電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 寳木 和夫 (日立)
副委員長 藤原 融 (阪大), 鳥居 直哉 (富士通研)
幹事 國廣 昇 (東大), 高島 克幸 (三菱電機)
幹事補佐 中西 透 (岡山大)

日時 2010年 5月21日(金) 13:00 - 17:35
議題 一般 
会場名 機械振興会館 
住所 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
交通案内 東京メトロ日比谷線神谷町駅下車 徒歩8分または都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅下車 徒歩10分
http://www.jspmi.or.jp/kaikan.htm

5月21日(金) 午後 
13:00 - 17:35
(1) 13:00-13:25 Non-over Lapping Template Matching TestにおけるTemplateの定め方に関する提案と検定法の改善について 竹田裕一神奈川工科大)・藤井光昭鎌倉稔成渡邉則生杉山高一中大
(2) 13:25-13:50 ストリーム暗号K2に対するサイドチャネル攻撃と対策手法 Matt HenricksenWun-she YapChee-hoo YianI2R, Singapore)・仲野有登福島和英・○清本晋作田中俊昭KDDI研
(3) 13:50-14:15 K2暗号の非線形変換処理部の効果に関する理論的考察 大嶋崇士岩切宗利防衛大
(4) 14:15-14:40 光通信量子暗号としてのY-00とCPPMの特徴比較 ~ 暗号文をランダム化する暗号 ~ 相馬正宜広田 修玉川大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
(5) 14:55-15:20 機能ロールに基づいた動的職責分離の形式的検証手法 越智通宣小野 諭工学院大
(6) 15:20-15:45 属性ベース暗号の一改良 國武大記満保雅浩岡本栄司筑波大
  15:45-16:20 休憩 ( 35分 )
(7) 16:20-16:45 New Class of Public Key Cryptosystems Constructed Based on Error-Correcting Codes, Using K(III) Scheme
-- Appendix: Proposal of K(IX)SE(g)PKC --
Masao KasaharaOsaka Gakuin Univ.
(8) 16:45-17:10 代数曲面暗号系で用いる代数曲面に関する考察 駒野雄一秋山浩一郎花谷嘉一三宅秀享東芝)・後藤泰宏北海道教大
(9) 17:10-17:35 数値解析的手法の素因数分解への適用 白勢政明公立はこだて未来大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 中西透(岡山大学)
TEL 086-251-8249, FAX 086-251-8255
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 


Last modified: 2010-05-07 09:58:24


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会