚憲北條理恵子労働安全衛生総研)・土屋政雄アドバンテッジ リスク マネジメント)・梅崎重夫労働安全衛生総研
(2) 13:35-14:10 トンネル作業環境における支援的保護システムの行動分析学的介入法の有効性検証 SSS2017-32 松井克海伊藤大貴日大)・北條理恵子濱島京子梅崎重夫労働安全衛生総研)・土屋政雄アドバンテッジ リスク マネジメント)・福田隆文長岡技科大)・清水尚憲労働安全衛生総研)・高橋 聖日大
(3) 14:10-14:45 トンネル建設現場を仮想したモバイルロボット走行環境における実証実験現場での支援的保護システムの有効性検証 SSS2017-33 伊藤大貴松井克海日大)・北條理恵子濱島京子梅崎重夫労働安全衛生総研)・土屋政雄アドバンテッジ リスク マネジメント)・福田隆文長岡技科大)・清水尚憲労働安全衛生総研)・高橋 聖日大
  - 総合討論・意見交換(前半残 10分)
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
(4) 15:05-15:40 介護ロボットの接近時の生体情報による感情評価 SSS2017-34 香川莉穂松日楽信人染谷祐理子菅谷みどり芝浦工大
(5) 15:40-16:15 光電界プローブを用いた電子機器内部へ流入する静電気ノイズ測定の有効性検証 SSS2017-35 中園祐司日立
(6) 16:15-16:50 人‐ロボット協調安全を実現するための考え方およびキーデバイスとしての3ポジションイネーブルスイッチ SSS2017-36 延廣正毅土肥正男前田育男岡田和也藤田俊弘IDEC
  - 総合討論・意見交換(後半残 10分)

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SSS 安全性研究会(SSS)   [今後の予定はこちら]
問合先 木村昌臣(芝浦工業大学工学部情報工学科)
TEL 03-5859-8507, FAX 03-5859-8507
E-:obau-it 


Last modified: 2018-01-22 11:25:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SSS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSSS研究会 / 次のSSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会