お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 漆谷 重雄 (NII)
副委員長 平松 淳 (NTT)
幹事 木下 和彦 (阪大), 栗本 崇 (NTT)
幹事補佐 武田 知典 (NTT)

コミュニケーションクオリティ研究会(CQ) [schedule] [select]
専門委員長 山崎 達也 (NICT)
副委員長 高橋 玲 (NTT), 板倉 英三郎 (ソニー)
幹事 布目 敏郎 (名工大), 岡本 淳 (NTT)
幹事補佐 立花 篤男 (KDDI研)

情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 高野 誠 (NTT)
副委員長 阿多 信吾 (阪市大), 登内 敏夫 (NEC)
幹事 吉原 貴仁 (KDDI研), 増田 健 (NTT)
幹事補佐 野村 祐士 (富士通研)

ネットワーク仮想化時限研究会(NV) [schedule] [select]
専門委員長 長谷川 亨 (KDDI研)
副委員長 中尾 彰宏 (東大)
幹事 鈴木 敏明 (日立), 明石 修 (NTT)
幹事補佐 福嶋 正機 (KDDI研), 宮澤 高也 (NICT)

日時 2012年11月15日(木) 09:00 - 17:20
2012年11月16日(金) 09:00 - 16:50
議題 ネットワーク品質,ネットワーク管理・計測,ネットワーク仮想化,一般 
会場名 長浜バイオ大学 命北館4F 中講義室 
住所 〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266
交通案内 JR田村駅前
http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
朝日大学 経営学部経営情報学科 矢守恭子,長浜バイオ大学 総務課 宮川善彦
0749-64-8100 (内線132)
お知らせ ◎15日研究会終了後,懇親会を予定していますのでご参加ください.
◎(13)共通[招待講演]は,ネットワーク仮想化第二種研究会との共同招待講演です.
◎会場近辺のホテル情報は,http://www.ieice.org/cs/cq/jpn/201211/hotel.pdf をご覧ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月15日(木) 午前  CQ1
09:00 - 10:20
(1)
CQ
09:00-09:20 Popularity-Based Modelling of Flash Events in Synthetic Packet Traces CQ2012-57 Marat ZhanikeevTokyo Univ. of Science)・Yoshiaki TanakaWaseda Univ.
(2)
CQ
09:20-09:40 ロジスティック回帰分析法を用いたトラヒック予測手法に関する一検討 CQ2012-58 秋月俊寛早大)・市野将嗣電通大)・甲藤二郎小松尚久早大
(3)
CQ
09:40-10:00 通信規模を考慮した信頼性評価法の検討 ~ 評価手法の検証と活用方法について ~ CQ2012-59 越地弘順船越裕介唐澤秀一松林泰則NTT
(4)
CQ
10:00-10:20 P2Pライブ配信システムの開発とロンドン五輪におけるライブ配信実証実験 CQ2012-60 西村 敏青木勝典中川俊夫遠藤洋介石川清彦NHK
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
11月15日(木) 午前  NV
10:30 - 12:30
(5) 10:30-12:30 ★第二種研究会 ネットワーク仮想化時限研究専門委員会(NV)
プログラムは以下を参照:
http://www.ieice.org/~nv/%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a/
  12:30-13:30 昼食 ( 60分 )
11月15日(木) 午後  NS1
座長: 塚本 和也(九工大)
13:30 - 14:50
(6)
NS
13:30-13:50 共用IPネットワークを用いたSHV映像の高速・高信頼伝送 NS2012-103 木村直宏小河原成哲藤井竜也NTT
(7)
NS
13:50-14:10 遅延挿入によるP2PTVトラヒック誘導方式のQoS/QoE評価 NS2012-104 篠崎友希三好 匠芝浦工大)・オリヴィエ フルモーUPMC
(8)
NS
14:10-14:30 情報収集型サーバにおける受信バッファサイズおよび並列コネクション数の複数TCP間協調動作に基づくQoS制御 NS2012-105 坂尻康隆谷川陽祐戸出英樹阪府大
(9)
NS
14:30-14:50 遅延差の大きなネットワークにおけるマルチパスTCPパケット分配方式の提案 NS2012-106 及川永寿中山泰一電通大
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
11月15日(木) 午後  特別講演
座長: 高野誠 (NTT)
15:00 - 15:40
(10)
共通
15:00-15:20 [特別講演]TMF Action Week Baltimore 2012報告 NS2012-107 CQ2012-61 ICM2012-28 中里彦俊清水雅史NTT)・佐々木圭一北井 敦NTTコムウェア
(11)
共通
15:20-15:40 [特別講演]TM Forum東京スポットライト2012報告 NS2012-108 CQ2012-62 ICM2012-29 蒋 海鷹北井 敦NTTコムウェア
  15:40-15:45 休憩 ( 5分 )
11月15日(木) 午後  チュートリアル講演
15:45 - 16:30
(12)
共通
15:45-16:30 [チュートリアル講演]インターネットの資源管理をめぐる最近の話題 NS2012-109 CQ2012-63 ICM2012-30 後藤滋樹早大
  16:30-16:35 休憩 ( 5分 )
11月15日(木) 午後  招待講演
16:35 - 17:20
(13)
共通
16:35-17:20 [招待講演]OpenFlow/SDNとネットワーク仮想化 NS2012-110 CQ2012-64 ICM2012-31 進藤資訓ヴイエムウェア
11月16日(金) 午前  CQ2
09:00 - 10:20
(14)
CQ
09:00-09:20 省電力経路選択アルゴリズムのSDNへの適用に関する一検討 CQ2012-65 山田亜紀子清水 翔今井悟史宗宮利夫富士通
(15)
