電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 漆谷 重雄 (NII)
副委員長 平松 淳 (NTT)
幹事 木下 和彦 (阪大), 栗本 崇 (NTT)
幹事補佐 武田 知典 (NTT)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 府川 和彦 (東工大)
副委員長 大槻 知明 (慶大), 樋口 健一 (東京理科大)
幹事 小西 聡 (KDDI研), ベンジャブール アナス (NTTドコモ)
幹事補佐 須山 聡 (東工大), 星野 正幸 (パナソニック), 増野 淳 (NTT), 森田 基樹 (NEC)

日時 2012年12月13日(木) 09:00 - 18:50
2012年12月14日(金) 09:00 - 16:40
議題 モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
会場名 愛媛大学 城北キャンパス グリーンホール(A会場)、法文学部講義棟302教室(B会場)、法文学部講義棟305教室(C会場) 
住所 〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番地
交通案内 (1) 松山市駅から伊予鉄道市内電車環状線(大街道方面行き)「赤十字病院前」下車,北へ徒歩約2~5分、(2) JR松山駅から伊予鉄道市内電車環状線(古町方面行き)「赤十字病院前」下車,北へ徒歩約2~5分、または伊予鉄バス東西線「愛媛大学前」下車
http://www.ehime-u.ac.jp/access/johoku/index.html
会場世話人
連絡先
野口一人
お知らせ ◎1日目研究会終了後、懇親会を予定しておりますのでご参加下さい。
会費は以下を予定しております:3,500円(一般)、2,000円(学生)

12月13日(木) 午前  RCS1(A会場)
座長: 山本俊明 (KDDI研)
09:00 - 10:00
(1)
RCS
09:00-09:20 Investigation on EPDCCH Using Distributed Mapping for LTE-Advanced Kazuaki TakedaSatoshi NagataYoshihisa KishiyamaTakehiro NakamuraNTT DOCOMO)・Qin MuDOCOMO Beijing Lab.
(2)
RCS
09:20-09:40 Search Space Design of Enhanced Physical Downlink Control Channel for Long Term Evolution Advanced System Liu LiuQin MuDOCOMO Beijing Lab.)・○Kazuaki TakedaNTT DOCOMO)・Lan ChenDOCOMO Beijing Lab.
(3)
RCS
09:40-10:00 Investigation on CQI Definition for CoMP in LTE-Advanced Downlink Jing WangXiang YunDOCOMO Beijing Lab.)・○Satoshi NagataNTT DOCOMO)・Lan ChenDOCOMO Beijing Lab.
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
12月13日(木) 午前  RCS2(A会場)
座長: 小西 聡 (KDDI研)
10:10 - 11:30
(4)
RCS
10:10-10:30 Interference Measurement Scheme for CoMP in LTE-Advanced Downlink Satoshi NagataNTT DOCOMO)・Wei XiXiang YunDOCOMO Beijing Lab.)・Yoshihisa KishiyamaNTT DOCOMO)・Lan ChenDOCOMO Beijing Lab.
(5)
RCS
10:30-10:50 高密度小型セル配置ヘテロジーニアスネットワークにおけるNon full bufferトラフィックを用いたJT-CoMP特性評価 星野正幸湯田泰明パナソニック)・高田智史パナソニックモバイル開発研)・西尾昭彦パナソニック
(6)
RCS
10:50-11:10 LTE-Advanced下りリンクヘテロジーニアスネットワークにおける干渉抑圧合成受信器によるユーザスループット改善効果に関する検討 大渡裕介森本彰人三木信彦奥村幸彦NTTドコモ
(7)
RCS
11:10-11:30 様々なトラヒック環境におけるLTE基地局間負荷分散手法の検討 山本俊明小西 聡KDDI研
  11:30-12:30 お昼休憩 ( 60分 )
12月13日(木) 午前  NS1(B会場)
座長: 小川 剛史(東大)
09:00 - 10:00
(8)
NS
09:00-09:20 リアルタイムWeb技術によるHEMSサービスクラウド化の検討 増尾 剛中村二朗松岡茂登NTT)・長谷川 剛村田正幸阪大)・松田和浩NTT-AT
(9)
NS
09:20-09:40 収集周期からの負荷推定に基づくセンサデータストリーム配信手法 川上朋也石 芳正義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大
(10)
NS
09:40-10:00 サーバにおける省電力化の為の宛先IPアドレスを考慮したGigabit Ethernetの通信速度切り替え方式 村田 陵木村成伴筑波大
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
12月13日(木) 午前  RCS3(B会場)
