お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


衛星通信研究会(SAT) [schedule] [select]
専門委員長 筋誡 久 (NHK)
副委員長 石川 博康 (日大), 井家上 哲史 (明大)
幹事 小島 政明 (NHK), 難波 忍 (KDDI総合研究所)
幹事補佐 大倉 拓也 (NICT), 五藤 大介 (NTT)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 岡本 英二 (名工大)
副委員長 前原 文明 (早大), 西村 寿彦 (北大), 旦代 智哉 (東芝)
幹事 牟田 修 (九大), 村岡 一志 (NEC)
幹事補佐 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ), 酒井 学 (三菱電機), 岩渕 匡史 (NTT), 奥山 達樹 (NTTドコモ)

日時 2020年 8月20日(木) 09:00 - 16:25
2020年 8月21日(金) 09:25 - 16:50
議題 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
会場名 オンライン開催 
お知らせ ◎8月20日(木)研究会終了後、オンラインにて簡単な懇親会を予定しておりますのでご参加ください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SAT研究会, RCS研究会)についてはこちらをご覧ください.

8月20日(木) 午前  SAT
座長: 難波 忍 (KDDI総合研究所)
09:00 - 10:40
(1)
SAT
09:00-09:25 ハイスループット衛星通信システムのビームリソース制御に対するACMによる周波数利用効率改善 SAT2020-10 大川 貢若菜弘充三浦 周NICT
(2)
SAT
09:25-09:50 新4K・8K衛星放送の受信系におけるIF漏洩に関する評価 ~ 屋内アンテナ端子からの漏洩量の測定 ~ SAT2020-11 佐久間和司芹澤和伸清水 聡矢野一人鈴木義規ATR
(3)
SAT
09:50-10:15 パルス変調波干渉によるBS,CS受信機の画像破綻C/Iの測定 SAT2020-12 正源和義放送衛星システム)・田島慶一スカパーJSAT)・松下純也小島政明NHK)・田中祥次放送衛星システム)・山田良和浜中太郎橋本明記NHK
(4)
SAT
10:15-10:40 地上自由空間光伝送実験におけるチャネル推定と等化を用いたpolar符号の性能改善の検討 SAT2020-13 藤田紳吾岡本英二名工大)・竹中秀樹國森裕生遠藤寛之藤原幹生北村光雄NICT)・清水亮介電通大)・佐々木雅英豊嶋守生NICT
  10:40-10:55 休憩 ( 15分 )
8月20日(木) 午前  RCS
座長: 衣斐 信介 (同志社大)
10:55 - 12:10
(5) 10:55-11:20 Gibbs Samplingを用いた大規模 MIMO復調方式における強制的シンボル探索の検討
○山崎健司・眞田幸俊(慶大)
本発表は6月研究会にエントリされた予稿番号RCS2020-55の振り替え講演です。
(6) 11:20-11:45 最大比合成を用いた混合ブロック並列GibbsサンプリングによるMIMO復調の検討
○戸村宏輔・眞田幸俊・小林佑太郎(慶大)
本発表は6月研究会にエントリされた予稿番号RCS2020-56の振り替え講演です。
(7) 11:45-12:10 過負荷MIMOのためのMMSE等化を用いた低計算量信念伝搬信号検出アルゴリズム
○今村 崇・眞田幸俊(慶大)
本発表は6月研究会にエントリされた予稿番号RCS2020-57の振り替え講演です。
  12:10-13:25 昼食 ( 75分 )
8月20日(木) 午後  特集セッション 「UAVの最新研究と将来の無線通信技術動向」
座長: 前原 文明 (早大)
13:25 - 14:15
(1)
共通
13:25-13:50 [依頼講演]UAV-based Wireless Surveillance System enabled by High Resolution Video Transmission SAT2020-14 RCS2020-78 Tao YuShunya ImadaKiyomichi ArakiKei SakaguchiTokyo Tech
(2)
共通
13:50-14:15 [依頼講演]無人飛行機を用いたミリ波LoS-MIMOの効果 SAT2020-15 RCS2020-79 西森健太郎新潟大
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
8月20日(木) 午後  特集セッション 「UAVの最新研究と将来の無線通信技術動向」
座長: 筋誡 久 (NHK)
14:30 - 15:20
(3)
共通
14:30-14:55 [依頼講演]3GPPにおける5G Non-Terrestrial Networksの標準化動向 SAT2020-16 RCS2020-80 西尾昭彦大内幹博パナソニック
(4)
共通
14:55-15:20 [依頼講演]6Gに向けた移動通信のカバレッジ拡張 ~ 空・海・宇宙へ ~ SAT2020-17 RCS2020-81 岸山祥久NTTドコモ
