電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のKBSE研究会 / 次のKBSE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


知能ソフトウェア工学研究会(KBSE) [schedule] [select]
専門委員長 大西 淳 (立命館大)
副委員長 中谷 多哉子 (筑波大)
幹事 斎藤 忍 (NTTデータ), 糸賀 裕弥 (立命館大)
幹事補佐 芳賀 博英 (同志社大), 片峯 恵一 (九工大)

日時 2009年11月26日(木) 13:00 - 17:55
2009年11月27日(金) 09:30 - 16:40
議題 知能ソフトウェア工学,一般 
会場名 島根大学総合理工学部3号館2階多目的ホール 
住所 島根県松江市西川津町1060番地
交通案内 JR松江駅からタクシーで10分、バスで15分
http://www.shimane-u.ac.jp/web/campus_access/matuecampus.html
会場世話人
連絡先
数理・情報システム学科 平川正人
0852-32-6095
お知らせ ◎26日研究会終了後の19時から以下の「主水」で懇親会を開催します。参加ご希望の方は、26日15時までに会場でお申し込みください。
http://www.rcgroup.co.jp/mondo.html
場所はホテルαー1の1階部分にあり、駅からは歩いて5分ほどです。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月26日(木) 午後  システム分析
座長: 中谷多哉子(筑波大)
13:00 - 14:50
  13:00-13:05 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 13:05-13:40 参照モデルを活用したビジネスプロセス分析手法 KBSE2009-31 斎藤 忍NTTデータ)・山口高平慶大
(2) 13:40-14:15 ビジネスゴールとITシステムゴールが混在する状況でのゴール指向要求分析方法論 KBSE2009-32 猿渡卓也NTTデータ)・田口研治NII)・山本修一郎NTTデータ
(3) 14:15-14:50 自律分散型道路交通システムを対象としたゴール指向要求分析手法 KBSE2009-33 野村 潤成瀬龍人外村慶二鵜林尚靖九工大)・司代尊裕岩井明史デンソー
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
11月26日(木) 午後  オントロジー、要求分析活動
座長: 斎藤 忍(NTTデータ)
15:00 - 16:45
(4) 15:00-15:35 組織概念モデルとコミュニケーション・オントロジー KBSE2009-34 妻木俊彦青木和大日本ユニシス
(5) 15:35-16:10 Web検索によるドメインオントロジ拡充支援方法 KBSE2009-35 安井浩貴清水悠太郎海谷治彦海尻賢二信州大
(6) 16:10-16:45 ソフトウェア保守開発プロジェクトにおけるユーザの要求定義活動に関する研究 KBSE2009-36 近藤城史中谷多哉子筑波大
  16:45-16:55 休憩 ( 10分 )
11月26日(木) 午後  招待講演
座長: 大西 淳(立命館大)
16:55 - 17:55
(7) 16:55-17:55 [招待講演]ソフトウェア分野における次世代技術者育成の試み KBSE2009-37 平川正人島根大
11月27日(金) 午前  要求工学教育、プロジェクト管理
座長: 大西 淳(立命館大)
09:30 - 11:50
(8) 09:30-10:05 要求技術者のテクニカルスキルの形成に影響を与えた事象と認知に関する研究 KBSE2009-38 青木和大筑波大/日本ユニシス)・中谷多哉子筑波大
(9) 10:05-10:40 開放型演習による要求工学教育の経験 KBSE2009-39 山本修一郎神戸雅一NTTデータ
(10) 10:40-11:15 要求獲得に起因するスケジュール遅れを防ぐためのPMパターンの研究について KBSE2009-40 堀 昭三安川情報システム/九工大)・中谷多哉子筑波大)・片峯恵一鵜林尚靖橋本正明九工大
(11) 11:15-11:50 機械学習を用いた組み込みソフトウェアのインパクト分析 KBSE2009-41 原 賢一郎長田 晃海谷治彦海尻賢ニ信州大
  11:50-13:00 昼食 ( 70分 )
11月27日(金) 午後  ソフトウェア解析
座長: 中谷多哉子(筑波大)
13:00 - 14:45
(12) 13:00-13:35 ソフトウェアバグと変数名の関係の分析 KBSE2009-42 山本博之亀井靖高柗本真佑門田暁人松本健一奈良先端大
(13) 13:35-14:10 ソースコード流用のコードクローンメトリクスに基づく検出手法 KBSE2009-43 岡原 聖奈良先端大)・真鍋雄貴阪大)・山内寛己門田暁人松本健一奈良先端大
(14) 14:10-14:45 ソースコード解析を利用したモデル検査に基づく欠陥抽出手法の提案 KBSE2009-44 青木善貴松浦佐江子芝浦工大
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
11月27日(金) 午後  デバッグ、モデル駆動開発
座長: 芳賀博英(同志社大)
14:55 - 16:40
(15) 14:55-15:30 ブレークポイント使用履歴によるデバッグ行動の分析 KBSE2009-45 吉村巧朗亀井靖高奈良先端大)・上野秀剛奈良高専)・門田暁人松本健一奈良先端大
(16) 15:30-16:05 テスト駆動開発を支援するためのデバッグ関心事グラフ KBSE2009-46 塩塚 大鵜林尚靖九工大
(17) 16:05-16:40 モデル駆動開発によるETロボコンへの取り組みと評価 KBSE2009-47 伊藤邦彦佐藤達也菅原 悠府川真理子保科祐実若林智徳松浦佐江子芝浦工大

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
KBSE 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   [今後の予定はこちら]
問合先 大西 淳(立命館大学)
E-: ohi 
お知らせ ◎最新の情報はKBSE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.selab.is.ritsumei.ac.jp/kbse/


Last modified: 2009-11-19 16:46:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[KBSE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のKBSE研究会 / 次のKBSE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会