電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 吉原 貴仁 (KDDI総合研究所)
副委員長 山下 陽一 (NTTネオメイト), 三好 匠 (芝浦工大)
幹事 服部 雅晴 (KDDI総合研究所), 大石 晴夫 (NTT)
幹事補佐 朱 韵成 (日立)

日時 2019年 3月 7日(木) 09:00 - 17:15
2019年 3月 8日(金) 09:00 - 16:20
議題 エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
会場名 久米島イーフ情報プラザ 
住所 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-57
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ICM研究会)についてはこちらをご覧ください.

3月7日(木) 午前  セッション1(交流ホール)
座長: 上山 憲昭(福岡大学)
09:00 - 10:20
(1) 09:00-09:20 [奨励講演]パーミッション型ブロックチェーンシステムの組織協調運用を支援する運用フロースマートコントラクトの検討 佐藤竜也肥村洋輔根本 潤日立
(2) 09:20-09:40 [奨励講演]多拠点展開されたシステムにおける拠点間の関連性表示システムの提案 正地 徹沼田晋作佐橋直樹持永健介駒走聡昭中澤 修NTTコミュニケーションズ
(3) 09:40-10:00 ネットワーク障害が及ぼすサービス影響把握方式の検討 深見公彦村瀬健司佐藤正崇田山健一NTT
(4) 10:00-10:20 ネットワークコストを最小化する仮想コンテンツキャッシュ機能の動的配備法 澁谷 翔・○栗林伸一成蹊大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
3月7日(木) 午前  招待講演1(交流ホール)
座長: 吉原 貴仁(KDDI総合研究所)
10:30 - 12:15
(5) 10:30-11:05 [招待講演]大都市災害時のための情報ネットワーク制御の研究開発 朝香卓也首都大東京
(6) 11:05-11:40 [招待講演][Invited Talk] DRS: Auto-Scaling for Real-Time Stream Analytics Richard T. B. MaNUS
(7) 11:40-12:15 [招待講演]3GPPにおける5Gシステムアーキテクチャ,及びネットワークスライシングに関する標準化動向 横田大輔ソフトバンク
  12:15-13:15 昼休み ( 60分 )
3月7日(木) 午後  ワークショップ(交流ホール)
13:15 - 17:15
(8) 13:15-17:15 **********************************************************
2019年情報通信マネジメント(ICM)ワークショップ ※第二種研究会
テーマ:AIが導く全自動ITはどこまで信頼できるのか?

詳細は下記でご確認下さい。
http://www.ieice.org/~icm/jpn/icmws/icmws201903.html
**********************************************************
3月8日(金) 午前  セッション2(交流ホール)
座長: 木下 和彦(徳島大学)
09:00 - 10:20
(9) 09:00-09:20 クラウド時代におけるVDI Proxyを用いた分散VDIシステムの提案 小口直樹高野陽介富士通研)・阿部俊二NII
(10) 09:20-09:40 Hadoopデータセンタにおけるオークションメカニズムを用いた料金設定と計算資源割当て手法 真鍋 優川原 純笠原正治奈良先端大
(11) 09:40-10:00 モバイルエッジコンピューティングにおける移動性と方向転換を考慮したタスクオフローディング 松本宙也水野 修古 博工学院大
(12) 10:00-10:20 コンテンツ事業者の利益最大化を目的とした仮想CDN最適設計法 細川裕太郎上山憲昭福岡大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
3月8日(金) 午前  招待講演2(交流ホール)
座長: 三好 匠(芝浦工業大学)
10:30 - 11:40
(13) 10:30-11:05 [招待講演]A Survey of Recent Trends in Multi-access Edge Computing
-- Matching-based Approaches --
Bo GUKogakuin Univ.
(14) 11:05-11:40 [招待講演]TMForumにおけるAI・ネットワークスライシングの検討動向について 泉田聡介NTTコムウェア
  11:40-12:40 昼休み ( 60分 )
3月8日(金) 午後  セッション3(交流ホール)
座長: 沼田 晋作(NTTコミュニケーションズ)
12:40 - 14:00
(15) 12:40-13:00 ICNの高可用性を実現するキャッシュ制御方式 濵田 凛上山憲昭福岡大
(16) 13:00-13:20 Webオブジェクトの共起度分析 桜井洸輝上山憲昭福岡大)・中尾彰宏東大
(17) 13:20-13:40 操作ログを入力とした業務プロセス可視化手法の検討 卜部有記八木佐也香土川公雄増田 健NTT
(18) 13:40-14:00 多様なレイアウトの帳票からのデータ抽出・反映のための項目名と項目値の自動関連付け手法 高木郁子小笠原志朗辻 幸嗣NTT
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
3月8日(金) 午後  セッション4(交流ホール)
座長: 山下 真司(富士通研究所)
14:10 - 15:10
(19) 14:10-14:30 業務可視化・評価のためのデータ収集・蓄積手法に関する検討 東海林佳昭井上正輝吉田 寛柴田朋子NTT
(20) 14:30-14:50 運用作業の失敗を抑制するための類似作業抽出手法の提案 武田直人KDDI)・大西圭介KKE)・岡田圭司酒徳 哲立花篤男阿野茂浩KDDI
(21) 14:50-15:10 ネットワーク設備管理データモデルの建築設備管理への拡張に関する検討 坂梨郁雄小西健太大野木健太江口秀晃NTTコムウェア
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
3月8日(金) 午後  セッション5(交流ホール)
座長: 清水 智明(NTTコムウェア)
15:20 - 16:20
(22) 15:20-15:40 サービス保守業務におけるBig data管理基盤に求められる機能に関する考察 高田 篤丹治直幸関 登志彦山越恭子NTT
(23) 15:40-16:00 [奨励講演]強化学習の探索結果を活用した自動構築モジュール間の依存性検出 中野谷 学NEC
(24) 16:00-16:20 探索型ネットワーク設計導出方式の強化学習による探索の効率化 丸山貴志桑原拓也八鍬 豊黒田貴之佐藤陽一NEC

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 30 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 


Last modified: 2019-02-22 15:28:33


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会