座長: 増野 淳 (NTT)
10:10 - 11:30
(11)
RCS
10:10-10:30 同時送信のための分散協調アクセス制御に関する理論的検討 岩渕匡史岸田 朗新宅俊之阪田 徹NTT
(12)
RCS
10:30-10:50 次世代無線LANシステムに適したマルチユーザ・マルチチャネル伝送技術 篠原笑子アベセカラ ヒランタ浅井裕介井上保彦溝口匡人NTT
(13)
RCS
10:50-11:10 DATAフレームフラグメンテーションとSBA信号を用いて指向性隠れ端末問題を軽減する指向性MACプロトコル 茂木 翔関屋大雄馬 ジン眞田耕輔阪田史郎千葉大
(14)
RCS
11:10-11:30 Pulse/Tone信号を用いて制御チャネル上のRTSフレーム衝突を軽減するマルチチャネルMACプロトコル 満足 亮関屋大雄馬 ジン眞田耕輔阪田史郎千葉大
  11:30-12:30 お昼休憩 ( 60分 )
12月13日(木) 午後  無線マルチホップネットワーク特集セッション1(A会場)
座長: 平田 孝志(東京理科大)
12:30 - 14:10
(15)
共通
12:30-12:50 Synchronized Multi-Hop Protocol with Fast Transmission Failure Recovery for IEEE 802.11 Multi-Hop Wireless Network under Large Interference Range Xinru YaoZilu LiangYasushi WakaharaUniv. of Tokyo
(16)
共通
12:50-13:10 無線ネットワークコーディング試作装置の屋外伝送実験特性 丸田一輝増野 淳大槻暢朗杉山隆利NTT
(17)
共通
13:10-13:30 マルチホップ協力通信における中継局間データ共有効果のフィールド実験による評価 宮越 淳村田英一吉田 進山本高至京大)・梅原大祐京都工繊大)・田野 哲岡山大)・守倉正博京大
(18)
共通
13:30-13:50 アドホックネットワークにおける近傍ノード協力形再送制御方式 山崎 託芝浦工大)・山本 嶺早大)・三好 匠芝浦工大
(19)
共通
13:50-14:10 駅構内の無線LANにおける受信量公平化のための接続時間予測に基づく帯域割当制御 西巻宏一森野博章芝浦工大
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
12月13日(木) 午後  無線マルチホップネットワーク特集セッション2(A会場)
座長: 森田 基樹 (NEC)
14:20 - 15:40
(20)
共通
14:20-14:40 無線センサネットワークのためのハイブリッド型ルーティングプロトコルとその動的再構成手法 サンパト プリヤンカラ木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大
(21)
共通
14:40-15:00 中継器の二重化による広域・高信頼ZigBeeセンサーネットワークの開発 小林 翔鈴木貴暁中嶋信生山尾 泰電通大
(22)
共通
15:00-15:20 局所的経路変更による高性能無線マルチホップ通信手法 塙 祐樹桧垣博章東京電機大
(23)
共通
15:20-15:40 IRDT-GEDIRにおけるマルチホップ配送性能評価 竹平貴紀桧垣博章東京電機大
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
12月13日(木) 午後  無線マルチホップネットワーク特集セッション3(A会場)
座長: 大坐畠 智(電通大)
15:50 - 17:10
(1)
共通
15:50-16:10 無線マルチホップネットワークにおける通信容量予約プロトコル 中川岳士桧垣博章東京電機大
(2)
共通
16:10-16:30 無衝突無線マルチホップ配送のための時間スロット割当て手法 北原 翼桧垣博章東京電機大
(3)
共通
16:30-16:50 無線メッシュネットワークにおけるMU-MIMOとSU-MIMOの面的伝送効率による比較評価 楠本博則岡田 啓小林健太郎片山正昭名大
(4)
共通
16:50-17:10 直線状無線マルチホップネットワークにおける非飽和及び最大スループット解析 眞田耕輔関屋大雄阪田史郎千葉大
  17:10-17:20 休憩 ( 10分 )
12月13日(木) 午後  招待講演(A会場)
17:20 - 18:50
(5)
共通
17:20-18:05 [招待講演]可視光通信の最新動向 春山真一郎慶大
(6)
共通
18:05-18:50 [招待講演]電気自動車と電気ヘリコプターを利用する大規模災害時の通信確保及び被災状況調査 間瀬憲一新潟大
12月14日(金) 午前  RCS4(A会場)
座長: 大槻 知明 (慶大)
09:00 - 10:20
(7)
RCS
09:00-09:20 周波数分割多重を基とする狭帯域無線通信システムにおけるAGCの影響を考慮した受信機特性の検討 成枝秀介明石高専
(8)
RCS
09:20-09:40 同一拡散符号で変調された信号のチャネル次数および遅延タイミングのブラインド推定に関する一検討 渡部農士東京農工大)・王 宏榕東京ベイネットワーク)・梅林健太鈴木康夫東京農工大
(9)
RCS
09:40-10:00 Performance of Decision-Feedback Channel Estimation for TDM Based Control Signals in OFDMA Downlink Shunsuke OkaniwaTokyo City Univ.)・Nobuhiko MikiTeruo KawamuraNTT DOCOMO)・Mamoru SawahashiTokyo City Univ.