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
8月20日(木) 午後  RCS 招待講演
座長: 岡本 英二 (名工大)
15:35 - 16:25
(5)
共通
15:35-16:25 [招待講演]6Gに向けたHAPSモバイルブロードバンド通信の研究開発 SAT2020-18 RCS2020-82 長手厚史星野兼次太田喜元ソフトバンク
8月21日(金) 午前  RCS
座長: 久保 博嗣 (立命館大)
09:25 - 10:15
(6)
RCS
09:25-09:50 カオス変調とQAMを用いた暗号化ハイブリッド変調手法の検討 RCS2020-83 加賀有貴奥村 守岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
(7)
RCS
09:50-10:15 確率的遮蔽を伴うミリ波通信のためのロバストビームフォーミング設計に関する一検討 RCS2020-84 岡部 亮電通大)・飯盛寛貴JUB)・石橋功至電通大
  10:15-10:30 休憩 ( 15分 )
8月21日(金) 午前  SAT
座長: 石川 博康 (日大)
10:30 - 11:45
(8)
SAT
10:30-10:55 [奨励講演]深層学習を用いた複数衛星における重畳LEO-MIMO制御信号のドップラーシフト推定 SAT2020-19 桶間 椋名大)・五藤大介NTT)・山里敬也名大)・山下史洋糸川喜代彦NTT
(9)
SAT
10:55-11:20 [奨励講演]Software Defined Satelliteの実現に向けた要素技術 SAT2020-20 谷 重紀山下靖貴早馬道也半谷政毅有賀 博三菱電機
(10)
SAT
11:20-11:45 [奨励講演]ハイスループット衛星通信システムを用いたリソース割当の柔軟性向上のための送信電力とビーム指向性の融合制御に関する検討 SAT2020-21 高橋昌希川本雄一加藤 寧東北大
  11:45-13:25 昼食 ( 100分 )
8月21日(金) 午後  SAT 特別講演
座長: 井家上 哲史 (明大)
13:25 - 13:50
(11)
共通
13:25-13:50 [特別講演]Skyloによる衛星IoTサービスのご紹介 SAT2020-22 RCS2020-85 吉田 修浦 真人松井裕明伊藤 雄ソフトバンク
  13:50-14:05 休憩 ( 15分 )
8月21日(金) 午後  RCS
座長: 牟田 修 (九大)
14:05 - 15:20
(12)
RCS
14:05-14:30 Evaluation of Window Functions and Low Complexity ICI and ISI Cancellation for w-OFDM Systems RCS2020-86 Ziang LiuYuyuan ChangKazuhiko FukawaTitech
(13)
RCS
14:30-14:55 パイロット汚染環境における帯域内全二重通信における差動符号化に基づく自己干渉キャンセラの一検討 RCS2020-87 冨田健介衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大
(14)
RCS
14:55-15:20 厳しい2重選択性伝送路のための差動マルチキャリア伝送方式 RCS2020-88 久保博嗣岩本航汰久保哲朗田中優花中井 唯立命館大
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
8月21日(金) 午後  RCS
座長: 小西 たつ美 (愛知工大)
15:35 - 16:50
(15)
RCS
15:35-16:00 厳しい2重選択性環境のための伝送路予測多重遅延検波を用いた差動トレリス符号化OFDM RCS2020-89 岩本航汰久保哲朗久保博嗣立命館大
(16)
RCS
16:00-16:25 予測形判定帰還多重遅延検波を用いた差動OFDMの基本特性 RCS2020-90 長舩大陽久保博嗣立命館大
(17)
RCS
16:25-16:50 音響通信のための多値QAMシングルキャリアブロック伝送方式とそのフレーム構成の検討 RCS2020-91 山本捷義久保博嗣立命館大

講演時間
一般講演(SAT)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(RCS)発表 18 分 + 質疑応答 7 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SAT 衛星通信研究会(SAT)   [今後の予定はこちら]
問合先 SAT研究会幹事:t_-c
小島 政明(NHK)
難波 忍(KDDI総合研究所)
大倉 拓也(NICT)
五藤 大介(NTT) 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 中村 理 (シャープ)
E-:r_- 


Last modified: 2020-08-19 15:46:11


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SAT研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会