お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 石原 智宏 (富士通研)
副委員長 上田 裕巳 (東京工科大)
幹事 和泉 勇治 (東北大), 池田 博樹 (日立)

日時 2009年 7月 2日(木) 09:30 - 17:20
2009年 7月 3日(金) 09:30 - 11:45
議題 次世代ネットワーク,電力線通信,無線通信方式,一般 
会場名 福江文化会館 
住所 〒853-0018 五島市池田町1番2号
交通案内 http://www.pref.nagasaki.jp/bunka/halls/mappage/goto/fukue.html
会場世話人
連絡先
東北大学 和泉勇治
022-795-5846
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

7月2日(木) 午前 
座長: 石井比呂志(NTT)
09:30 - 11:20
(1) 09:30-09:50 Channel Access and Packet Forwarding Schemes for Inter-Vehicle Communications CS2009-13 Oyunchimeg ShagdarTakashi OhyamaHiroyuki YomoMahdad Nuri ShiraziRyu MiuraSadao ObanaATR
(2) 09:50-10:10 Design of partially-asynchronous parallel processing elements for setting up Benes networks in O(log2N) time CS2009-14 Hitoshi ObaraAkita Univ.
(3) 10:10-10:30 大規模トラヒック多重アルゴリズム(DS-SWFQ)の拡張検討 CS2009-15 川手竜介小口和海横谷哲也山中秀昭三菱電機
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
(4) 10:40-11:00 WDMネットワークにおけるアドオン信号のFH/SSオーバーレイ多重化に関する検討 CS2009-16 水谷彰孝辻岡哲夫阪市大
(5) 11:00-11:20 時変動チャネル環境下でのFractional Sampling OFDM受信機におけるMMSE等化方式の検討 CS2009-17 小林達也眞田幸俊慶大)・M. GhavamiKing's College London
  11:20-11:30 休憩 ( 10分 )
7月2日(木) 午前 
座長: 上田裕巳(東京工科大学)
11:30 - 12:10
(6) 11:30-12:10 [チュートリアル講演]光トランスポートネットワークの最新技術動向 ~ ITU-T G.709 OTN標準化状況 ~ CS2009-18 片桐 徹富士通研
  12:10-13:30 昼食 ( 80分 )
7月2日(木) 午後 
座長: 石原智宏(富士通研究所)
13:30 - 14:20
(7) 13:30-13:55 [奨励講演]無線Ad-Hocネットワークを用いた地域見守りシステムの現状と今後の計画 CS2009-19 中西一貴堀尾伸治金井洪紀新村正明國宗永佳信州大)・本山栄樹長野日本無線)・不破 泰信州大
(8) 13:55-14:20 [招待講演]UHF帯RFIDを用いる屋内位置推定の推定精度向上法 CS2009-20 小室信喜千葉大)・六田智之待井一樹東京工科大)・白石剛大日本システムワープ)・上田博巳河西宏之坪井利憲東京工科大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
7月2日(木) 午後 
座長: 辻岡哲夫(大阪市立大学)
14:30 - 15:50
(9) 14:30-14:50 電力線マルチキャリア通信に適したサブキャリアCNR推定法 CS2009-21 藪内靖弘梅原大祐田野 哲守倉正博京大
(10) 14:50-15:10 屋内電力線上の周期時変通信路に対する通信路状態検出法 CS2009-22 渡辺慶太梅原大祐田野 哲守倉正博京大
(11) 15:10-15:30 車載電源線上の雑音に対するインパルス検出の一考察 CS2009-23 梅原大祐守倉正博京大)・久田俊哉石河伸一住友電工)・堀端啓史オートネットワーク技研
(12) 15:30-15:50 屋内電力線異相間通信時における漏電遮断器の影響 CS2009-24 吉開秀昭佐々木伸一佐賀大
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
7月2日(木) 午後 
座長: 和泉勇治(東北大学)
16:00 - 17:20
(13) 16:00-16:40 [招待講演]技報オンラインシステムの基本設計について CS2009-25 辻岡哲夫阪市大
(14) 16:40-17:20 [招待講演]ネットワーク機器の仮想化技術 ~ 仮想化技術の実装と実例 ~ CS2009-26 森 工ジュニパーネットワークス
7月3日(金) 午前 
座長: 池田博樹(日立)
09:30 - 10:30
(15) 09:30-09:50 インターネットトラフィック予測に関する一検討 CS2009-27 松岡直樹宮崎啓二田中 淳富士通研
(16) 09:50-10:10 攻撃と故障に耐性のある効率的な大規模ネットワークモデルに関する一考察 CS2009-28 古谷 快西山大樹加藤 寧東北大
(17) 10:10-10:30 端末及びネットワークリソースを並列化した超広帯域通信についての検討 CS2009-29 高橋宏和滝澤 允小林正啓鎌谷 修石田 修NTT
  10:30-10:45 休憩 ( 15分 )
7月3日(金) 午前 
座長: 河内肇(OFN)
10:45 - 11:45
(18) 10:45-11:05 10G-EPONバースト光送信、受信技術 ~ G-EPONとの共存にむけて ~ CS2009-30 田島章雄芝 和宏内方達也水木恵美子高橋成五牧田紀久夫NEC
(19) 11:05-11:25 10G-EPONシステムにおける動的帯域割当 CS2009-31 西谷隆志田中正基向井宏明小崎成治山中秀昭三菱電機
(20) 11:25-11:45 1G/10GデュアルレートEPONに適した動的帯域割当方法 ~ 要求量しきい値の更新をソフトウェア処理により実現する方法 ~ CS2009-32 村山大輔太田憲行鈴木謙一三鬼準基吉本直人雲崎清美NTT

講演時間
一般講演発表 17 分 + 質疑応答 3 分
奨励講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 20 or 35 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 和泉勇治(東北大学大学院情報科学研究科)
TEL 022-795-5846, FAX 022-795-5850
池田博樹 (日立)
TEL 042-323-1111, FAX 042-327-7740
E-: n2009n 
お知らせ ◎開催地の場所柄およびクールビズ推進を考慮して,ビジネスカジュアル(ノーネクタイ)でのご参加を推奨させていただきます.皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます.
◎7月2日の研究会終了後にカンパーナホテル(http://sv65.wadax.ne.jp/~campana-hotel-com/)にて,懇親会と表彰式を開催致します.多数のご参加をお待ちしております.
◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2010-10-12 19:43:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会