電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 山本 和英 (長岡技科大)
副委員長 増市 博 (富士ゼロックス), 竹内 孔一 (岡山大)
幹事 柳原 正 (トヨタIT開発センター), 西崎 博光 (山梨大)
幹事補佐 金山 博 (日本IBM), 大塚 裕子 (公立はこだて未来大)

日時 2012年12月19日(水) 10:20 - 16:55
2012年12月20日(木) 10:00 - 11:30
議題 第4回 集合知シンポジウム 
会場名 東京工業大学・大岡山キャンパス 西9号館, ディジタル多目的ホール(12/19)・コレボレーションルーム(12/20), http://www.dst.titech.ac.jp/outline/facility/hall.html 
住所 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
交通案内 東急 目黒線・大井町線 大岡山駅下車徒歩1分
http://www.titech.ac.jp/about/campus/index.html

12月19日(水) 午前  オープニング
10:20 - 10:25
  - 集合知シンポジウム開催挨拶
12月19日(水) 午前  文化・観光QA
10:25 - 11:50
(1) 10:25-10:50 クラウドソーシングを用いた文化差判定コーパス構築手法の提案 吉野 孝和歌山大)・宮部真衣東大
(2) 10:50-11:15 Q&Aサイトで多くの回答を獲得した質問の調査 谷口祐亮小島正裕西村 涼渡辺靖彦岡田至弘龍谷大
(3) 11:15-11:40 Web上に混在する観光情報を活用した観光地推薦システム 上原 尚嶋田和孝遠藤 勉九工大
  - ディスカッションタイム(10分)
  11:50-13:20 昼食 ( 90分 )
12月19日(水) 午後  招待講演
13:20 - 14:20
(4) 13:20-14:20 [招待講演]実用的な自然言語処理アプリケーションの作り方 工藤 拓グーグル
  14:20-14:50 休憩 ( 30分 )
12月19日(水) 午後  論文調査
14:50 - 15:15
(5) 14:50-15:15 Random Graphs with Realistic Neighborhood Modeling Based on Online Surveys Marat ZhanikeevTokyo Univ. of Science
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
12月19日(水) 午後  地域情報&ソーシャルメディア
15:30 - 16:55
(6) 15:30-15:55 地域特徴語選択を用いたマルチクラス分類によるTwitterユーザの居住地推定 西村駿人奈良先端大)・数原良彦鷲崎誠司NTT
(7) 15:55-16:20 ソーシャルメディアからの地域固有表現の抽出 加藤宏紀荒牧英治宮部真衣吉田 稔佐藤一誠中川裕志東大
(8) 16:20-16:45 Recognizing Variations of Japanese "Good Morning" Phrases in Twitter Yoshinari FujinumaUniv. of Tokyo)・Hikaru YokonoNII)・Pascual Martinez-GomezAkiko AizawaUniv. of Tokyo/NII
  - ディスカッションタイム(10分)
12月20日(木) 午前  基礎技術
10:00 - 11:30
(9) 10:00-10:25 New Dataflow UML for Description and Modeling of Survey Data Processing Marat ZhanikeevTokyo Univ. of Science
(10) 10:25-10:50 携帯端末で動作するTwitterクライアントを用いたつぶやき音声データの収集とその利用方法の検討 嶋田浩希西崎博光関口芳廣山梨大
(11) 10:50-11:15 Japanese Term Extraction Toward French-Japanese Bilingual Term Extraction on Wind Power Generation Domain Koichi TakeuchiShouzaburo MinamotoOkayama Univ.)・Planas EmmanuelUniv. of Nantes)・Teruo KoyamaNII
  - ディスカッションタイム(10分)
  11:25-11:30 クロージング ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先 本シンポジウムは下記担当者が企画、運営しています。
・竹内 孔一 (岡山大学)
・西崎 博光(山梨大学)
本シンポジウムに係るすべての問い合わせは下記のメールアドレスにご連絡ください。
NLC2012jnlp 
お知らせ ◎上記プログラムは変更する場合がございます.
最新の情報はWEBページでご確認頂ますようお願い致します.
12月19日はデジタル多目的ホール(287人収容)で開催します.
12月20日はコラボレーションルーム(62人収容)で開催します.
西9号館内の案内
http://www.dst.titech.ac.jp/outline/facility/hall.html
大岡山キャンパス
http://www.titech.ac.jp/about/campus/o_map.html?id=03


Last modified: 2012-12-09 15:07:46


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会