お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 佐藤 洋一 (東大)
副委員長 玉木 徹 (広島大), 木村 昭悟 (NTT)
幹事 入江 豪 (NTT), 牛久 祥孝 (オムロンサイニックエックス)
幹事補佐 内田 祐介 (DeNA), 山下 隆義 (中部大)

コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(IPSJ-CVIM) [schedule] [select]

日時 2020年 3月16日(月) 10:30 - 17:40
2020年 3月17日(火) 09:30 - 18:00
議題 安全安心、セキュリティ・防災 
会場名 京都大学 吉田キャンパス 総合研究8号館 
住所 606-8501 京都市左京区吉田本町
会場世話人
連絡先
京都大学 大学院情報学研究科 延原章平
お知らせ ◎※重要※本研究会(2020年3月16日~3月17日 京都大学)は、COVID-19拡大の現状を鑑み、中止することといたしました。発表・参加をご検討いただいておりました皆様には深くお詫び申し上げます。なお、技報(予稿)は通常通り発行いたします。
@A会場:NSホール
@B会場:講義室2
@PRMU専門委員会(3/16)・CVIM運営委員会(3/17):講義室3
◎この開催は中止となりました(技報は発行されます)
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PRMU研究会)についてはこちらをご覧ください.

3月16日(月) 午前  セッション1 (A会場)
10:30 - 11:50
(1)
PRMU
10:30-10:45 識別と生成のハイブリッドニューラルネットワーク PRMU2019-64 早志英朗内田誠一九大
(2)
PRMU
10:45-11:00 深層学習を用いた異種文字間のフォント同一性判定 PRMU2019-65 原口大地原田翔太Brian Kenji Iwana内田誠一九大
(3)
PRMU
11:00-11:10 [ショートペーパー]少数サンプルからのフォント生成 ~ 距離学習の導入による品質向上 ~ PRMU2019-66 青木 悠坪田亘記幾田 光相澤清晴東大
(4)
PRMU
11:10-11:20 [ショートペーパー]Deformable Convolutionを用いたフレーム間アラインメントによる動画像修復 PRMU2019-67 原 悠輔汪 雪婷山崎俊彦相澤清晴東大
(5) 11:20-11:50 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月16日(月) 午前  セッション2 (B会場)
10:30 - 12:00
(6)
PRMU
10:30-10:45 遠赤外線カメラを用いたエピポーラ幾何に基づく照明環境の違いに頑健な自車位置推定に関する基礎検討 PRMU2019-68 久徳遙矢秋田時彦三田誠一豊田工大
(7)
PRMU
10:45-11:00 Temporal Action Proposalからのモーメント・文章間マッチング PRMU2019-69 山田直歩林 昌希笠井誠斗青木義満慶大
(8)
PRMU
11:00-11:15 意味と形状の分離によるマルチモーダルレシピ検索及び画像生成 PRMU2019-70 杉山 優柳井啓司電通大
(9)
PRMU
11:15-11:30 ラーメンスタイルエンコーダーを用いたスタイル特徴とマスク画像からの画像生成 PRMU2019-71 趙 宰亨下田 和柳井啓司電通大
(10) 11:30-12:00 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  - 休憩
3月16日(月) 午後  フェロー記念講演 (A会場)
13:30 - 14:30
(11) 13:30-14:30 [フェロー講演]
久野 義徳(埼玉大)
  - 休憩
3月16日(月) 午後  セッション3 (A会場)
14:40 - 16:00
(12)
PRMU
14:40-14:55 Egocentric pedestrian motion prediction by separately modeling body pose and position PRMU2019-72 Donghao WuTakuma YagiYusuke MatsuiYoichi Satothe Univ. of Tokyo
(13)
PRMU
14:55-15:10 Egocentric Action Recognition on Noisy Videos PRMU2019-73 Lijin YangYifei HuangYusuke SuganoYoichi SatoUTokyo
(14)
PRMU
15:10-15:20 [ショートペーパー]Cycle Consistencyを用いた画像間の特徴点マッチング PRMU2019-74 野口尚晃古田諒佑汪 雪婷山崎俊彦相澤清晴東大
(15)
PRMU
15:20-15:35 運動機能障害者向けジェスチャインタフェースのための実時間3次元頭部位置推定手法の検討 PRMU2019-75 小澤祐樹筑波大/産総研)・依田育士産総研
(16) 15:35-16:00 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月16日(月) 午後  セッション4 (B会場)
14:40 - 16:05
(17)
PRMU
14:40-14:55 ピンホールマスクプレートを用いたプロジェクタ較正 PRMU2019-76 杉本正暁岩井大輔佐藤宏介阪大
(18)
PRMU
14:55-15:10 カメラ応答関数未知の影に基づくインバースライティング PRMU2019-77 中島拓人松岡 諒岡部孝弘九工大
(19)
PRMU
15:10-15:25 異なる倍率の走査型電子顕微鏡像を用いた金属材料の解析 PRMU2019-78 伊藤龍之介亀山啓輔筑波大)・日野英逸統計数理研
(20)
PRMU
15:25-15:40 Assessing robustness of deep learning methods in dermoscopic workflow PRMU2019-79 Sourav MishraUniv. of Tokyo)・Hideaki ImaizumiexMedio)・Toshihiko YamasakiUniv. of Tokyo
(21) 15:40-16:05 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  - 休憩
3月16日(月) 午後  セッション5 (A会場)
16:20 - 17:40
(22)
PRMU
16:20-16:35 Transforming Simulation Images to Real Scene Images and Planning Driving Routes by Deep Learning for Achieving Automatic Car Driving PRMU2019-80 Zhang ZelinJun OhyaWaseda Univ.