(10)
RCS
10:00-10:20 プリアンブルレスOFDM通信方式のチャネル伝搬時における性能解析 奥井寛樹鈴木 誠李 斗煥長谷良裕森川博之東大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
12月14日(金) 午前  RCS5(A会場)
座長: 樋口 健一 (東京理科大)
10:30 - 11:50
(11)
RCS
10:30-10:50 MIMOアナログネットワーク符号化を用いるシングルキャリア双方向中継通信のための時間多重パイロットチャネル推定法に関する一検討 宮崎寛之小原辰徳安達文幸東北大
(12)
RCS
10:50-11:10 ITS車車間ブロードキャスト通信のパケットペイロード合成中継法 Le Tien Trien菅原英紀Huiting Cheng山尾 泰電通大)・平山泰弘澤田 学デンソー
(13)
RCS
11:10-11:30 フェムトセルネットワークの上り回線におけるセルブランキングを用いた同一チャネル干渉抑圧に関する一検討 小川明紘衣斐信介三瓶政一阪大
(14)
RCS
11:30-11:50 OFDMを用いた上り回線仮想MIMOシステムの動的環境における特性評価 小林拓也小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大
12月14日(金) 午前  Express セッション(A会場)
11:50 - 12:10
(15)
RCS
11:50-12:10 複数アンテナを持つ終点でのFDEを用いたFull-Duplex AFリレー伝送に関する検討 清見直史西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大
  12:10-13:10 お昼休憩 ( 60分 )
12月14日(金) 午前  NS2(C会場)
座長: 三田 貴子(パナソニック)
09:00 - 10:20
(16)
NS
09:00-09:20 [奨励講演]無線アクセス網におけるユーザ効用に基づく分散型ユーザ帰属制御の性能評価 岩見隆広稲元 勉高木由美神戸大)・矢守恭子朝日大)・太田 能玉置 久神戸大
(17)
NS
09:20-09:40 DDNSサーバのCoAバルク登録によるMIPv6のハンドオーバ処理方式 友成貴之木村成伴筑波大
(18)
NS
09:40-10:00 モバイルコアネットワークにおけるトンネル集約方式 岩井孝法NEC)・長谷川 剛若宮直紀阪大)・本吉 彦吉川隆士NEC
(19)
NS
10:00-10:20 消費電力量を考慮したComfort Routeの提案とその特性評価 金井謙治甲藤二郎早大)・村瀬 勉NEC
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
12月14日(金) 午前  RCS6(C会場)
座長: 梅林健太 (東京農工大)
10:30 - 12:10
(20)
RCS
10:30-10:50 ホワイトスペースLTEシステムに関する研究開発 原田博司石津健太郎村上 誉伊深和雄松村 武NICT
(21)
RCS
10:50-11:10 干渉存在下の周波数チャネル間隔に関する検討 熊川成正山本高至村田英一吉田 進京大)・梅原大祐京都工繊大)・田野 哲岡山大)・守倉正博京大
(22)
RCS
11:10-11:30 オペレータ共用ピコ基地局のための固定比率リソース交換法 三村智彦山本高至守倉正博京大)・岩田綾子田村尚志パナソニック
(23)
RCS
11:30-11:50 バックホールとアクセスホール間干渉を考慮した光無線RNの設計法 中島彰之大塚裕幸工学院大
(24)
RCS
11:50-12:10 Performance Evaluation of An Intelligent Directional Antenna System Applied to Indoor Wireless Backhaul Ximing Huang・○Osamu MutaKuninori OhsakiHiroshi FurukawaKyushu Univ.
