電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

会場は,10/13が6号館632教室,10/14が6号館623教室です.



ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 佐伯 元司
副委員長 坂部 俊樹
幹事 権藤 克彦, 松下 誠

日時 2005年10月13日(木) 13:00 - 17:15
2005年10月14日(金) 09:00 - 12:45
議題 一般 
会場名 十文字学園女子大学 新座キャンパス 6号館(632教室(8/13),623教室(8/14)) 
住所 〒352-8510 埼玉県新座市菅沢2-1-28
交通案内 JR武蔵野線「新座駅」下車、徒歩8分
http://www.jumonji-u.ac.jp/profile/access.html
会場世話人
連絡先
社会情報学科 泉直子
なし
お知らせ ◎発表時間は発表20分+質問10分を目安にお願いします.
◎懇親会会場が「ほり亭」というお店に決まりました.バス送迎ありで最後は駅まで(朝霞台を予定)連れて行ってくれます(駅まで歩くには遠いので途中で帰るのはお勧めしません).予め出欠を取る必要がありますので参加希望者は幹事の権藤まで10/7 17:00までにご連絡ください.
◎宿泊ホテルは志木駅,朝霞台駅,北朝霞駅付近のホテルが新座駅に近くて便利です.
◎十文字学園の入講の際,校門での手続き等は不要です.直接,6号館の会場にお越しください.受付で配布する名札を着用してください.

10月13日(木) 午後 
13:00 - 17:15
(1) 13:00-13:30 Javaプログラムを対象としたオブジェクト間の呼び出し関係情報を含んだコントロールフローグラフの生成について 川添貴議片山徹郎宮崎大
(2) 13:30-14:00 拡張オーバレイモデルへの難易度の導入とその効果 桜井将人砂長 裕山本洋介上之薗和宏橋浦弘明古宮誠一芝浦工大
(3) 14:00-14:30 データ依存解析に基づくレガシーソフトウェアからのサービス抽出法 木村隆洋中村匡秀井垣 宏松本健一奈良先端大
(4) 14:30-15:00 ソフトウェア開発に関する実践的な仮説 服部 昇副島千鶴山本修一郎NTTデータ
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
(5) 15:15-15:45 テスト駆動開発に基づくプログラミング学習支援システム ~ 初心者開発者のためのセルフトレーニングアーキテクチャ ~ 吉田英輔広島大)・角川裕次阪大
(6) 15:45-16:15 産能大式事務分析図とアクティビティ図における業務分析の有効性比較 立松卓磨芝浦工大)・小島 章NECソフト)・木口貴人芝浦工大)・高橋 弘富士電機アドバンストテクノロジー)・古宮誠一芝浦工大
(7) 16:15-16:45 重なりを持つTRSにおける最外戦略の完全性について 岩田篤史酒井正彦西田直樹草刈圭一朗坂部俊樹名大
(8) 16:45-17:15 類似プロジェクトを用いた工数予測方法の性能比較 角田雅照柿元 健大杉直樹門田暁人松本健一奈良先端大
10月14日(金) 午前 
09:00 - 12:45
(9) 09:00-09:30 UMLモデルに対するXPathとXMI-differenceを用いた不整合検出と解消 佐々木 亨岡野浩三楠本真二阪大
(10) 09:30-10:00 Daikonの限定利用によるJavaメソッドの事後条件の自動導出 梶田泰伸岡野浩三楠本真二阪大
(11) 10:00-10:30 A New Architecture for Trust Management with User Presence Jun NodaNEC)・Hisashi MouriNAIST)・Yoshiaki TakataHiroyuki SekiNEC/NAIST)・Daigo TaguchiMie TakahashiItaru HosomiNEC
(12) 10:30-11:00 Parametric Verification towards Design of Real-Time Systems Chaiwat SathawornwichitTakuya KatayamaJAIST
  11:00-11:15 休憩 ( 15分 )
(13) 11:15-11:45 フィーチャー指向分析を基にしたApacheの構成・設定の動的変更 谷崎裕明片山卓也北陸先端大
(14) 11:45-12:15 Communication model among Statecharts: An approach using characteristic event sequences Hsin-Hung LinTakuya KatayamaJAIST
(15) 12:15-12:45 PSF手法に基づくプログラム作成過程における変遷の可視化 水穂良平土田康太浜名隆広佐藤匡正島根大

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 権藤克彦(東京工業大学)
TEL 03-5734-2810
FAX 03-5734-2772
E-: nw 
お知らせ ◎最新情報は,SIGSS研究会ホームページ http://www.sde.cs.titech.acjp/ss/ をご覧下さい.


Last modified: 2005-10-10 18:21:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会