(23)
PRMU
16:35-16:45 [ショートペーパー]天球映像カメラ位置のフロアマップへの位置合わせと映像への情報提示 PRMU2019-81 チェン ジャック杉本直樹池畑 諭相澤清晴東大
(24)
PRMU
16:45-17:00 Motion Field Analysis by Multilinear Subspace Method PRMU2019-82 Eri Mochizuki・○Atsushi ImiyaChiba Univ.
(25)
PRMU
17:00-17:15 地理空間概念知識グラフを用いたグラフ畳み込みネットワークによる詳細画像認識 PRMU2019-83 執行雄樹新田直子中村和晃馬場口 登阪大
(26) 17:15-17:40 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月16日(月) 午後  セッション6 (B会場)
16:20 - 17:40
(27)
PRMU
16:20-16:30 [ショートペーパー]分離定式化に基づく不確かさの推定 PRMU2019-84 川島拓海郁 青東大)・浅井明里ワシントン大)・伊神大貴NTT/東大)・相澤清晴東大
(28)
PRMU
16:30-16:45 Faster Approximate Nearest Neighbor Search using Label Information of Images PRMU2019-85 Onur GulerYusuke MatsuiYoichi SatoUTokyo
(29)
PRMU
16:45-17:00 Image compression by colorization PRMU2019-86 Hiya RoySubhajit ChaudhuryToshihiko YamasakiTatsuaki HashimotoUTokyo
(30)
PRMU
17:00-17:15 Continuous Variables Estimation Through Classification Networks Ensembles PRMU2019-87 Qianyuan LiuNagoya Univ.)・Yu WangJien KatoRitsumeikan Univ.
(31) 17:15-17:40 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月17日(火) 午前  セッション7 (A会場)
09:30 - 10:20
(32)
PRMU
09:30-09:45 訓練画像セットの非対称性を用いた対象領域抽出 PRMU2019-88 中村 凌植田祥明藤木 淳田中 勝福岡大
(33)
PRMU
09:45-10:00 畳み込みニューラルネットワークからのルール抽出 ~ 教示法によるルール抽出 ~ PRMU2019-89 佐藤優也月本 洋東京電機大
(34) 10:00-10:20 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月17日(火) 午前  セッション8 (B会場)
09:30 - 10:20
(35)
PRMU
09:30-09:45 深層学習のハイパパラメータ最適化におけるNelder-Mead法の初期値評価 PRMU2019-90 竹長慎太朗近畿大)・渡邊修平野村将寛尾崎嘉彦大西正輝産総研)・波部 斉近畿大
(36)
PRMU
09:45-10:00 低ランク・スパース近似のDNN表現と学習 ~ 自然呼吸下X線血管造影への応用 ~ PRMU2019-91 三好亮平酒井智弥長崎大)・大西 峻羽石秀昭千葉大
(37) 10:00-10:20 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  - 休憩
3月17日(火) 午前  セッション9 (A会場)
10:30 - 12:10
(38)
PRMU
10:30-10:45 Neural network generalization under optimally evolved training perturbations. Subhajit ChaudhuryToshihiko YamasakiUTokyo
(39)
PRMU
10:45-11:00 深層距離学習に基づく機械作業映像の半教師あり分節化 PRMU2019-92 河森大樹中村和晃新田直子馬場口 登阪大
(40)
PRMU
11:00-11:15 GANを用いたk匿名性を持つ顔画像と奥行画像の生成 PRMU2019-93 小林良輔中島悠太馬場口 登阪大
(41)
PRMU
11:15-11:30 画像認識器に対するクローン訓練攻撃とその防御法に関する考察 PRMU2019-94 金原祥太中村和晃新田直子馬場口 登阪大
(42) 11:30-12:10 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月17日(火) 午前  セッション10 (B会場)
