お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のEMCJ研究会 / 次のEMCJ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


環境電磁工学研究会(EMCJ) [schedule] [select]
専門委員長 古賀 隆治
副委員長 井上 浩
幹事 橋本 康雄, 庄山 正仁
幹事補佐 平田 晃正, 藤井 勝巳

日時 2007年 5月25日(金) 13:00 - 17:00
議題 EMC一般 
会場名 新潟大学 ベンチャービジネスラボラトリー 1階大会議室 
住所 〒950-2181 新潟市五十嵐2の町8050番地
交通案内 西門入口すぐ
http://www.niigata-u.ac.jp/gakugai/id/005.html
会場世話人
連絡先
人間支援科学専攻 宮川道夫
他の共催 ◆IEEE EMC Society Japan Chapter共催 IEEE EMC Society Sendai Chapter協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

5月25日(金) 午後 
13:00 - 17:00
  13:00-13:05 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 13:05-13:30 Fresnel領域の振る舞いを考慮した液剤中でのアンテナ利得および比誘電率の同時測定における不確かさ評価 EMCJ2007-10 志賀博樹五十嵐直人新潟大)・石井 望新潟大/NICT)・佐藤賢一NTT-AT)・浜田リラ渡辺聡一NICT
(2) 13:30-13:55 球面波空間定在波法による建築材料の複素比誘電率測定 EMCJ2007-11 西潟陽輔小松弘明・○石井 望宮川道夫新潟大
(3) 13:55-14:20 FDTD法と遺伝的アルゴリズムを用いた多層型周波数選択性遮蔽の最適設計 EMCJ2007-12 岩井 通山本真一郎畠山賢一相河 聡兵庫県立大
(4) 14:20-14:45 球状導体による平面電磁波散乱の一考察 EMCJ2007-13 相澤和夫越後 宏東北学院大
  14:45-14:50 休憩 ( 5分 )
(5) 14:50-15:15 PCBをノイズ源とした筐体まどからの電磁放射の検討 (その3) EMCJ2007-14 宮田翔吾萓野良樹井上 浩秋田大
(6) 15:15-15:40 オンチップ集積化マイクロ磁界プローブの開発 EMCJ2007-15 小屋祥太・○鳥塚英樹山口正洋東北大)・青山 聡川人祥二静岡大
(7) 15:40-16:05 異方性電波吸収体の方向性の軸に関する実験的評価 EMCJ2007-16 山本真一郎高江義昭越智祥史岩井 通畠山賢一相河 聡兵庫県立大
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
(8) 16:15-17:00 [招待講演]福祉工学における電磁波との関わり EMCJ2007-17 宮川道夫新潟大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
EMCJ 環境電磁工学研究会(EMCJ)   [今後の予定はこちら]
問合先 平田晃正(名古屋工業大学大学院)
〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町
TEL&FAX 052-735-7916
emcj 


Last modified: 2008-04-02 00:19:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EMCJ研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEMCJ研究会 / 次のEMCJ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会