電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


有機エレクトロニクス研究会(OME) [schedule] [select]
専門委員長 松田 直樹 (産総研)
副委員長 森 竜雄 (愛知工大)
幹事 鴻野 晃洋 (NTT), 染谷 隆夫 (東大)
幹事補佐 梶井 博武 (阪大), 田口 大 (東工大)

誘電・絶縁材料研究会(IEE-DEI) [schedule] [select]

日時 2016年 7月14日(木) 13:15 - 16:10
2016年 7月15日(金) 09:00 - 11:45
議題 有機薄膜,有機デバイス,一般 
会場名 7月14日: 金沢大学 角間キャンパス 自然科学系図書館棟 G14会議室(http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/access),7月15日: しいのき迎賓館 セミナールームA(http://www.shiinoki-geihinkan.jp/about/access.html) 
住所 7月14日: 〒920-1192 金沢市角間町,7月15日: 〒920-0962 金沢市広坂2丁目1番1号
他の共催 ◆協賛: 電気学会先進ナノ構造制御と高性能有機デバイス・ライフサイエンス応用調査専門委員会(委員長 加藤景三,幹事 青木裕介,中島伸一郎,幹事補佐 馬場 暁)
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

7月14日(木) 午後 
13:15 - 16:10
(1)
OME
13:15-13:55 [招待講演]液中原子分解能を有する原子間力顕微鏡による固液界面計測 OME2016-27 淺川 雅金沢大
(2)
OME
13:55-14:15 導電性高分子ポリピロール薄膜をリニアアクチュエーターとして利用したテラヘルツ・メタサーフェスの電界変調 OME2016-28 松井龍之介猪瀬優人三重大)・David A. PowellIlya V. Shadrivov豪国立大
(3) 14:15-14:35 電気泳動的な支持においてポリピロール膜を使用している酵素固定化法
D. M. Gamage Preethichandra・E. M. I. Mala Ekanayake (セントラルクイーンズランド大)・○小野田光宜(兵庫県立大)
  14:35-14:50 休憩 ( 15分 )
(4) 14:50-15:10 有機・無機ハイブリッド材料をバインダとする電着膜の構造制御
○青木裕介(三重大)
(5) 15:10-15:30 非晶質有機半導体薄膜の屈折率制御とデバイス応用
○横山大輔(山形大)
(6)
OME
15:30-15:50 ラミネート法を用いた半透明ポリマーEL素子の作製 OME2016-29 西岡酉樹・○中 茂樹岡田裕之富山大
(7) 15:50-16:10 蒸着法によりインターカレートを制御した単純積層型CsPbI3ペロブスカイト太陽電池の作製
○米澤叶祐・山本晃平・Md. Shahiduzzamana・古本嘉和・浜田啓太郎(金沢大)・Teresa S. Ripollesd(九工大)・桑原貴之・高橋光信(金沢大)・早瀬修二(九工大)・當摩哲也(金沢大)
7月15日(金) 午前 
09:00 - 11:45
(8)
OME
09:00-09:50 [特別招待講演]有機薄膜デバイスの進化 ~ 薄膜作製技術:蒸着から印刷へ ~ OME2016-30 八瀬清志産総研
(9) 09:50-10:10 グレーティングカップリング長距離伝搬表面プラズモン励起透過光特性とセンサ応用
○新保一成・中條博史・小幡尚希・ラートバチラパイボーン チュティパーン・大平泰生・馬場 暁・加藤景三・金子双男(新潟大)
  10:10-10:25 休憩 ( 15分 )
(10) 10:25-10:45 酸化物ナノ誘電体層を挿入した有機薄膜デバイスの電気特性
○伊東栄次(信州大)
(11)
OME
10:45-11:05 フラーレンを基盤とするn型半導体材料開発 OME2016-31 辛川 誠金沢大)・永井隆文足立健二ダイキン)・家 裕隆安蘇芳雄阪大
(12) 11:05-11:25 無置換フラーレン材料の凝集制御による有機薄膜太陽電池の特性改善
○森 竜雄・佐藤大貴・江上貴哉・エゼ ビンセント オビオゾ(愛知工大)
(13)
OME
11:25-11:45 無修飾フラーレンを用いた高分子光電池の低照射光特性 OME2016-32 多田和也兵庫県立大

講演時間
特別招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
OME 有機エレクトロニクス研究会(OME)   [今後の予定はこちら]
問合先 鴻野 晃洋(NTT)
E-: ha

染谷 隆夫(東大)
E-: eetu-

梶井 博武(阪大)
E-: ioledeeieng-u

田口 大(東工大)
E-: gudaam 
IEE-DEI 誘電・絶縁材料研究会(IEE-DEI)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2016-06-02 13:27:42


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[OME研究会のスケジュールに戻る]   /   [IEE-DEI研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会