10:30 - 12:10
(43) 10:30-10:55 [CVIM] 三次元点群を用いたカメラキャリブレーションに基づく仮想事故現場再現 〇吉川丞(大阪府警察/阪大), 大倉史生, 村松大吾, 八木康史(阪大), 齋藤英雄(慶應大)
(44) 10:55-11:20 [CVIM] 3次元点群に対する機械学習を用いた形状変形判定法 〇武田隆雅, 小林洸陽, 宍戸英彦, 亀田能成, 北原格(筑波大)
(45) 11:20-11:45 [CVIM] 複数の深層学習法に基づいた歩行者再識別 〇張継偉, 呉海元(和歌山大)
(46) 11:45-12:10 [CVIM] 姿勢に基づく人物行動認識に関する基礎検討 〇川合諒, 吉田登, 潘雅冬, 西村祥治(NEC)
  - 休憩
3月17日(火) 午後  特別講演 (A会場)
13:30 - 15:00
(47) 13:30-14:15 [PRMU特別講演] プライバシー保護データマイニングと機械学習のフェアネス
○荒井 ひろみ(理研AIP)
(48) 14:15-15:00 [CVIM特別講演] 歩行映像解析とその科学捜査への応用
○槇原 靖(阪大)
  - 休憩
3月17日(火) 午後  セッション11 (A会場)
15:15 - 16:40
(49)
PRMU
15:15-15:30 防災・安全を目的とする記憶補完支援へのテレビアーカイブの応用可能性 PRMU2019-95 片山紀生孟 洋佐藤真一NII
(50)
PRMU
15:30-15:45 広域・狭域ネットワークを用いた歩行者検出 PRMU2019-96 小平美沙季名大)・王 彧加藤ジェーン立命館大
(51)
PRMU
15:45-16:00 映像・音・センサー情報の統合によるレスキュー犬の1人称行動認識 PRMU2019-97 井出佑汰荒木勇人電通大)・濱田龍之介大野和則東北大)・柳井啓司電通大
(52)
PRMU
16:00-16:15 モデルカスケードによる深層学習推論の高速化 PRMU2019-98 榎本昇平江田毅晴NTT
(53) 16:15-16:40 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
3月17日(火) 午後  セッション12 (B会場)
15:15 - 16:30
(54) 15:15-15:40 [CVIM] 深層学習したテクスチャ潜在空間の探索のための類似度に基づく探索方向の選択 〇佐藤信 (岩手大)
(55) 15:40-16:05 [CVIM] テクスチャ情報を用いない多視点インスタンス対応付け 〇土井拓磨, 大倉史生, 長原稔樹, 松下康之, 八木康史 (阪大)
(56) 16:05-16:30 [CVIM] キーフレーム間隔の動的制御による高精度自己位置推定 〇北島克将, 藤田匠, 木内裕介 (三菱重工業)
  - 休憩
3月17日(火) 午後  セッション13 (A会場)
16:50 - 17:35
(57) 16:50-17:35 [CVIM] ポスターセッション
3月17日(火) 午後  セッション14 (B会場)
16:50 - 18:00
(58)
PRMU
16:50-17:05 大幾何マージン最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定力に関する実験的評価 PRMU2019-99 西山育宏同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大
(59)
PRMU
17:05-17:20 カーネル最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定能力に関する実験的評価 PRMU2019-100 山田浩嗣同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大
(60)
PRMU
17:20-17:35 ベイズ境界性を最大化する分類器学習法の提案 PRMU2019-101 千田将大ア デイビッド同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大
(61) 17:35-18:00 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-orzer 
IPSJ-CVIM コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(IPSJ-CVIM)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2020-02-26 23:22:16


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-CVIM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会