電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のED研究会 / 次のED研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


電子デバイス研究会(ED) [schedule] [select]
専門委員長 橋詰 保 (北大)
副委員長 加地 徹 (豊田中研)
幹事 原 直紀 (富士通研), 津田 邦男 (東芝)
幹事補佐 須原 理彦 (首都大東京), 上田 哲三 (パナソニック)

日時 2010年12月16日(木) 13:30 - 17:15
2010年12月17日(金) 09:30 - 16:05
議題 ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム 
会場名 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス 
住所 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
交通案内 JR仙台駅より約20分、東北大正門前バス停より徒歩約7分、地下鉄五橋駅より徒歩約8分
http://www.riec.tohoku.ac.jp/access/index-j.shtml
会場世話人
連絡先
尾辻 泰一
022-217-6104
お知らせ ◎・会場
●ナノ・スピン総合研究棟 4階 カンファレンスルーム
・会場までの道順:

●徒歩の場合
仙台駅より約20分。
●仙台市営バスご利用の場合
駅前西口バスプール11番・霊屋橋経由に乗車。片平丁小学校前の次、東北大正門前で下車。徒歩約7分。
●宮城交通バスご利用の場合
駅前西口バスプール12番・動物公園経由長町ターミナル行に乗車。片平丁小学校前の次、東北大正門前で下車。徒歩約7分。
●地下鉄ご利用の場合
五橋駅下車。北2番の出入口より地上へ、徒歩約8分。
・1日目(12/16)研究会終了後、懇親会を予定していますので御参加ください。

12月16日(木) 午後 
13:30 - 17:15
(1) 13:30-14:10 [招待講演]共鳴トンネルダイオードの室温テラヘルツ発振 鈴木左文浅田雅洋東工大
(2) 14:10-14:35 グレーデッドエミッタによる共鳴トンネルダイオードテラヘルツ発振素子の走行時間短縮 寺西豊志鈴木左文静野 薫浅田雅洋東工大)・杉山弘樹横山春喜NTT
(3) 14:35-15:15 [招待講演]テラヘルツ無線通信の現状と将来展望 永妻忠夫阪大
  15:15-15:35 休憩 ( 20分 )
(4) 15:35-16:00 局部発振器用THz-QCLの開発 入交芳久NICT)・芝 祥一東大)・関根徳彦寶迫 巌NICT)・小山知記前澤裕之名大)・山本 智東大
(5) 16:00-16:25 利得媒質と電場増強効果を用いたテラヘルツ増幅器 高塚裕也北大)・佐野栄一北大/JST)・リズィー ヴィクトール会津大/JST)・尾辻泰一東北大/JST
(6) 16:25-16:50 光励起グラフェンの非平衡キャリア緩和過程とテラヘルツ帯における反転分布 佐藤 昭東北大)・ヴィクトール リズィー会津大)・ステファン ボウバンガ-トムベット尾辻泰一東北大
(7) 16:50-17:15 Coherent and Tunable Terahertz Emission from Nano-metric Field Effect Transistor at Room Temperature Stephane Boubanga TombetAkira SatouTohoku Univ.)・Victor RyzhiiUniv. of Aizu)・Taiichi OtsujiTohoku Univ.
12月17日(金) 午前 
09:30 - 16:05
(8) 09:30-10:10 [招待講演]InP-HEMT MMICを用いたミリ波インパルス無線の検討 原 直紀中舍安宏牧山剛三高橋 剛富士通/富士通研
(9) 10:10-10:35 近傍界イメージング用77GHz帯モノスタティックレーダモジュール 望月章志都甲浩芳久々津直哉NTT
(10) 10:35-11:15 [招待講演]準ミリ波長距離伝送に向けた低コスト基板上GaNデバイス 酒井啓之黒田正行根来 昇村田智洋永井秀一西嶋将明按田義治上田哲三田中 毅パナソニック
(11) 11:15-11:40 ナノゲートIn0.7Ga0.3As/InAs/In0.7Ga0.3AsコンポジットチャネルHEMTに関するモンテカルロ計算 遠藤 聡NICT/富士通研)・渡邊一世NICT)・三村高志富士通研/NICT
  11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
(12) 13:00-13:25 層状半導体GaSe結晶による1.2μm励起超広帯域連続周波数掃引テラヘルツ波発生 出崎 光田邉匡生小山 裕東北大
(13) 13:25-13:50 テラヘルツ偏光分光の一軸変形高分子材料その場評価への応用 渡邉健太田邉匡生小山 裕東北大
(14) 13:50-14:15 有機物分子性伝導体TTF-TCNQ単結晶のテラヘルツ物性とその応用 大橋隆宏田邉匡生小山 裕東北大
  14:15-14:35 休憩 ( 20分 )
(15) 14:35-15:15 [招待講演]Key components of terahertz remote sensing system Juraj DarmoMichael MartlDaniel DietzeGottfried StrasserKarl UnterrainerVienna Univ. of Tech.
(16) 15:15-15:40 超平坦光コム発生器を用いたミリ波帯ビート信号の生成 諸橋 功坂本高秀NICT)・外林秀之NICT/青学大)・川西哲也寳迫 巌NICT
(17) 15:40-16:05 ポンプ-プローブ・レーザーテラヘルツ放射顕微鏡による低温成長ガリウム砒素(LT-GaAs)光伝導スイッチのキャリアダイナミクスに関する研究 藤原昌悟川山 巌村上博成斗内政吉阪大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ED 電子デバイス研究会(ED)   [今後の予定はこちら]
問合先 原 直紀 (富士通研究所)
TEL : 046-250-8242、FAX : 046-250-8168
E- : o
津田 邦男(東芝)
TEL : 044-549-2142、FAX : 044-520-1501
E- : oba
須原 理彦(首都大)
TEL : 042-677-2765 Fax : 042-677-2756
E- : t
上田 哲三(パナソニック)
TEL:075-956-8273、FAX:075-956-9110
E-zopac 


Last modified: 2010-10-25 11:55:59


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ED研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のED研究会 / 次のED研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会