  12:10-13:10 お昼休憩 ( 60分 )
12月14日(金) 午後  RCS7(A会場)
座長: 星野 正幸 (パナソニック)
13:10 - 14:50
(25)
RCS
13:10-13:30 LTE-Advanced下りリンク4-by-2マルチユーザMIMOの基地局アンテナ構成に関する屋外実験評価 井上祐樹齊藤敬佑川村輝雄安藤英浩NTTドコモ
(26)
RCS
13:30-13:50 LTE-Advanced下りリンク4-by-2 MU-MIMOにおけるユーザ間角度差を考慮したスループット特性の屋外実験評価 齊藤敬佑井上祐樹川村輝雄安藤英浩NTTドコモ
(27)
RCS
13:50-14:10 Vector perturbationにおけるストリーム間干渉を考慮したmodulo格子サイズ設定に関する一検討 矢野一人薗部聡司侯 亜飛塚本悟司宇野雅博小林 聖ATR
(28)
RCS
14:10-14:30 格子基底縮小を用いた符号化MIMO-OFDMの演算量削減と特性評価 森谷健太郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大
(29)
RCS
14:30-14:50 User Scheduling Algorithm with User grouping for Multi-user MIMO Downlink System utilizing Block Diagonalization Therdkiat AphichartsuphapkhajornYuyuan ChangKiyomichi ArakiTokyo Univ. of Tech.
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
12月14日(金) 午後  RCS8(A会場)
座長: ベンジャブール アナス (NTTドコモ)
15:00 - 16:40
(30)
RCS
15:00-15:20 DFT-Precoded OFDMAにおける繰り返し判定帰還チャネル推定を用いたときのターボ周波数領域等化のブロック誤り率特性 田中良和東京都市大)・川村輝雄三木信彦NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
(31)
RCS
15:20-15:40 DFT-Precoded OFDMAにおけるコードブックベースの送信ダイバーシチおよび低レートターボ符号を用いたときの繰り返し判定帰還チャネル推定のブロック誤り率特性 美和啓太東京都市大)・三木信彦川村輝雄NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
(32)
RCS
15:40-16:00 DFT-Precoded OFDMAにおける周波数領域等化器を用いたときの64APSKの平均ブロック誤り率特性 森 千尋東京都市大)・川村輝雄三木信彦NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
(33)
RCS
16:00-16:20 Impact of Replica Length Reduction on Imperfect Circular Property Restoration Min ZhengWei PengFumiyuki AdachiTohoku Univ.
(34)
RCS
16:20-16:40 送受信協調MMSEフィルタリングを用いる適応シングルキャリアMIMO伝送 熊谷慎也小原辰徳山本哲矢安達文幸東北大
12月14日(金) 午後  RCS9(C会場)
座長: 青木亜秀 (東芝)
13:10 - 14:50
(35)
RCS
13:10-13:30 チャネル占有率情報を用いた最小CWサイズ選択によるIEEE802.11ユーザとの周波数共用法の一検討 森田正樹梅林健太鈴木康夫東京農工大
(36)
RCS
13:30-13:50 60GHz帯直交偏波MIMO伝送方式におけるアンテナ配置のチャネル容量への影響 江林達矢梅比良正弘茨城大)・沢田浩和東北大
(37)
RCS
13:50-14:10 稠密に展開された無線LANにおけるRSSIを用いたキャリアセンス閾値制御法 佐々木亜耶梅比良正弘茨城大
(38)
RCS
14:10-14:30 仮想グループ化を利用したスリープ制御によるM2Mネットワークの省電力方式 小川浩平三軒谷勇貴守倉正博山本高至京大)・杉原智行アライドテレシス
(39)
RCS
14:30-14:50 WLANにおける仮想連続CWmin制御の提案 三軒谷勇貴守倉正博山本高至京大)・布 房夫杉山隆利NTT
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
12月14日(金) 午後  NS3(C会場)
座長: 三好 匠(芝浦工大)
15:00 - 16:00
(40)
NS
15:00-15:20 Analysis of cooperation of node movement and its effects on messaging delay in DTN systems Hisaya WakayamaNEC)・Kunal DawnSRM Univ.)・Masatsugu OgawaNEC
(41)
NS
15:20-15:40 Reliable Local Recovery in Ad Hoc Wireless Networks Zilu LiangYasushi WakaharaUniv. of Tokyo
(42)
NS
15:40-16:00 無線LANにおけるピース分割とオーバヒアリングを用いた冗長トラヒック削減方式へのネットワークコーディングの適用 横瀬広明大坐畠 智加藤聰彦電通大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
武田知典 (NTT)
TEL 0422-59-7434
栗本崇 (NTT)
TEL 0422-59-3121 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 星野 正幸(パナソニック)
E-:r_- 


Last modified: 2012-12-03 11:25:42


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会