CQ
09:20-09:40 Improving OLSR for highly mobile and lossy networks CQ2012-66 Narangerel DashbyambaCelimuge WuSatoshi OhzahataToshihiko KatoUniv. of Electro-Comm.
(16)
CQ
09:40-10:00 近接した複数無線LANのチャネル間距離とスループット特性 CQ2012-67 森内彩加お茶の水女子大)・村瀬 勉NEC)・小口正人お茶の水女子大
(17)
CQ
10:00-10:20 無線LANアクセスポイントのチャネル内競合とチャネル間干渉を同時に考慮したチャネル割当方法 CQ2012-68 熊谷菜津美磯村美友お茶の水女子大)・村瀬 勉NEC)・小口正人お茶の水女子大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
11月16日(金) 午前  ICM
座長: 佐々木紀之 (NTTコムウェア)
10:30 - 11:50
(18)
ICM
10:30-10:50 TMF SIDのモデリングパターンの実装に関する一検討 ~ モデル変換のグラフ文法を用いた形式化 ~ ICM2012-32 西尾 学NTT
(19)
ICM
10:50-11:10 [奨励講演]エリア輻輳における輻輳状況の可視化に対する一検討 ICM2012-34 遠藤大己高橋謙輔堀米英明NTT
(20)
ICM
11:10-11:30 偏在度の拡張によるWDMネットワークの拠点重要度の評価手法 ICM2012-35 鈴木功太郎篠宮紀彦創価大)・宮下卓也富士通)・田島一幸内藤崇男富士通研
(21)
ICM
11:30-11:50 媒介中心性を用いたWDMネットワークの設備増強拠点の考察 ICM2012-36 宮下正明篠宮紀彦創価大)・宮下卓也富士通)・田島一幸内藤崇男富士通研
  11:50-13:10 昼食 ( 80分 )
11月16日(金) 午後  NS2
座長: 上山 憲昭(NTT)
13:10 - 14:30
(22)
NS
13:10-13:30 [奨励講演]細粒度トラヒック予測を用いたトラヒック追従型省電力ルータにおけるレイテンシ削減 NS2012-111 小谷野 壮阿多信吾岩本 久阪市大)・矢野祐二黒田泰斗ルネサス エレクトロニクス)・井上一成奈良高専/阪大)・岡 育生阪市大
(23)
NS
13:30-13:50 サービスルータにおけるトラヒック動的制御の性能向上を目的としたフロー検知・カットスルー方式 NS2012-112 西山聡史渡辺裕太大坂 健新井直樹松岡康行NTT
(24)
NS
13:50-14:10 AndroidタブレットによるOpenFlowネットワークのビジュアル的取扱い NS2012-113 澤 友規藤田 将平野浩太郎国際情報科学協会
(25)
NS
14:10-14:30 プラグアンドプレイによるGMPLS網自動構築方式と相互接続実証 NS2012-114 林 理恵島崎大作笹山浩二NTT)・戸室知二三輪賢一郎大槻英樹NICT
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
11月16日(金) 午後  CQ3
14:40 - 16:00
(26)
CQ
14:40-15:00 インセンティブによる通信トラヒックの動的制御の提案 CQ2012-69 新熊亮一京大)・矢守恭子朝日大
(27)
CQ
15:00-15:20 Analysis of Privacy Setting Behaviors in Social Networking Services CQ2012-70 Basilisa MvungiRyoichi ShinkumaTatsuro TakahashiKyoto Univ.
(28)
CQ
15:20-15:40 低遅延オンラインゲームにおけるIP位置情報を用いたユーザマッチングの解析的評価 CQ2012-71 相川洋平屏 雄一郎大岸智彦新井田 統長谷川 亨KDDI研
(29)
CQ
15:40-16:00 サービス指向ノードを用いたスマートグリッド向け低遅延アクセスサービスの提案 CQ2012-72 久保亮吾石田慎一西 宏章慶大)・田所将志久保尊広鈴木謙一吉本直人NTT
  16:00-16:10 休憩 ( 10分 )
11月16日(金) 午後  NS3
座長: 中内 清秀(NICT)
16:10 - 16:50
(30)
NS
16:10-16:30 トラヒックの時間変動を考慮した動的トラヒックエンジニアリングのためのトラヒック予測 NS2012-115 大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT
(31)
NS
16:30-16:50 複数キューを有する出力ポートを考慮したリンク使用率の推定法 NS2012-116 伊賀井清史大木英司電通大

その他(原稿あり)
サーバ監視における自動追跡モデル確立の初歩探求 (講演なし) ICM2012-33 ザイ建一日本信和

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
武田知典 (NTT)
TEL 0422-59-7434
栗本崇 (NTT)
TEL 0422-59-3121 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
CQ コミュニケーションクオリティ研究会(CQ)   [今後の予定はこちら]
問合先 布目 敏郎(名工大)
TEL 052-735-7785, FAX 052-735-7785
岡本 淳(NTT)
TEL 0422-59-6526, FAX 0422-59-6364
E-: cq_-n 
お知らせ ◎最新情報は,コミュニケーションクオリティ研究会ホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cq/jpn/
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 
NV ネットワーク仮想化時限研究会(NV)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2012-11-08 16:31:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [CQ研究会のスケジュールに戻る]   /   [ICM研究会のスケジュールに戻る]   /   [NV研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会