お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSRW研究会 / 次のSRW研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


短距離無線通信研究会(SRW) [schedule] [select]
専門委員長 加藤 修三 (東北大)
副委員長 加藤 正文 (富士通), 原田 博司 (NICT)
幹事 田野 哲 (岡山大), 溝口 匡人 (NTT)
幹事補佐 沢田 浩和 (NICT), 温 允 (富士通)

{INFOMESITEM}
日時 2013年 8月19日(月) 10:20 - 16:50
議題 WLAN関連技術, 一般 
会場名 芝浦工業大学 豊洲キャンパス 
住所 東京都江東区豊洲3-7-5
交通案内 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」1cまたは3番出口から徒歩7分
http://www.shibaura-it.ac.jp/about/campus_toyosu.html
会場世話人
連絡先
久保田周治
03-5859-8252
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

8月19日(月) 午前 
10:20 - 12:00
(1) 10:20-11:10 [招待講演]oneM2Mの標準化動向 ~ M2M市場拡大のためのサービス層標準化 ~ SRW2013-20 山崎徳和KDDI)・服部雅晴KDDI研
(2) 11:10-12:00 [招待講演]ECHONET Liteのサービス事例とM2M無線通信に求められる要件 SRW2013-21 足立崇彰パナソニック
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
8月19日(月) 午後 
13:00 - 16:50
(3) 13:00-13:25 無線LAN OFDM用符号化多値変調の一検討 SRW2013-22 中橋敏孝久保田周治芝浦工大
(4) 13:25-13:50 DSSS型O-QPSKにおける狭帯域干渉抑圧時の誤り訂正効果の検討 SRW2013-23 大塚 翔久保田周治芝浦工大
(5) 13:50-14:15 DSSS型O-QPSKにおける同一チャネル環境下での複数データ一括受信の検討 SRW2013-24 工藤一馬久保田周治芝浦工大
(6) 14:15-14:40 通信における時間同期と周波数同期の分離可能条件 SRW2013-25 實松 豊香田 徹九大)・合原一幸東大
(7) 14:40-15:05 センサ協調ビーム形成法における適応送信手法による受信特性改善効果 SRW2013-26 別府多久哉藤田将大冨里 繁田野 哲秦 正治岡山大
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
(8) 15:20-16:50 [パネル討論]M2Mエリアネットワークの特徴 ~ 要求条件の抽出に向けて ~ SRW2013-27 加藤正文富士通研)・足立崇彰パナソニック)・山崎徳和KDDI)・石榑康雄NTT)・福永 茂OKI

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 10 分
パネル討論発表 90 分

問合先と今後の予定
SRW 短距離無線通信研究会(SRW)   [今後の予定はこちら]
問合先 沢田浩和(NICT)
TEL 046-847-5055 FAX 046-847-5011
E-: srw-c 


Last modified: 2013-06-21 21:03:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SRW研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSRW研究会 / 次のSRW研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会