電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 堀 俊和 (福井大)
副委員長 牧野 滋 (金沢工大)
幹事 山田 寛喜 (新潟大), 岩井 誠人 (同志社大)
幹事補佐 榊原 久二男 (名工大)

日時 2008年 3月13日(木) 10:20 - 17:40
2008年 3月14日(金) 09:20 - 16:05
議題 一般 
会場名 南山大学 名古屋キャンパスB22
(案内図:http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/navi/nagoya_main.html
住所 〒466-8673 名古屋市昭和区山里町18
交通案内 地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口より徒歩約8分
http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html#01
会場世話人
連絡先
南山大学 数理情報学部 藤井勝之
0561-89-2010
他の共催 ◆IEEE AP-S Nagoya Chapter (Chair 稲垣直樹) 共催
お知らせ ◎1日目(3/13)終了後、懇親会を予定していますので奮ってご参加下さい。

3月13日(木) 午前  AP
10:20 - 12:00
(1) 10:20-10:45 車々間通信における交差点見通し外環境での伝搬損失簡易推定法の検討 丹後俊宏岩井誠人笹岡秀一同志社大
(2) 10:45-11:10 Analysis of Ranging Accuracy for UWB Localization Marzieh DashtiMir GhoraishiTokyo Tech.)・Katsuyuki HanedaHelsinki University of Technology)・Jun-ichi TakadaTokyo Tech.)・Ken-ichi TakizawaNICT
(3) 11:10-11:35 WBANヘリカルアンテナの設置位置・指向性・偏波に関する430MHz帯伝搬損失特性解析 小川晃一天利 悟山本 温松下電器
(4) 11:35-12:00 レイトレース法による屋内オフィス伝搬解析結果に基づく水平面指向性制御エリア自動成形法の有効性評価 井上祐樹長 敬三NTTドコモ
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
3月13日(木) 午後  AP
13:00 - 16:40
(5) 13:00-13:25 屋内MIMO協調伝送における周波数利用効率の検討 山田 渉北 直樹杉山隆利NTT
(6) 13:25-13:50 屋内MIMO伝搬特性測定に基づくMIMO-OFDM伝送特性検討の試み 則川久志竹内 勉京都産大
(7) 13:50-14:15 2素子モノポールアンテナ搭載端末のMIMO通信容量解析 佐藤 浩金 ヨンホ梶谷篤史森下 久防衛大
(8) 14:15-14:40 アンテナの配置と人体手部が近距離MIMO通信に及ぼす影響 水野高博小島諭史中村広大吉冨圭一浅沼健一前田忠彦立命館大
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
(9) 14:50-15:15 人体と遮へい物体を含めた2.4GHz/5.2GHz MIMOチャネル測定 小島諭史水野高博中村広大吉冨圭一浅沼健一前田忠彦立命館大
(10) 15:15-15:40 屋外・周辺移動環境下における受信レベル変動特性(I) ~ 見通し外(NLOS)環境 ~ 太田喜元表 英毅藤井輝也ソフトバンクテレコム
(11) 15:40-16:05 屋外・周辺移動環境下における受信レベル変動特性(II) ~ 見通し(LOS)環境 ~ 太田喜元表 英毅藤井輝也ソフトバンクテレコム
(12) 16:05-16:30 端末静止・周辺移動環境下における屋内広帯域伝搬変動モデルの提案 藤井輝也太田喜元ソフトバンクテレコム
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
3月13日(木) 午後  IEEE AP-S Nagoya Chapter特別講演
16:40 - 17:40
(13) 16:40-17:40 [特別講演]アンテナと自動車(口頭発表) 西川訓利豊田中研
3月14日(金) 午前  AP
09:20 - 12:00
(14) 09:20-09:45 分散アンテナを用いた屋内ユビキタス無線アクセスシステムの構成法に関する一検討 常川光一中部大
(15) 09:45-10:10 セカンダリスペクトラム使用のためのアレー信号処理技術 ~ アダプティブアレーの新たな展開 ~ 西森健太郎NTT)・四方博之ペータ ポポフスキAAU
(16) 10:10-10:35 任意方向に零点を有し指向性利得を最大にするアレーアンテナの設計法 寺竹博道鹿子嶋憲一尾保手茂樹茨城大
  10:35-10:45 休憩 ( 10分 )
(17) 10:45-11:10 SAGEアルゴリズムを用いたDOA推定のためのアレーアンテナ校正法 石黒靖博菊間信良平山 裕榊原久二男名工大
(18) 11:10-11:35 ICAを用いた等間隔リニアアレーによる到来方向推定に関する検討 原 義宏島田裕平山田寛喜山口芳雄新潟大
(19) 11:35-12:00 UCAにおけるESPRIT法の精度向上について 松原 隆久保正男防衛大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
3月14日(金) 午後  AP
13:00 - 16:05
(20) 13:00-13:25 単一の導体を用いた電磁波伝送の検討 白石裕一鹿子嶋憲一尾保手茂樹茨城大
(21) 13:25-13:50 回転楕円鏡結合器を用いた小型無線端末の全放射電力測定法 手代木 扶山本 綾河村尚志佐久間 徹アンリツ
(22) 13:50-14:15 小形アンテナの形状による相互結合について 新井宏之横浜国大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
(23) 14:25-14:50 ノルマルモード・ヘリカルアンテナの工夫されたMOM解析と設計図表 稲垣直樹丸地智博藤井勝之南山大
(24) 14:50-15:15 フレネルゾーンプレートを使用したショートバックファイアアンテナの放射特性 山内潤治・○福島 修中野久松法政大
(25) 15:15-15:40 磁性材料を用いた平板逆Fアンテナの小形化に関する実験的検討 遠藤進也大津進太郎松崎 明森下 久防衛大
(26) 15:40-16:05 リング型無給電素子装荷3周波数共用広帯域MSAに関する検討 田中宏弥鹿子嶋憲一尾保手茂樹茨城大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別講演発表 60 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 岩井誠人 (同志社大)
TEL:0774-65-6267,FAX:0774-65-6801
E-:_-cry 


Last modified: 2008-03-11 15:15:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会