電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 阪井 和男 (明大)
副委員長 近藤 公久 (NTT), 佐良木 昌 (日大)
幹事 黒田 航 (杏林大), 久保村 千明 (山野美容芸術短大)
幹事補佐 横野 光 (NII), 乾 孝司 (筑波大)

日時 2012年 7月21日(土) 13:00 - 17:00
2012年 7月22日(日) 10:00 - 16:00
議題 人間の言語処理と学習 
会場名 山形大学 小白川キャンパス 基盤教育棟 
住所 〒990-8560 山形市小白川町1-4-12
交通案内 http://www.yamagata-u.ac.jp/jpn/yu/modules/common14/index.php?id=4#koji
会場世話人
連絡先
山形大学 基盤教育院 小泉有紀子
他の共催 ◆MAPLL2012共催

7月21日(土) 午後  思考と言語一般
13:00 - 14:30
(1) 13:00-13:30 こどもは賢い小さな翻訳家 ~ 言語による情報交換の基本構図の視点から ~ 岩垣守彦
(2) 13:30-14:00 日本語における表層・深層照応文の処理過程について ~ 事象関連電位を用いた研究 ~ 伊藤益代福岡大)・矢野雅貴備瀬 優立山 憂坂本 勉九大
(3) 14:00-14:30 習熟度の異なる日本人英語学習者による英文理解過程 横山 悟東北大)・エマニュエル マナロ田中エリス伸枝早大)・高橋 慶橋爪 寛ジョン ヒョンジョン川島隆太東北大
  14:30-15:00 休憩 (ポスター準備) ( 30分 )
7月21日(土) 午後  言語と学習(ポスター)
15:00 - 17:00
(4) 15:00-15:05 [ポスター講演]小児における外国語発音能力と外国語音産出に関わる脳活動の発達的変化の関係 橋爪 寛瀧 靖之佐々祐子ティロー バンジャマン浅野路子浅野孝平竹内 光野内 類事崎由佳ジョン ヒョンジョン杉浦元亮川島隆太東北大
(5) 15:05-15:10 [ポスター講演]「たとえ-ても」文の処理について ~ 事象関連電位を指標として ~ 立山 憂備瀬 優矢野雅貴坂本 勉九大
(6) 15:10-15:15 [ポスター講演]文法的アスペクトの処理過程 ~ 日本語母語話者を対象としたERP計測実験の結果から ~ 龍 盛艶里 麻奈美酒井 弘広島大
(7) 15:15-15:20 [ポスター講演]The Cognitive Representation of Japanese Giving and Receiving Auxiliaries
-- Evidence from an Eye-tracking Study --
Manami SatoShengyan LongHiromu SakaiHiroshima Univ.
(8) 15:20-15:25 [ポスター講演]When is the object relative clause easier to process than the subject relative clause? Atsushi SatoNanzan Univ.)・Baris KahramanCanakkale Univ.)・Hiromu SakaiHiroshima Univ.
(9) 15:25-17:00 ポスター発表
7月22日(日) 午前  文処理
10:00 - 12:00
(10) 10:00-10:30 Expectation and gap preference in the comprehension of Japanese relative clauses Michiko NakamuraFuture Univ. Hakodate)・Edson T. MiyamotoUniv. of Tsukuba
(11) 10:30-11:00 Preservation of the Initial Analysis with Japanese Relative Clause Sentences Chie NakamuraKeio Univ.)・Manabu AraiUniv. of Tokyo
(12) 11:00-11:30 Priming of branching structure in comprehension Manabu AraiYuki HiroseUniv. of Tokyo)・Chie NakamuraKeio Univ.)・Edson T. MiyamotoUniv. of Tsukuba
(13) 11:30-12:00 What is in contrast?
-- The role of prosodic prominence in ambiguity resolution --
Yuki HiroseUniv. of Tokyo)・Manabu AraiJSPS/Univ. of Tokyo)・Kiwako ItoOhio State Univ.
  12:00-13:15 昼食 ( 75分 )
7月22日(日) 午後  招待講演
13:15 - 14:15
(14) 13:15-14:15 [招待講演]Amplitude drops facilitate categorization and discrimination of length contrasts Shigeto KawaharaRutgers Univ.
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
7月22日(日)   学習
14:30 - 16:00
(15) 14:30-15:00 The impact of pseudo-speaking practices on L2 spontaneous speech Emiko KanekoUniv. of Aizu
(16) 15:00-15:30 The Quicker, the Better? L2 Proficiency, Reaction Time, and Brain Activation Shin'ichiro IshikawaKove Univ.)・Qiang WeiNICT
(17) 15:30-16:00 Japanese EFL Learners' On-line Sensitivity to Subject-verb Number Dis/agreement in English Toshiyuki YamadaYuki HiroseUniv. of Tokyo

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2012-05-24 10:22:08


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会